catch-img

社員に「キャリア自律」を促進したら、会社、辞めちゃうの?

「自分のキャリアを自分で考え、自発的に能力開発もするそんな人材に育てたい。」という声を聴く一方で、「キャリアを考える研修やワークショップ、重要ですよ。」と提案すると、「うーん、社員が目覚めちゃって、会社辞めたら困るんですよね。」と渋い顔をされることがたまにあります。

社員の「キャリア自律」は離職に繋がるのか?

キャリア自律をしたら、本当に会社を辞めてしまうのでしょうか?
ご自身に置き換えて考えてみてください。


皆さんは、「キャリアのことを自分で真剣に考え、変化する未来に備えて、これを勉強しよう、あれを学び直そうと思った」とします。その時、「ここまで考えたし、学んだから、会社を辞めよう」とすぐに思うものでしょうか?


その選択肢はゼロではないでしょうが、「自分のキャリアイメージが明確になったし、勉強すべきことも分かったし、少しずつ学び直しもしている。これで今の仕事はもっと楽になったり、新しいことに挑戦したりできるな。」と、今いる職場でのさらなる活躍・貢献を真っ先に考えるような気がします。


キャリア自律がいきなり離職行動の引き金になる可能性は、ご自身に置き換えてみれば、さほど多くなさそうだと分かるはずです。


組織によるキャリア自律促進の効果

実際にこのことを研究した論文があります。
「キャリア自律が組織コミットメントに与える影響」 堀内泰利(日本電気株式会社)/ 岡田昌毅(筑波大学大学院) 

こちらの論文によると、「キャリア自律をする」と「キャリア充実感」につながり、その結果として「情緒的コミットメントが高まる」とのこと。「情緒的コミットメント」とは、「この会社、この組織に貢献したい」と自ら思うことを指します。

一方、「キャリア自律をする」と「功利的コミットメント」は低くなるとも書かれています。「功利的コミットメント」は「辞めると損だ」といった損得勘定でその組織に残ろうとする気持ちのことです。


ということは、組織が従業員の「キャリア自律」を促進することは、個人の職務への満足感を高めるだけでなく、結果的に、組織の成果達成にも貢献しようと前向きな気持ちを引き出すことにつながると言えそうです。

これ、いいことではないですか?

社員のキャリア自律を活かすには

キャリアを自分で考えるようになると、そのために必要な知識やスキルを学習したり、経験を積んだりして、能力向上を図るという行動に移るでしょう。その向上した能力を活かす場は、まずは「今の職場」でしょう。

もし、「ここじゃない」と思ったとしたら、能力を活かす場がない、能力を活かす場を求めて他社に行ってみよう、という理由が考えられます。

であれば、「キャリア自律したら社員が退職してしまうのでは?」を心配するのではなく、キャリア自律した社員が活躍したい場、そして、能力を発揮できる仕事を創出していくのがマネジメント側の責任だと思うのです。

 

おすすめの動画「人生100年時代のキャリアづくり」

2021年11月に開催したセミナー「事例で学ぶ!キャリア自律の実現~人生100年時代のキャリアづくり~」の公開録画です。
当日お招きしたゲスト2名の方のキャリアの在り方を紹介した上で、働く個人がどのようにキャリア形成を考えて行動すればよいかのヒントと、キャリア自律を実現したい組織の皆さまにも、企業側の支援方法についても言及しています。

おすすめトレーニング


キャリア自律でこれからを考える ~原点回帰し、「自分軸」を見つけるためのワークショップ~

どの企業でどの仕事に従事していても、自分のキャリアは自分で考え、設計していくものです。自分のキャリアを考えるために、まず原点回帰してみるのも重要です。このコースでは過去からこれまでを棚卸した上で、今後のキャリアへと展望を広げていきます。いくつかのキャリア理論や考え方も紹介します。
→ コース詳細・日程はこちら 
​​​

人生100年時代のキャリア自律セミナー ~一人ひとりのウェルビーイングを実現するための考え方を学ぶ~

「キャリア自律」を主軸に社員のキャリア開発支援をしようとする企業が個別のキャリア開発研修を行う前に、多くの対象者に「キャリア自律」について意識づけをしたい時におすすめのコースです。時代の変化、社会の状況などを踏まえ、人生100年時代におけるキャリア自律の必要性、そして、それは、個人のウェルビーイングにもつながることなどを2時間で解説します。
→ コース詳細・日程はこちら 

50歳からのキャリアプラン・ワークショップ ~2冊目の本を作る~

受講者がこれからキャリアに対して、変化のイメージを持ち、動機付けされることを目指したワークショップです。途中で「人生100年時代の働き方」に関するヒントを情報提供し、それを踏まえて、参加者自身が「変化」することも視野に入れながら、どんなキャリアを歩むかをより深く考えます。
→ コース詳細・日程はこちら

田中淳子(たなかじゅんこ)

トレノケート株式会社 人材育成ソリューション部。 国家資格キャリアコンサルタント/産業カウンセラー/MSQ認定モチベーションアドバンスインストラクター/整理収納アドバイザー1級。 ビジネススキルやキャリア開発、OJT制度に関連する部下後輩の成長支援など、幅広く人材開発の支援にあたる。コンテンツ開発から研修実施まで(講師歴38年)、広く、個人と組織をより良くするお手伝いをしている。 著書は10冊。主な著書に『はじめての後輩指導』『事例で学ぶOJT』(共に経団連出版)、『部下と後輩を育てる47のテクニック』『ITエンジニアとして生き残るための「対人力」の高め方』(同僚・都川信和との共著)(共に日経BP社)がある。 2022年7月より音声配信Voicyにおいて「田中淳子の「人材育成」応援ラジオ」を配信(月-金、朝7:30配信)中。書籍、ブログ、音声など様々な手段で「人材育成」に関する情報発信を続けている。

無料ダウンロード

オススメコンテンツ

オススメ記事

プロジェクトマネジメント PMP AWS ビジネススキル Microsoft PMBOKⓇ 田中淳子 IT資格 人材育成 山下光洋 AMA Azure コミュニケーション 人材開発用語集 PMBOK®ガイド入門 クラウド ITスキル 新入社員 横山哲也 PMP試験問題に挑戦 re:Invent セキュリティ 人材育成応援ラジオ DX Cisco PMBOKⓇガイド 第6版 試験体験記 イベント・セミナー PMBOK®ガイド第6版の変更点 人材開発 CCIE CCNA テレワーク ネットワーク リモートワーク 研修 AI(人工知能) GCP PMP(R)試験問題 第6版対応 PMP合格体験記 Windows Server AWS_Q&A Active Directory IT人材 IT資格解説 アセスメント デジタルビジネス ヒューマンスキル リーダーシップ 人気コースランキング 大喜利 部下の育成 Conversations PMの心得 キャリア グローバル人材 新入社員研修といえば DX人材育成 IoT OJT reinvent2022 リスキリング CCNP Security Windows PowerShell クリエイティビティ プログラミング 人材トレンド 試験対策問題 PMP試験対策一問一答 コーチング プロジェクト プロトタイプビルダー 1on1 AWS_DiscoveryDay AWSトレーニングイベント GCP無料セミナー Google Cloud Google Cloud Platform G検定 ITインフラ oVice アワード クリティカルシンキング サンプル問題 ステークホルダー ダイバーシティ ディープラーニング ワーケーション 自律 試験Tips AI人材 Linux PMI Power Platform Python Teams Web会議 kintone アイデア