catch-img

【Microsoft認定資格ニュース】 2021年6月以降「再認定」の期間と更新方法が変更に

2020年12月15日、Microsoft認定資格の有効期限ポリシーの変更が発表されました。

(対象はRoll-basedおよび 専門(Specialty)の資格です。Fundamentalは対象外です)


※本ブログは、2021年1月8日時点の情報を元に記載しています。

目次[非表示]

  1. 1.再認定ポリシー変更の目的
  2. 2.再認定ポリシー変更のポイント3つ
  3. 3.変更対象の資格は? いつ取得した資格から変更になるの? 
  4. 4.更新のタイミングやアセスメントは、どうやって通知されるの?
    1. 4.1.認定ダッシュボードを確認
    2. 4.2.資格取得の約半年後、資格更新のメールが届く
    3. 4.3.指示されたアセスメントを受験し合格する
  5. 5.詳しいFAQはこちら
  6. 6.Microsoft Partner of the Year受賞記念特別キャンペーン
  7. 7.「Microsoft認定トレーニングではじめるDX」 無料配布中!
  8. 8.「Microsoft Azure 学びの小冊子」無料ダウンロード
  9. 9.マイクロソフトゴールドパートナーとして19年の歴史


再認定ポリシー変更の目的

Microsoft社の発表によりますと、今回の再認定変更の主な目的は「スキルを最新に保つこと」と、「無料で資格の更新ができるようにすること」の2点であるとのことです。

認定資格を無料で更新~求められるスキルを最新に保つために

(Microsoft社のページにジャンプします)

https://blogs.partner.microsoft.com/mpn-japan/2020/12/15/stay-current-with-in-demand-skills-through-free-certification/


再認定ポリシー変更のポイント3つ

再認定の変更ポイント3つを下記にまとめます。

資格の有効期限が1年と短くなったものの、再認定のハードルはコスト面で低くなったといえるのではないでしょうか。

(期限切れで失効してしまった場合は、これまで同様、再度試験を受けなくてはいけないのでご注意くださいね)

ポイント① 2021年6月以降に新たに取得した認定資格に適用される

ポイント② 資格の有効期限が1年単位に短縮される

ポイント③ 資格の有効期間内にMicrosoft社提供の無料アセスメントに合格すれば更新できる


変更対象の資格は? いつ取得した資格から変更になるの? 

2021年6月以降、資格の有効期限が1年単位に短縮されます。

2021年6月より前に取得したロールベース または専門(Specialty )認定 : 取得日から2年間有効です。

2021年6月以降取得した ロールベース または専門(Specialty)認定 : 取得日から1年間有効となります。

変更が適用される具体的な対象資格はこちらでチェック

(Microsoft社のページにジャンプします)

 変更の対象となる Roll-based 認定資格は こちら

 変更の対象となる 専門(Specialty)認定資格は こちら


更新のタイミングやアセスメントは、どうやって通知されるの?

資格取得後半年が経過したタイミングで、更新を促すメールがMicrosoft社から送信されるので、資格の有効期限が切れる前に無料アセスメントを受験し、合格することで延長ができます。


認定ダッシュボードを確認

認定ダッシュボードにて自分の認定プロファイルがMicrosoft Learnのドキュメントプロファイルに接続されていることを確認しておきます。登録されているメールアドレスも確認しておきましょう。また、複数の認定プロファイルをお持ちの場合は統合しておきましょう。

認定ダッシュボード

(Microsoft社のページにジャンプします。ログインにはMicrosoft IDが必要です。)

https://www.microsoft.com/ja-jp/learning/dashboard.aspx


認定プロファイルの詳細は、FAQの「2と3」に記載があります。

Microsoft認定資格を更新する

(Microsoft社のページにジャンプします。)

https://docs.microsoft.com/ja-jp/learn/certifications/renew-your-microsoft-certification


資格取得の約半年後、資格更新のメールが届く

約6か月以内に有効期限が切れる有効なMicrosoftのロールベースまたは専門資格を保持している場合は、資格の更新要件を満たしていることになります。

更新要件を満たすと、自動でMicrosoft Learnで利用できる更新用のアセスメントに誘導する電子メール通知が届きます。


指示されたアセスメントを受験し合格する

認定の有効期限が切れる前にMicrosoft Learnで関連するアセスメントに合格する必要があります。

Microsoft Learnにて、無料の自習型学習モジュールでスキルアップできます。


詳しいFAQはこちら

最新情報は、Microsoft 社のWebをご覧ください。本ページは2021年1月8日時点の情報を元に作成されています。内容に相違がある場合は最新版であるMicrosoft社のページが正しいためご容赦ください。

Microsoft認定資格を更新する

(Microsoft社のページにジャンプします)

https://docs.microsoft.com/ja-jp/learn/certifications/renew-your-microsoft-certification


Microsoft Partner of the Year受賞記念特別キャンペーン


受賞を記念して、2大キャンペーンをご用意しました!

https://www.trainocate.co.jp/topics/campaign/mswa21.html

(1)Microsoft認定トレーニング 10%オフ(最大3.8万円オフ)

キーワード「MSWA2021」を入れてコースを申し込みすると、キャンペーン特別価格(定価の10%オフ価格)で受講できます。

(2)Microsoft認定試験バウチャ 特別価格

キャンペーン専用コードでバウチャを申し込むと、特別価格(最大5.2万円オフ)で10枚セットバウチャーが購入できます。


「Microsoft認定トレーニングではじめるDX」 無料配布中!

DXの推進にMicrosoftのスキルが必要な方向けの小冊子です。
トレノケートで提供しているMicrosoft認定トレーニングや、その周辺知識のトレーニング、および育成モデルケースなどをご紹介しています。

  資料ダウンロード:Microsoft認定トレーニングではじめるDX DX推進に必要なスキルを学習したい方におすすめのガイドをプレゼント中 トレノケート公式ブログ


「Microsoft Azure 学びの小冊子」無料ダウンロード

これからMicrosoft認定資格を目指す方向けの小冊子を提供しています。スキルアップのご参考にしてください。

  資料ダウンロード:Microsoft Azure 学びの小冊子 トレノケート制作の「Microsoft Azure学びの小冊子」を無料でプレゼント中!Azureをこれから学習したい方におすすめ。 トレノケート公式ブログ


マイクロソフトゴールドパートナーとして19年の歴史

トレノケートは2002年に、マイクロソフトのラーニング分野において日本で初めてゴールドパートナーとなり、過去多くのラーニングパートナー対象アワードを受賞しています。

マイクロソフトのトレーニングは、トレノケートにご相談ください。

過去の受賞歴一覧

https://www.trainocate.co.jp/info/award/index.html

マイクロソフト トレーニング一覧(トレノケート)

https://www.trainocate.co.jp/reference/ms/index.html


松野 陽子(まつの ようこ)

松野 陽子(まつの ようこ)

トレノケート株式会社 マーケティング戦略部に所属。 前職のISP子会社では、人材開発・OJT・社内インストラクタを主に担当。グローバルナレッジネットワーク(現トレノケート)に入社し17年、インストラクタ、協業企業・ITベンダーとのアライアンス、バックオフィス業務などを経て2016年より現職。主にセミナー運営、リスティング広告運用、ITトレーニング(Microsoft・プログラミング・DB他)の販促などPR業務に従事。 写真は飼い猫のかりん。

   

オススメコンテンツ

 

Microsoft関連記事

人気記事

© Trainocate Japan, Ltd. 2008-2021