catch-img

oVice、Delipa、Teamsを使って参加者60名のリモート懇親会を開催しました


2021年8月にoVice、Delipa、Teamsを使って参加者60名の懇親会を開催しましたレポートです。
同じようなリモート懇親会を計画している方のご参考になりましたら幸いです。
懇親会実行委員として1か月前位から社内の有志10名前後で企画、リハーサルなど準備や手配、当日運営をしました。

懇親会会場はoVice

  oVice - Business Metaverse となりで話しているような、バーチャル空間を。 人を近くに感じられるから「ちょっといい?」と簡単に声をかけられます。 Business Metaverse -

近くに寄れば会話が聞こえてきて、ミーティング機能でビデオMTGも可能なoViceを会場に使用しました。
参加者が自由に話したい人の近くに行って話せます。
オンラインイベント用の単発プランのConferenceを使用しました。

懇親会中のオードブルはDelipa

  オンライン飲み会や懇親会の食事や料理の全国宅配サービス・企画サポートならデリパ 企業向けのオンライン飲み会・懇親会のお料理宅配ならDeliPa(デリパ)。送料無料・3日前注文OK・住所の取りまとめ不要で5000社以上の利用実績で安心。全国1,000箇所の会社や自宅へおしゃれなボックス料理&オリジナルギフトを一斉お届けするサービスです。その他司会者派遣、配信サポート、企画提案、景品販売などオンラインイベントを一括してサポート出来るので幹事様の負担を最小限に軽減します。 オンライン飲み会や懇親会の食事や料理の全国宅配サービス・企画サポートならデリパ

リモート懇親会ですので、オードブルはそれぞれの自宅や会社に配達していただけるDelipaを使用しました。

oViceとTeamsでゲーム

自由な会話の時間とは別にゲームコーナーも設けました。

参加者には、あらかじめ運営サイドで決めたチーム分けを案内しました。
ゲーム開始時に運営メンバが各テーブルに分かれ、ビデオ会議を設定し、そちらで
チーム活動を行いました。

ゲーム司会者から提示される「お題」に沿ってチームでディスカッションし、「お題」に
沿った物を自宅内から集めてスクリーンショット撮影。
その写真をTeamsに投稿し、「これは面白い!」という写真に「いいね」リアクションを
入れるという投票形式で1~5位まで決定しました

チームに分かれる際は、「ここからゲームですよ」ということがわかるように
専用の背景を用意しました。
全体への周知事項は、ゲーム司会者が全体向けに手順スライドを使って説明し、
その後、チームに分かれました。
ゲーム中も司会者が「DJ」としてゲームを盛り上げました。

そのあと、各チームで個別にミーティングを作成して、例えば「オリンピックカラー」ならオリンピック五輪の色をチームで集めてスクリーンショットをとってTeamsに投稿しました。
全チームの投稿が完了したら、Teamsのいいねリアクションで投票しました。

大団円

ゲームコーナーも終わり、盆踊りのような背景で自由に会談タイムでした。

最後には1つのミーティングにまたみんなで集まって一本締めで締めました。

運営のフィードバックは別としまして、リモートワーク下での可能性が見えたフィードバックを最後に公開します。

  •  部またぎで取り組めるイベントを開催することで、新しい人が会社に馴染むきっかけづくりになると思います。
  • 会社として、新しい人が活躍できるような取り組みを企画したいなと思いました。
  • リモートになってから普段関わる機会が減ってしまった他部署の方々とも交流ができ、また皆さんのお元気な姿を見ることができました。
  • オンライン交流会の場が全社的にできるのはとても良いことだと思います。
  • 普段、あまり交流のない方ともプライベート等に関してお話しでき、距離が縮まったように感じました。
  • このご時世のなか、オンラインでこういった機会があるのはとてもありがたいです。とはいえ、落ち着いたら直接皆さんとお話する機会があると、とてもとても嬉しいです。
  • 懐かしい方の顔や新しい方の顔が見られて新鮮でした。
  • 横のつながりが増えて仕事上のコミュニケーションが円滑にできたこともありました。
  • オンラインツールでのコミュニケーションの工夫を考えるきっかけになり、各コースでのファシリテーションスキルがあがりました。
  • 顔を知ったことや事前コミュニケーションができたことでレビューを頼みやすくなりました。
  • 会社行事に参画でき能動的に動いたことに意味を感じました。
  • 社内の部門や人や仕組みやエピソードや「知ってる」が増えました。
  • 他の人と一緒に実行委員をやったことで、仕事においても協力しやすくなりました。
山下 光洋(やました みつひろ)

山下 光洋(やました みつひろ)

トレノケート株式会社 講師。AWS Authorized Instructor Champion / AWS認定インストラクター(AAI) / AWS 認定ソリューションアーキテクト - プロフェッショナル /AWS認定DevOpsエンジニア - プロフェッショナル / AWS 認定デベロッパー - アソシエイト / AWS 認定 SysOps アドミニストレーター - アソシエイト / AWS 認定クラウドプラクティショナー / kintone認定 カスタマイズスペシャリスト他。AWS認定インストラクターとしてAWS認定コースを実施。毎年1,500名以上に受講いただいている。AWS 認定インストラクターアワード2018, 2019を日本で唯一受賞。著書『AWSではじめるLinux入門ガイド』(マイナビ出版社)。共著書『AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー』(SBクリエイティブ社)。前職では2016年にAWS Summitにパネラーとして参加。その前はLotus Technical Award 2009 for Best Architectとして表彰されている。また、各コミュニティの運営にも個人的に関わり、勉強会にてスピーカーや参加をしている。

無料ダウンロード

オススメコンテンツ

   

人気記事

© Trainocate Japan, Ltd. 2008-2022