catch-img

ドメインコントローラーの降格手順【画面キャプチャ付】

今回はドメインコントローラーの降格についてご紹介します。

(2021年6月9日追記)
Active Directoryに関する無料セミナー録画を公開しています。こちらもぜひご参照ください。
オンラインセミナー録画視聴「今さら聞けないActive Directory」

目次[非表示]

  1. 1. ドメインコントローラーの降格とは?
    1. 1.1. Windows Server 2008 R2まで
    2. 1.2. Windows Server 2012以降
  2. 2. サーバーマネージャーの役割の削除ウィザードを使用した降格
  3. 3. Uninstall-ADDSDomainControllerコマンドレットを使用した降格
    1. 3.1. AD DS 配置用の Windows PowerShell スクリプト
  4. 4. 【無料公開】オンラインセミナー録画​​​​​​​「今さら聞けないActive Directory」

 

ドメインコントローラーの降格とは?

ドメインコントローラーの降格とは、ドメインコントローラーを通常のサーバー(メンバーサーバー)にすることです。

 

老朽化により、サーバーハードウェアを変更するときや、ドメインのアップグレードに伴う、古いOSのドメインコントローラーの削除などで必要な作業です。

 

Windows Server 2008 R2まで

Windows Server 2008 R2までは、ドメインコントローラーで「DCPROMO コマンド」を実行します。

 

Windows Server 2012以降

Windows Server 2012以降、DCPROMOコマンドは使用できないため、以下いずれかの方法を実行します。

 

  • サーバーマネージャーの役割の削除ウィザード
  • 「Uninstall-ADDSDomainController」コマンドレット

 

 

サーバーマネージャーの役割の削除ウィザードを使用した降格

1.サーバーマネージャーの[管理]より「役割と機能の削除」を選択します

domain_controler_01

 

 

2.[次へ] を押します

domain_controler_02

 

 

3.降格するドメインコントローラーを選択し、[次へ]を押します

domain_controler_03

 

 

4.「Active Directory Domain Services」横のチェックを外します

domain_controler_04

 

 

5.管理ツールも併せて削除する場合は、[機能の削除]を押します

domain_controler_05

 

 

6.「検証結果」で降格できないメッセージが表示されますが、正常な動作です。一番下の「このドメインコントローラーを降格する」を押します。

domain_controler_06

 

 

7.Active Directory ドメイン サービス構成ウィザードが実行されます。必要に応じてチェックを入れます。各項目は以下の通りです。

 

►このドメインコントローラーの削除を強制

 通常の降格が失敗したときにチェックを入れます

 

►ドメイン内の最後のドメインコントローラー

 ドメインをなくす場合、全ドメインコントローラーを降格しますが、

 最後のドメインコントローラーを降格する場合にチェックを入れます

 

domain_controler_07

 

 

8.DNSサーバーやグローバルカタログサーバーとなっている場合、確認が表示されます。事前にDNSサーバーやグローバルカタログサーバーをほかのサーバーに移行したうえで、チェックを入れます。

domain_controler_08

 

 

9. 降格後のローカル Administratorのパスワードを指定します。

domain_controler_09

 

 

 

10.項目の確認後、[削除]ボタンを押します。右下の[スクリプトの表示]ボタンでPowerShellコマンドレットを表示できます。

domain_controler_10

 

 

 

Uninstall-ADDSDomainControllerコマンドレットを使用した降格

PowerShellで降格するには、Uninstall-ADDSDomainController コマンドレットを使用します。下の例は上記ウィザードの「スクリプトの表示」で自動作成されたものです。

 

Import-Module ADDSDeployment コマンドレットは、PowerShellへ明示的にモジュールを組み込むコマンドレットです。Windows Server 2012 以降は自動インポート機能があるため、実行する必要はありません。

 

AD DS 配置用の Windows PowerShell スクリプト

## AD DS 配置用の Windows PowerShell スクリプト# Import-Module ADDSDeploymentUninstall-ADDSDomainController `-DemoteOperationMasterRole:$true `-IgnoreLastDnsServerForZone:$true `-LastDomainControllerInDomain:$true `-RemoveDnsDelegation:$true `-RemoveApplicationPartitions:$true `-Force:$true

 

多田 博一(ただ ひろかず)

トレノケート株式会社 / ラーニングサービス本部

無料ダウンロード

オススメコンテンツ

オススメ記事

プロジェクトマネジメント PMP AWS ビジネススキル Microsoft PMBOKⓇ 田中淳子 IT資格 人材育成 山下光洋 AMA Azure コミュニケーション 人材開発用語集 PMBOK®ガイド入門 クラウド ITスキル 新入社員 横山哲也 PMP試験問題に挑戦 re:Invent セキュリティ 人材育成応援ラジオ DX Cisco PMBOKⓇガイド 第6版 試験体験記 イベント・セミナー PMBOK®ガイド第6版の変更点 人材開発 CCIE CCNA テレワーク ネットワーク リモートワーク 研修 AI(人工知能) GCP PMP(R)試験問題 第6版対応 PMP合格体験記 Windows Server AWS_Q&A Active Directory IT人材 IT資格解説 アセスメント デジタルビジネス ヒューマンスキル リーダーシップ 人気コースランキング 大喜利 部下の育成 Conversations PMの心得 キャリア グローバル人材 新入社員研修といえば DX人材育成 IoT OJT reinvent2022 リスキリング CCNP Security Windows PowerShell クリエイティビティ プログラミング 人材トレンド 試験対策問題 PMP試験対策一問一答 コーチング プロジェクト プロトタイプビルダー 1on1 AWS_DiscoveryDay AWSトレーニングイベント GCP無料セミナー Google Cloud Google Cloud Platform G検定 ITインフラ oVice アワード クリティカルシンキング サンプル問題 ステークホルダー ダイバーシティ ディープラーニング ワーケーション 自律 試験Tips AI人材 Linux PMI Power Platform Python Teams Web会議 kintone アイデア