【PMP®試験問題に挑戦!】はPMBOK®Guide第5版、2013年1月1日に出版された試験内容に対応しています。

Original

【PMP®試験問題に挑戦!】問題102:プロジェクト憲章

【PMP®試験問題に挑戦!】では、[ASP]PMP(R)試験対策問題集から毎回1問をご紹介します。

 

問題

プロジェクト憲章に記述すべき内容として、正しいものを1つ選びなさい。

A. プロジェクトの目的、スケジュールと実績、品質評価基準と品質評価結果
B. 任命されたプロジェクト・マネジャーの名前、そのプロジェクトに稼働実績を残した全メンバーの名前
C. プロジェクトの目的、要約マイルストーン・スケジュール、ハイレベルのリスク、要約予算
D. プロジェクトの目的、特定した全ステークホルダーの一覧

 

 

 

 

 

正解を見る

 

 

 

 

 

正解

C. プロジェクトの目的、要約マイルストーン・スケジュール、ハイレベルのリスク、要約予算

 

解説

プロジェクト憲章は、プロジェクトのビジネス・ニーズや顧客のニーズについてのプロジェクトないしフェーズ立上げ時における理解等を文書化したものです。プロジェクトの実行に伴って生成される情報は記載されません。


また、ステークホルダーの一覧は、ステークホルダー登録簿と呼ばれる文書にまとめます。

プロジェクト憲章には、一般的には次のような内容が含まれます。

  • プロジェクトの目的や妥当性
  • 測定可能なプロジェクト目標や関連する成功基準
  • ハイレベルの要求事項
  • ハイレベルのプロジェクト記述
  • ハイレベルのリスク、要約マイルストーン・スケジュール
  • 要約予算、プロジェクトの承認要件
  • 任命されたプロジェクト・マネジャーやその責任、権限のレベル
  • スポンサーやその他のプロジェクト憲章を認可する人の名前や地位

 

< PMBOK®Guide第5版 4.1.3.1参照>

 

Top image Designed by Freepik

中村 正明(なかむら まさあき)

中村 正明(なかむら まさあき)

トレノケート株式会社 / ラーニングサービス本部

   

PMP®試験問題に挑戦!

【PMP®試験問題に挑戦!】はPMBOK®Guide第5版、2013年1月1日に出版された試験内容に対応しています。

人気記事

Banner image by Freepik
 

人材育成専門企業トレノケート【公式ブログ】
© Trainocate Japan, Ltd. All Right Reserved. 2008-2018