catch-img

転職者の「アンラーニング」と「学び」

先日、まもなくデビューを控えた講師の最終審査の会(これをトレノケートでは「大レビュー」と呼んでいます)がありました。

大レビューとは、「先輩講師や講師以外の部署の社員が集まって、実際の講義を見て、合否を判定する場」です。以前は、夕方教室が空いた時間帯に大勢が集まって実施しましたが、昨今の事情により、教室にリアルに集まる人とオンライン(Zoom)から参加する人が混ざり、総勢、20~30人が講師のレビューを見守ることとなります。

50代で講師に転職

今回は、「プロジェクトマネジメント」関連コースでデビューを予定している講師のレビューでした。50代でキャリア採用入社、講師経験なし、プロジェクト経験多数というAさん(身内ですが、「さん」と表現しますね)。3か月の練習を経て、いよいよ練習の成果を見せる日を迎えたわけです。

話し方も落ち着いているし、受講者全体をよく見ているし、講義も分かりやすく、例示も理解の助けになります。質問の受け答えもまずまず。なかなかの仕上がり具合で、無事合格。今後のデビューに備えてさらに勉強の日々が続きます(がんばれ〜♪)。


私は、キャリアコンサルタントなので、他者のキャリアにとても興味があり、レビューが終わった後の雑談で、「Aさんはどうして講師になろうと思ったのか」を尋ねてみました。

50代で転職を考えた際、講師という選択肢は全く持っておらず、エージェントからトレノケートを紹介されて、「ああ、講師という職種もあるのか。経験が活かせる仕事かも」と思ったそう。

面接で、講師チームのマネージャーからも「講師は価値のある仕事だ」と熱い想いを聴き、入社することにしたとのこと。

「これまでの自分の経験や考え」を見直す

「実際に入社して、講師の修行を3か月してきたわけですが、感想は?」と聴くと、「最初は大変でした」と言います。


「『自分の長年の経験を伝えればいいのだな』と思っていたのですが、そうじゃないと言われ、さらに、ネクタイが曲がっているなど身だしなみや立ち居振る舞いも一つ一つ指摘されて、ぐんと落ち込みました。でも、講師というのは、経験を伝える人ではなくて、きちんと理論やよりどころとなるルール、仕組みなどを正しくわかりやすく伝える仕事であって、経験談がメインではないのだとだんだん理解できました。考え方を変え、とにかく勉強しました。」

ああ、いい話だなぁとしみじみ思いました。

一般に、年齢を重ねるほど、人はかたくなになり、変わりにくくなります。自分のやり方に固執したり、他者からのアドバイスを受けにくくなったりもします。私も50代ですからよくわかります。


しかし、Aさんは、『経験を伝えられるいい仕事だ』と捉えていた講師像を、周囲の先輩たちからの指摘で、見直していったというのですね。

そして、「講師の仕事」を自分なりに理解し、基本から学び直しました。そうして、3か月。教え方の基本的な知識やスキルに沿った講師に成長したのです。これは、まさにアンラーニング(Unlearning)※のプロセスです。

※アンラーニング:「学習棄却」「学びほぐし」と言われたりする言葉で、一度学んだことを見直すことを指します。


企業の人材育成を支える私たち講師は、研修内で、理論や理屈ばかりを話していてもダメですが、体験談をとうとうと述べるだけでも当然ダメです。理論や理屈、たとえば、プロジェクトマネジメントであれば、PMBOK(R)という拠りどころを常に頭に置いて、PMBOK(R)ではどう書いてあるか、をまずは押さえること。その上で、現場経験ではこんな風に応用した、適応した、といった体験談を添える。経験談はあくまでも理解を促すための彩りのようなもの。このバランスがとても難しいのです。


40~50代の社会人経験が長い方が、「私の長年の経験を伝えたいから講師をやりたい」とおっしゃることが時々あります。しかし、それだけでは講師としてうまくいきません。かといって、「経験は全然なく、具体例も出せないのですが、テキストに書いてあることはよどみなく伝えられます」というのも、受講者の理解の支援ができません。

講師は、理論と実践、理屈と経験、この二つを絶妙に混ぜて提供することが大事です。ただ、経験や体験談は、柱ではないのです。トッピングのようなものです。

理論とか理屈とか拠って立つべきものは、毎日勉強、とにかく勉強。常に知識のアップデートが必要です。

「他者の学びを支援する仕事」である講師は、だからこそ「まずは自分自身、学ぶことが好き」であることが望まれます。

 


 

でも、これ、講師に限った話ではないですね。

転職者は、どの職場でもどの年齢、どういう経験を持っている人であっても、新しい職場では「これまでの自分の経験や考え」を見直す場面に必ず直面します。アンラーニング後にリラーニング(学び直し)をして、新しい職場で自分を再構築していくことになります。そして、新しい職場に馴染み、活躍するためには、何歳であろうと「学ぶことが好き」であることは必須条件だろうと思います。



おすすめトレーニング


トレイン・ザ・トレーナー ~研修講師養成講座~

質の高い研修を提供するための知識とテクニックを学び、研修の現場で応用できる「教える技術の強化」を目指します。社内外の研修の企画・運営担当の方や、部下・後輩を育成する立場の方におすすめです。
→ コース詳細・日程はこちら 
​​​

【PDU対象】【1Day REAL】うまい教え方 ~誰に何を教える時にも活かせる7つの秘訣~

実際に教えて見る体験を通して自分の教え方を振り返ります。誰に何を教える時にも生かせる7つの秘訣を演習を通して学び、「教えること」の実践力を身につけます。
→ コース詳細・日程はこちら 

講師の募集について

トレノケートでは当社の新しい仲間として、未来に向けて成長し活躍していただける方を募集しています。講師の仕事にご興味があれば、ぜひ採用情報をご参照ください。

トレノケート講師(正社員)の採用情報はこちら
​​​​​​​パートナー講師(業務委託)の採用情報はこちら

 

田中淳子(たなかじゅんこ)

トレノケート株式会社 人材育成ソリューション部。 国家資格キャリアコンサルタント/産業カウンセラー/MSQ認定モチベーションアドバンスインストラクター/整理収納アドバイザー1級。 ビジネススキルやキャリア開発、OJT制度に関連する部下後輩の成長支援など、幅広く人材開発の支援にあたる。コンテンツ開発から研修実施まで(講師歴38年)、広く、個人と組織をより良くするお手伝いをしている。 著書は10冊。主な著書に『はじめての後輩指導』『事例で学ぶOJT』(共に経団連出版)、『部下と後輩を育てる47のテクニック』『ITエンジニアとして生き残るための「対人力」の高め方』(同僚・都川信和との共著)(共に日経BP社)がある。 2022年7月より音声配信Voicyにおいて「田中淳子の「人材育成」応援ラジオ」を配信(月-金、朝7:30配信)中。書籍、ブログ、音声など様々な手段で「人材育成」に関する情報発信を続けている。

無料ダウンロード

オススメコンテンツ

オススメ記事

プロジェクトマネジメント PMP AWS ビジネススキル Microsoft PMBOKⓇ 田中淳子 IT資格 人材育成 山下光洋 AMA Azure コミュニケーション 人材開発用語集 PMBOK®ガイド入門 クラウド ITスキル 新入社員 横山哲也 PMP試験問題に挑戦 re:Invent セキュリティ 人材育成応援ラジオ DX Cisco PMBOKⓇガイド 第6版 試験体験記 イベント・セミナー PMBOK®ガイド第6版の変更点 人材開発 CCIE CCNA テレワーク ネットワーク リモートワーク 研修 AI(人工知能) GCP PMP(R)試験問題 第6版対応 PMP合格体験記 Windows Server AWS_Q&A Active Directory IT人材 IT資格解説 アセスメント デジタルビジネス ヒューマンスキル リーダーシップ 人気コースランキング 大喜利 部下の育成 Conversations PMの心得 キャリア グローバル人材 新入社員研修といえば DX人材育成 IoT OJT reinvent2022 CCNP Security Windows PowerShell クリエイティビティ プログラミング リスキリング 人材トレンド 試験対策問題 PMP試験対策一問一答 コーチング プロジェクト プロトタイプビルダー 1on1 AWS_DiscoveryDay AWSトレーニングイベント GCP無料セミナー Google Cloud Google Cloud Platform G検定 ITインフラ oVice アワード クリティカルシンキング サンプル問題 ステークホルダー ダイバーシティ ディープラーニング ワーケーション 自律 試験Tips AI人材 Linux PMI Power Platform Python Teams Web会議 kintone アイデア