【PMP®試験問題に挑戦!】はPMBOK®Guide第5版、2013年1月1日に出版された試験内容に対応しています。

Original

【PMP®試験問題に挑戦!】問題103:前提条件分析

【PMP®試験問題に挑戦!】では、[ASP]PMP(R)試験対策問題集から毎回1問をご紹介します。

 

問題

あなたはプロジェクト・マネジャーとして、前提条件分析を行いました。
その際の状況の説明として、正しいものを1つ選びなさい。

前提条件の不正確さ、不安定さ、矛盾、不完全さに基づき、
 A. プロジェクトのステークホルダーを特定する
 B. プロジェクトのアクティビティ定義を行う
 C. プロジェクトのWBSを作成する
 D. プロジェクトのリスクを特定する

 

 

 

 

 

正解を見る

 

 

 

 

 

正解

D. プロジェクトのリスクを特定する

 

解説

リスク特定プロセスのツールと技法のひとつである前提条件分析についての問題です。


前提条件が、不正確、不安定、矛盾、不完全な場合は、それ自体がリスクです。

 

たとえば、「お客様との契約が3月末に成立することを前提条件として、10月末の納期を約束している」とした場合、「3月末の契約成立」が不安定であると、10月末の納期が守れない可能性が出てきます。


正答以外の選択肢の、ステークホルダー特定、アクティビティ定義、WBS作成の各プロセスのツールと技法には、前提条件分析はありません。


< PMBOK®Guide第5版 11.2.2.4参照>

 

Top image Designed by Freepik

中村 正明(なかむら まさあき)

中村 正明(なかむら まさあき)

トレノケート株式会社 / ラーニングサービス本部

   

PMP®試験問題に挑戦!

【PMP®試験問題に挑戦!】はPMBOK®Guide第5版、2013年1月1日に出版された試験内容に対応しています。

人気記事

Banner image by Freepik
 

人材育成専門企業トレノケート【公式ブログ】
© Trainocate Japan, Ltd. All Right Reserved. 2008-2018

この内容で送信します。よろしいですか?