catch-img

【PMP®試験問題 第6版対応】問題112:会話のないプロジェクト

【PMP®試験問題 第6版対応 】では、[ASP]PMP®試験対策問題集 PMBOK(R)Guide第6版対応 (スマホ対応版)から毎回1問をご紹介します。

 

問題

あなたは、顧客から受注したプロジェクトのプロジェクト・マネジャーです。顧客のオフィスの1室をプロジェクト専用の部屋としており、顧客のプロジェクト担当者とあなたのプロジェクトのメンバーがその部屋で毎日働いています。

プロジェクトは非常に忙しい状況で、顧客もあなたのプロジェクトのメンバーもそれぞれの仕事に没頭し、顧客の担当者とあなたのところのメンバーとの間の会話はほとんどありません。お互いの仕事がどのような状況にあるかも認識できていません。

プロジェクト・マネジャーとしてのあなたの取るべき行動として、適切なものを1つ選びなさい。

 

A. お互いの仕事の状況が分からないのままでは困る。役割を交代するなどしてどんな仕事なのかを実体験する仕組みを作る

B. 全メンバーがそれぞれの仕事に没頭しているので、かえって邪魔になるような行動は起こさない。静かに見守る

C. その部屋で仕事をする全員が参加する朝会を開催し、各メンバーの仕事の状況などを簡潔に報告する場を設ける

D. 顧客とメンバーの交流を図るために、顧客とメンバーの参加する飲み会を開催する

 

正解を見る



 

 

正解

C. その部屋で仕事をする全員が参加する朝会を開催し、各メンバーの仕事の状況などを簡潔に報告する場を設ける

 

解説

ただひたすら自らの仕事に没頭するだけでは、様々な問題発生の温床となります。雑談も含めた交流のない職場での仕事は、仕事自体に向かうモチベーションも下げてしまいます。お互いの仕事の内容が分からないのでは、いざ問題が起きた場合の対処が困難になったりします。このまま放置するのは好ましくありません。

朝会を開催して少しずつお互いのことを知るようにし、雑談の話題提供を計ったりするのが最適です。

忙しい状況ですから仕事の交換などは、他の問題を引き起こしかねません。飲み会も場合にやっては効果的ですが、「お互いの仕事を知らない」という状況を考えると、まず仕事の場での交流を図ることから手をつけるのが好ましいといえます。

<PMBOK®Guide第6版 9.4参照>

 

おすすめ研修コース

お客様などのプロジェクトのステークホルダーの協力を引出すことがプロジェクトの成功のためには必要です。「 【現場体験型】ステークホルダーを動かすあの手この手 ~プロジェクト成功の鍵~(PMC0110G) 」では、ステークホルダー・マネジメントの基本的な内容を学び、さらに、お客様との交渉のロールプレイを行います。

中村 正明(なかむら まさあき)

トレノケート株式会社 / ラーニングサービス本部

無料ダウンロード

オススメコンテンツ

オススメ記事

プロジェクトマネジメント PMP AWS ビジネススキル Microsoft PMBOKⓇ 田中淳子 IT資格 人材育成 山下光洋 AMA Azure コミュニケーション 人材開発用語集 PMBOK®ガイド入門 クラウド ITスキル 新入社員 横山哲也 人材育成応援ラジオ PMP試験問題に挑戦 re:Invent セキュリティ DX Cisco PMBOKⓇガイド 第6版 試験体験記 イベント・セミナー PMBOK®ガイド第6版の変更点 人材開発 AI(人工知能) CCIE CCNA テレワーク ネットワーク リモートワーク 研修 GCP PMP(R)試験問題 第6版対応 PMP合格体験記 Windows Server AWS_Q&A Active Directory DX人材育成 IT人材 IT資格解説 アセスメント キャリア デジタルビジネス ヒューマンスキル リーダーシップ 人気コースランキング 大喜利 部下の育成 Conversations PMの心得 グローバル人材 新入社員研修といえば IoT OJT reinvent2022 リスキリング AI人材 CCNP Security Windows PowerShell クリエイティビティ プログラミング 人材トレンド 試験対策問題 PMP試験対策一問一答 コーチング プロジェクト プロトタイプビルダー 生成AI 1on1 AWS_DiscoveryDay AWSトレーニングイベント GCP無料セミナー Google Cloud Google Cloud Platform G検定 ITインフラ oVice アワード クリティカルシンキング サンプル問題 ステークホルダー ダイバーシティ ディープラーニング ワーケーション 自律 試験Tips Linux PMI Power Platform Python Teams Web会議 jawsdays2024