catch-img

【CCIE Routing & Switching】資格取得体験談&アドバイス


CCIE Routing & Switchingを保有しているトレノケート講師日鷹より、資格取得に向けて実際に取り組んだ試験対策や、大変だったこと、アドバイスなどを紹介します。


CCIE Routing & Switchingについて、取得のメリットを教えてください。

CCIEを取得していると、対外的にネットワーク技術力を持っている人間であるとご信頼いただいています。またCCIEコミュニティから他のCCIEの皆さんへの交流などのメリットがあります。


資格取得までにかかった期間を教えてください。

事前に、周辺技術であるCCNPとBGP/ QoS/ IPv6/ MPLS/ MCASTコースをそれぞれ担当するインストラクタになりました。この期間が2-3年位だと思います。
その後、CCIEを受験する日程を決めてから半年間、集中して勉強しました。


資格取得までの受験回数を教えてください。

CCIE は机上試験とラボ試験があります。ラボ試験は受験3回目で合格しました。

試験対策として取り組んだことを教えてください。

まず、インストラクタとして周辺技術を教授できるレベルまで勉強しました。その上で、実機を昼夜使用して、個別の細かな動作設定についてひとつずつ確認していきました。


試験対策で工夫したこと・心がけたことは何ですか?

個別の技術を机上だけではなく、実機を使用して個々のコマンドオプションや動作をひとつずつ検証し、まとめ、理解していきました。


試験対策中、大変だったことを教えてください。

日中は通常の業務を行い、夜間・休日が主要な勉強時間でしたので、時間の確保が大変でした。これは家族を含む周りの方の協力が必須です。


今後の目標について教えてください。

技術は日々変化していきますので、自分のカテゴリ内(Routing & Switching, Cisco Data Center)において、最新製品や新機能を把握し続ける事が大切です。更に追加のカテゴリ(新資格)を業務に取り入れるかどうかは、今後の業務内容に依存しますので、何が来ても柔軟に対応できるように頭のスペースや予備知識を加えておきたいです。


これから資格取得を目指す方に一言アドバイスをお願いします。

個別の資格を取得することが目的ではなく、資格を取得することで業務で求められる内容が変化することが多いです。資格取得をGoalではなく中間に通る道しるべ、としてお使いいただければよいと思います。





トレノケートではシスコシステムズ 認定資格対応コースを実施しています。
ぜひご活用ください。

シスコシステムズ 認定資格対応コースを見る


≫IT資格取得への道のりに戻る

日鷹 仁司 (ひだか ひとし)

日鷹 仁司 (ひだか ひとし)

トレノケート株式会社 講師。シスコシステムズ認定インストラクター(CCSI) / CCIE Routing & Switching / CCDP / CCNP Data Center 他。シスコシステムズ認定インストラクター歴は15年を超え、Instructor Excellence Award を3年連続で受賞している。Cisco社認定トレーニングのルーティング&スイッチングカテゴリで運用(CCNA~CCIE)と設計(CCDA/CCDP)関連コースを、Cisco Data Centerカテゴリコースで運用と設計(CCNA Data Center ~ CCNP Data Center)関連コースを担当している。

   

オススメコンテンツ

 

人気記事

人材育成専門企業トレノケート【公式ブログ】
© Trainocate Japan, Ltd. All Right Reserved. 2008-2019