catch-img

2023年3月版】Microsoft セキュリティ・コンプライアンス・IDの認定資格についてまとめました

 

目次[非表示]

  1. 1. 【キャンペーン】期間限定!申し込み受付中です
      1. 1.0.1. (1)10% オフ! Microsoft認定トレーニング
      2. 1.0.2. (2)25% オフ! Microsoft認定試験バウチャー
  2. 2. Microsoftの認定資格体系について
    1. 2.1. トレノケートのMicrosoft認定トレーニング
  3. 3. Microsoft セキュリティ・コンプライアンス・IDカテゴリの資格を紹介します!
    1. 3.1. 基礎レベル(初級):Microsoft Security, Compliance, and Identity Fundamentals
    2. 3.2. Associateレベル(中級): Identity and Access Administrator Associate
    3. 3.3. Associateレベル(中級):Information Protection Administrator Associate
    4. 3.4. Associateレベル(中級):Security Operations Analyst Associate
    5. 3.5. Associateレベル(中級):Azure Security Engineer Associate
    6. 3.6. Associateレベル(中級):Security Administrator Associate
  4. 4. Microsoft Partner of the Year 2021受賞!
  5. 5. 初学者向け/資格取得希望者向けの小冊子ができました!
  6. 6. Microsoft認定トレーニングではじめるDX
  7. 7. 試験受験時の注意点:COVID-19の影響
  8. 8. 資格の再認定が2021年6月から変更になりました
  9. 9. マイクロソフトゴールドパートナーとして20年の歴史

【キャンペーン】期間限定!申し込み受付中です

Microsoft 認定トレーニング10%オフ・バウチャー25%オフキャンペーン

2023_vaucher_campain

(1)10% オフ! Microsoft認定トレーニング

最大3万5千円以上 オフ!キーワード「MSWA2023」を入れてコースを申し込みすると、キャンペーン特別価格(定価の10%オフ価格)で受講できます。

(2)25% オフ! Microsoft認定試験バウチャー

通常価格の25%オフで購入可能です。通常のバウチャーの有効期限が1年なのに対し、本キャンペーンバウチャー有効期間は6ヶ月です。

 

Microsoftの認定資格体系について

2018年、新しいMicrosoft認定資格体系が発表されました。今後「Fundamentals」「Role-based」「Specialty」の3系統になります。

MS_shikakutaikei

 

2022年8月現在、 「Azure」「Microsoft 365」「Dynamics 365」「Power Platform」の4分野にて、認定資格が提供されています。

  • 「Microsoft Azure」  Azureのエンジニア向け
  • 「Microsoft 365」  Microsoft365のエンジニア向け
  • 「Dynamics 365」  Dynamics365のエンジニア向け
  • 「Power Platform」Power Platformのエンジニア向け
  • 「Security, Compliance, and Identity」 セキュリティエンジニア、ID管理者向け

マイクロソフト認定資格(Role-Based/Fundamentals)の一覧表

マイクロソフト社のWebにジャンプします。

https://aka.ms/TrainCertPoster

https://query.prod.cms.rt.microsoft.com/cms/api/am/binary/RWtQJJ

Microsoft 認定資格は 難易度が高く、独学での合格は難しい といわれています。

AzureのRole-based試験の一部では、実技を重視した「ラボ試験」が導入されました。単に知っているだけではダメで、実践力が重視されているのです。学習する際は、 実際に多く演習を行い、実際に操作できるようになっておきましょう

トレノケートのMicrosoft認定トレーニング

オンライン受講に対応しています。ご受講に必要な環境など、オンラインLiveトレーニングの詳細は こちら をご覧ください。会場名が「オンラインLive」または「教室Live配信」になっている日程にお申し込みいただくと、オンラインでご受講できます。ぜひご受講をご検討ください。

復習も万全!「プレイバックサービス」
定期開催でオンラインLiveトレーニング日程をご受講の方に、研修日の翌日から14日間「プレイバックサービス」を無償でご提供しております。何度でも復習して合格を勝ち取ってください。

トレノケートは皆様の合格を全力で支援します。

Microsoftセキュリティ・コンプライアンス・IDトレーニング

Microsoft 認定資格取得(セキュリティ・コンプライアンス・ID)コースフロー

マイクロソフト認定トレーニング(全カテゴリ)

Microsoft セキュリティ・コンプライアンス・IDカテゴリの資格を紹介します!

リモートワークやクラウドの利用が当たり前になり、企業もセキュリティを根本から見直す必要性が高まっています。

本ブログでは「Microsoft Security, Compliance, and Identity」カテゴリの資格と、対応コース、試験情報についてまとめています。学習や受講のご参考になさってください。

基礎レベル(初級):Microsoft Security, Compliance, and Identity Fundamentals

  • 試験 : SC-900試験 に合格することで資格が取得できます。
  • 対象者:セキュリティ・コンプライアンス・ID管理の初学者、ビジネスパーソン、ITエンジニア

SC-900試験項目

  1. セキュリティ、コンプライアンス、ID の概念について説明する

  2. Microsoft Entra の一部である Microsoft Azure Active Directory (Azure AD) の機能について説明する

  3. Microsoft セキュリティ ソリューションの機能について説明する

  4. Microsoft コンプライアンス ソリューションの機能について説明する

Microsoft社の無料ポータル「Microsoft Learn」でも一部自習できますが、モチベーションが保てない方や、初学者にはオンライントレーニングがおすすめです。トレノケートでは、1日間のコースとして提供しています。

Microsoft セキュリティ、コンプライアンス、ID の基礎 (SC-900T00) 
Microsoft セキュリティ、コンプライアンス、ID の基礎 (SC-900T00) バウチャー付き

 

参考リンク(Microsoft社のページにジャンプします)

 

■Microsoft Security, Compliance, and Identity Fundamentals資格
https://docs.microsoft.com/ja-jp/learn/certifications/exams/sc-900

 

■無料サンプル問題
https://docs.microsoft.com/ja-jp/certifications/resources/sc-900-sample-questions?azure-portal=true

 

 

Associateレベル(中級): Identity and Access Administrator Associate

  • 試験 : SC-300試験 に合格することで資格が取得できます。
  • 対象者:MicrosoftのIDおよびアクセスを管理するエンジニア

SC-300試験項目

  1. Azure AD で ID を実装する
  2. 認証とアクセス管理を実装する
  3. アプリケーション用のアクセス管理を実装する
  4. Azure AD で ID ガバナンスを計画して実装する

Microsoft社の無料ポータル「Microsoft Learn」でも一部自習できますが、モチベーションが保てない方や、初学者にはオンライントレーニングがおすすめです。トレノケートでは、4日間のコースとして提供しています。

Microsoft ID およびアクセス管理者 (SC-300T00)
Microsoft ID およびアクセス管理者 (SC-300T00) バウチャー付き

参考リンク(Microsoft社のページにジャンプします)

 

■Identity and Access Administrator Associate
https://docs.microsoft.com/ja-jp/learn/certifications/identity-and-access-administrator/

Associateレベル(中級):Information Protection Administrator Associate

  • 試験 : SC-400試験 に合格することで資格が取得できます。
  • 対象者:Information Protection 管理者、リスク専門家、セキュリティエンジニア

SC-400試験項目

  1. 情報保護の実装
  2. データ損失防止の実装
  3. 情報ガバナンスの実装

Microsoft社の無料ポータル「Microsoft Learn」でも一部自習できますが、モチベーションが保てない方や、初学者にはオンライントレーニングがおすすめです。トレノケートでは、2日間のコースとして提供しています。

Microsoft Information Protection 管理者 (SC-400T00)
Microsoft Information Protection 管理者 (SC-400T00) バウチャー付き

 

参考リンク(Microsoft社のページにジャンプします)

 

■Microsoft Certified:Information Protection Administrator Associate
https://docs.microsoft.com/ja-jp/learn/certifications/information-protection-administrator/

 

Associateレベル(中級):Security Operations Analyst Associate

  • 試験 : SC-200試験 に合格することで資格が取得できます。
  • 対象者:Microsoft セキュリティ運用アナリスト

SC-200試験項目

  1. Microsoft 365 Defender を使用して脅威を軽減する
  2. Microsoft Defender for Cloud を使用して脅威を軽減する
  3. Microsoft Sentinel を使用して脅威を軽減する

Microsoft社の無料ポータル「Microsoft Learn」でも一部自習できますが、モチベーションが保てない方や、初学者にはオンライントレーニングがおすすめです。トレノケートでは、4日間のコースとして提供しています。

Microsoft セキュリティ オペレーション アナリスト (SC-200T00)
Microsoft セキュリティ オペレーション アナリスト (SC-200T00) バウチャー付き

参考リンク(Microsoft社のページにジャンプします)

 

■Microsoft Certified: Security Operations Analyst Associate
https://docs.microsoft.com/ja-jp/certifications/security-operations-analyst/

 

Associateレベル(中級):Azure Security Engineer Associate

  • 試験: AZ-500試験 に合格することで資格が取得できます。
  • 対象者:Azureのセキュリティを学びたいエンジニア

AZ-500試験項目

  1. ID とアクセスを管理する

  2. セキュリティで保護されたネットワーク

  3. コンピューティング、ストレージ、データベースのセキュリティ保護

  4. セキュリティ オペレーションを管理する

参考リンク(Microsoft社のページにジャンプします)

 

■Azure Security Engineer Associate資格

https://www.microsoft.com/ja-jp/learning/azure-security-engineer.aspx

Microsoft社の無料ポータル「Microsoft Learn」でも一部自習できますが、モチベーションが保てない方や、初学者にはオンライントレーニングがおすすめです。トレノケートでは、4日間のコースとして提供しています。

Microsoft Azure セキュリティ技術 (AZ-500T00)
Microsoft Azure セキュリティ技術 (AZ-500T00) バウチャー付き

Associateレベル(中級):Security Administrator Associate

  • 試験: MS-500試験 に合格することで資格が取得できます。
  • 対象者:Microsoft 365のセキュリティを学びたいエンジニア

MS-500試験項目

  1. IDとアクセスの実装・管理

  2. 脅威からの保護の実装・管理

  3. 情報保護の実装・管理

  4. Microsoft 365のガバナンスとコンプライアンス機能の管理

Microsoft社の無料ポータル「Microsoft Learn」でも一部自習できますが、モチベーションが保てない方や、初学者にはオンライントレーニングがおすすめです。トレノケートでは、4日間のコースとして提供しています。

Microsoft 365 Security Administration (MS-500T00)
Microsoft 365 Security Administration (MS-500T00) バウチャー付き

参考リンク(Microsoft社のページにジャンプします)

 

Microsoft 365 Certified: Security Administrator Associate

https://docs.microsoft.com/ja-jp/certifications/m365-security-administrator/

 

 

Microsoft Partner of the Year 2021受賞!

Learning分野における当社の功績がMicrosoft社に認められ、トレノケートホールディングス株式会社は、Microsoft Partner of the Year 2021を受賞しました。
日本国内の受賞歴はございましたが、今回は ワールドワイドでの受賞 であり、トレノケート創業以来初です。

受賞の詳細は こちら をご覧ください。

 

初学者向け/資格取得希望者向けの小冊子ができました!

トレノケート制作の 「Microsoft Azure学びの小冊子」 を無料でプレゼント中!

https://blog.trainocate.co.jp/azure_guide_entry

MS_shosasshi

Microsoft認定トレーニングではじめるDX

DXの推進にMicrosoftのスキルが必要な方向けの小冊子です。
トレノケートで提供しているMicrosoft認定トレーニングや、その周辺知識のトレーニング、および育成モデルケースなどをご紹介しています。

https://blog.trainocate.co.jp/microsoft_dx

MS_dx_training

試験受験時の注意点:COVID-19の影響

COVID-19の影響により席数が制限されている可能性があります。またマスク着用が必須となっているようです。計画的な試験日予約をおすすめいたします。

ピアソンVUEテストセンター「重要:新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) に関連する試験実施情報」(外部リンク)

 

資格の再認定が2021年6月から変更になりました

2020年12月15日、Microsoft認定資格の有効期限ポリシーの変更(2年から1年へ短縮)が発表されました。(対象はRole-basedおよび 専門(Specialty)の資格です。Fundamentalsは対象外です)。再認定の方法も変更になりました。詳細は下記ブログをご参照ください。

https://blog.trainocate.co.jp/blog/MSre2021_018

 

マイクロソフトゴールドパートナーとして20年の歴史

トレノケートは2002年に、マイクロソフトのラーニング分野において日本で初めてゴールドパートナーとなり、過去多くのラーニングパートナー対象アワードを受賞しています。

マイクロソフトのトレーニングは、トレノケートにご相談ください。

過去の受賞歴一覧はこちら: 受賞歴一覧

松野 陽子(まつの ようこ)

トレノケート株式会社 マーケティング戦略部に所属。 前職のISP子会社では、人材開発・OJT・社内インストラクタを主に担当。グローバルナレッジネットワーク(現トレノケート)に入社し18年、インストラクタ、協業企業・ITベンダーとのアライアンス、バックオフィス業務などを経て2016年より現職。主にセミナー運営、リスティング広告運用、ITトレーニング(Microsoft・VMware・Salesforce)の販促などPR業務に従事。 写真は飼い猫のかりん。

無料ダウンロード

オススメコンテンツ

オススメ記事

プロジェクトマネジメント PMP AWS ビジネススキル Microsoft PMBOKⓇ 田中淳子 IT資格 人材育成 山下光洋 AMA Azure コミュニケーション 人材開発用語集 PMBOK®ガイド入門 クラウド ITスキル 新入社員 横山哲也 人材育成応援ラジオ DX re:Invent セキュリティ PMP試験問題に挑戦 AI(人工知能) Cisco PMBOKⓇガイド 第6版 試験体験記 イベント・セミナー PMBOK®ガイド第6版の変更点 人材開発 CCIE CCNA AI人材 DX人材育成 テレワーク ネットワーク リモートワーク 研修 GCP PMP(R)試験問題 第6版対応 PMP合格体験記 Windows Server 生成AI AWS_Q&A Active Directory IT人材 IT資格解説 アセスメント キャリア デジタルビジネス ヒューマンスキル リーダーシップ 人気コースランキング 大喜利 部下の育成 PMの心得 グローバル人材 新入社員研修といえば IoT OJT reinvent2022 リスキリング CCNP Security Windows PowerShell クリエイティビティ プログラミング 人材トレンド Google Cloud PMP試験対策一問一答 コーチング プロジェクト プロトタイプビルダー 試験対策問題 1on1 AWS_DiscoveryDay AWSトレーニングイベント GCP無料セミナー Google Cloud Platform G検定 ITインフラ oVice アワード クリティカルシンキング サンプル問題 ステークホルダー ダイバーシティ ディープラーニング ワーケーション 自律 試験Tips Linux PMI Power Platform Python Teams Web会議 cybozudays jawsdays2024