Original

デジタルビジネスを創造するのは、それほど難しくない

IoTやAIなどのデジタルテクノロジーを活用した新しいサービスを創造することはそれほど難しいことではありません。少しの知識があれば誰もが容易にサービスを創造することができます。
(もちろん会社の中で物事を進めていくことは大変ですが、それはデジタルビジネスを創造することに限りません)

 

 

デジタルビジネスを創造するために必要なスキル

デジタルビジネスを創造するために必要なのは、次の2つです。

 

  1. クラウドなど、ITの一般的な知識
  2. ビジネスモデルの知識


理想的には、次の3つの分野も身に着けているとベストですが、これらを全て学ぶには、数年の時間が必要となるでしょう。

 

  1. 経営戦略、マーケティング、アカウンティング・ファイナンスなどのビジネスの知識
  2. クラウドやセキュリティ(できればプログラミング*)などのテクノロジーの知識
  3. 論理を組み立てたり、創造的な発想をするための思考方法

 

専門的なことは専門家に任せる

しかし、餅は餅屋で、それら専門的なことは専門家に任せればよいのです。
もっとも大切なことは、新しいアイデアをもとに、その構想を描くことです。


*プログラミングについて

プログラミングとは「コンピューターにさせたい仕事を順番に書いていくこと」で、コンピューターにとってのTo-DOリストのようなものです。スマートフォンやパソコン上のアプリケーションもプログラミングされて作られています。


デジタルビジネスを創造するにあたり、プログラミングの専門家になる必要はありません。ただし、一度でもプログラミングを経験しておくとその勘所が養われ、IT活用アイデアが出やすくなります。

 

 

デジタルビジネスの学び方

詳しい専門知識は不要、事例を学ぶ

デジタルビジネス創造をおこなうにあたり必要なテクノロジーは、事例を学ぶことがリーズナブルです。


最新のビジネスで使用されているテクノロジーの構成がざっくり分かれば十分ですので、デジタルを活用したサービス事例を知り、クラウドなどのテクノロジーがどのように使われているかを学ぶとよいです。
この際、技術的に詳しい専門的知識は不要です。

 

ビジネスモデルキャンバスで全体構造を設計する

ビジネス知識は、少し前に有名になった"ビジネスモデルキャンバス"の知識があれば、ビジネスの全体構造を設計することができるでしょう。

 

トレノケートの研修でプチ起業を体験

テクノロジーとビジネスモデルの知識をまとめて学び、「プチ起業」を経験できるコースは3種類あります。

 


これらのコースでは、「どのようなテクノロジーを使って、どのようなサービスを提供するか」、受講者の皆さんで実際に創造していただきます。

 

研修の流れ

主な流れは、次の通りです。

 

1.実事例を学ぶ

ビジネスモデルキャンバスを利用しながら、身近なデジタルビジネスの事例を通して、テクノロジーの使われ方、ビジネス設計の実例を学びます

 

2.ビジネスモデルを学ぶ

その上で、もっともやりたいこと、つまり、デジタルを利用した新しいビジネスを創造を実際に経験

 

3.新しい事業を創出する

2で創造した「プチ起業」をクラスで発表

 

 

どんなビジネスアイデアが生まれるか楽しみですね!

 

 

 

PR

PR

トレノケート株式会社 / ラーニングサービス本部 PR担当

   
 

人気記事

人材育成専門企業トレノケート【公式ブログ】
© Trainocate Japan, Ltd. All Right Reserved. 2008-2018

この内容で送信します。よろしいですか?