catch-img

【PMBOK®ガイド第6版の変更点】第12回:新たに登場した「ツールと技法」7つ(その1)

【PMBOK®ガイド第6版の変更点】では、2017年9月にリリースされたPMBOK®ガイド第6版と第5版との主な変更点を数回にわたり紹介していきます。

 

第9回では、「ツールと技法のグループ分け」について紹介しましたが、今回は2回にわたり第6版で新たに登場した「ツールと技法」のうち7つを紹介します。

 

【PMBOK®ガイド第6版の変更点】第9回:ツールと技法のグループ分け

【PMBOK®ガイド第6版の変更点】第13回:新たに登場した「ツールと技法」7つ(その2)

 

 

「ツールと技法」のうち7つ

  1. 教訓登録簿
  2. 前提条件ログ
  3. 政治的な気づき
  4. プロンプト・リスト
  5. デザイン・フォー・エックス
  6. 感情的知性
  7. イテレーション・バーンダウン・チャート

 

1.教訓登録簿

これは、第6回で紹介しました。教訓登録簿は、プロジェクトの初期にプロジェクト知識のマネジメント・プロセスのアウトプットとして生成されます。その後プロジェクトを通して、多くのプロセスのインプットとして使われ、アウトプットとして更新されます。知識は、ビデオ、写真や絵、音などでも蓄積されます。プロジェクトやフェーズの最後に、教訓登録簿の内容は、教訓レボジトリーと呼ばれる組織のプロセス資産に移されます。

 

 

2.前提条件ログ

プロジェクト・ライフサイクル全体での前提条件および制約条件を記録するために使用します。ビジネス・ケースによって特定されるハイレベルの戦略的および業務上の前提条件および制約条件が、プロジェクトの立上げ前に特定されます。それは、プロジェクト憲章の作成プロセスでプロジェクト憲章に反映されるとともに、前提条件ログに記述されます。下位レベルのアクティビティおよびタスクの前提条件は、プロジェクト全体を通じて生成されます。

 

 

3.政治的な気づき

プロジェクト環境だけでなく、組織の政治的環境に基づいたコミュニケーション計画を策定するためには、政治的な気づき・認識が役に立ちます。組織の戦略を理解し、権力と影響力握っているのは誰かを知り、これらのステークホルダーとのコミュニケーション力を磨くことが政治的な気づきにつながります。

 

次回は、プロンプト・リスト、デザイン・フォー・エックス、感情的知性などを紹介する予定です。

 

【PMBOK®ガイド第6版の変更点】第13回:新たに登場した「ツールと技法」7つ(その2)

 

 

 

Top image Designed by Freepik

中村 正明(なかむら まさあき)

トレノケート株式会社 / ラーニングサービス本部

無料ダウンロード

オススメコンテンツ

オススメ記事

プロジェクトマネジメント PMP AWS ビジネススキル Microsoft PMBOKⓇ 田中淳子 IT資格 人材育成 山下光洋 AMA Azure コミュニケーション 人材開発用語集 PMBOK®ガイド入門 クラウド ITスキル 新入社員 横山哲也 人材育成応援ラジオ DX re:Invent セキュリティ PMP試験問題に挑戦 Cisco PMBOKⓇガイド 第6版 試験体験記 AI(人工知能) イベント・セミナー PMBOK®ガイド第6版の変更点 人材開発 CCIE CCNA DX人材育成 テレワーク ネットワーク リモートワーク 研修 GCP PMP(R)試験問題 第6版対応 PMP合格体験記 Windows Server AI人材 AWS_Q&A Active Directory IT人材 IT資格解説 アセスメント キャリア デジタルビジネス ヒューマンスキル リーダーシップ 人気コースランキング 大喜利 部下の育成 PMの心得 グローバル人材 新入社員研修といえば 生成AI IoT OJT reinvent2022 リスキリング CCNP Security Windows PowerShell クリエイティビティ プログラミング 人材トレンド PMP試験対策一問一答 コーチング プロジェクト プロトタイプビルダー 試験対策問題 1on1 AWS_DiscoveryDay AWSトレーニングイベント GCP無料セミナー Google Cloud Google Cloud Platform G検定 ITインフラ oVice アワード クリティカルシンキング サンプル問題 ステークホルダー ダイバーシティ ディープラーニング ワーケーション 自律 試験Tips Linux PMI Power Platform Python Teams Web会議 cybozudays jawsdays2024