catch-img

【PMの心得】プロジェクト・マネジャーは、悪役を引き受けろ

 

「メンバーから報告が上がってこない」「なかなか計画通りに進まない」……
プロジェクトの現場では、このような課題が溢れています。
シリーズ「PMの心得」では、現場で悩みを抱えるプロジェクト・マネジャーの皆様へ、
プロジェクトを成功に導くコツをご紹介します。

 

プロジェクト・マネジャーは「悪役」を引き受けよう

あなたがプロジェクト・マネジャーを引受けているプロジェクトで、お客様と常時接している配下のメンバーがいる場合があると思います。お客様先に常駐していたり、お客様窓口をお願いしていたりする方です。
そんな時、プロジェクト・マネジャーであるあなたが悪役を引き受けることで、プロジェクトの成功率が高まります。

例えば以下のような場面です。

【お客様と接している方が問題を起こしてしまった時】

「○○が問題を起こしてしまって...」とその方を悪役にしてしまってはいけません。
「このたびは、私の責任で...」と、あなたが責任を引受けましょう。

【お客様に無理をお願いする時】

あなたが交渉役になってください。「○○さん、お願いしてきて」と任せてはいけません。
逆に、良い報告やお客様にプラスになる提案などは任せましょう。


【メンバーの方とあなたも同席して、お客様と検討会を実施している場合】

順調に進んでいれば口出し不要です。
でも、「ここは譲れないぞ」という場面では、あなたの出番です。

 

プロジェクト・メンバーとお客様との信頼関係のために

こうすることで、お客様と接する機会の多いメンバーの方とお客様との信頼関係が築けます。コミュニケーションが良くなりプロジェクトの成功の可能性が高まります。さらには、次のプロジェクトの受注にもつながります。

一方、お客様から見たあなたは「××は、時々やってきては、勝手なことを言ってくる」と悪役になるわけです。つらい役回りかもしれませんが、プロジェクトの成功のためです。
でもわかってくれるお客様は分かってくれています。

お客様を対象として書いてきましたが、相手が上司でも同じことです。
​​​​​​​積極的に悪役を引受けましょう。だんだんと交渉力もついてきます。
​​​​​​​

おすすめコース

​​​​​​​【PDU対象】【現場体験型】ステークホルダーを動かすあの手この手

お客様との交渉を体験するロールプレイがあります。プロジェクト・マネジャーは交渉力が必要です。しかし、研修の受講者の方々にお聞きすると「交渉は苦手だ」という方ばかりです。交渉の重要点を学ぶことができるコースです。

中村 正明(なかむら まさあき)

トレノケート株式会社 / ラーニングサービス本部

無料ダウンロード

オススメコンテンツ

オススメ記事

プロジェクトマネジメント PMP AWS ビジネススキル Microsoft PMBOKⓇ 田中淳子 IT資格 人材育成 山下光洋 AMA Azure コミュニケーション 人材開発用語集 PMBOK®ガイド入門 クラウド ITスキル 新入社員 横山哲也 人材育成応援ラジオ PMP試験問題に挑戦 re:Invent セキュリティ DX Cisco PMBOKⓇガイド 第6版 試験体験記 イベント・セミナー PMBOK®ガイド第6版の変更点 人材開発 AI(人工知能) CCIE CCNA テレワーク ネットワーク リモートワーク 研修 GCP PMP(R)試験問題 第6版対応 PMP合格体験記 Windows Server AWS_Q&A Active Directory DX人材育成 IT人材 IT資格解説 アセスメント キャリア デジタルビジネス ヒューマンスキル リーダーシップ 人気コースランキング 大喜利 部下の育成 Conversations PMの心得 グローバル人材 新入社員研修といえば IoT OJT reinvent2022 リスキリング AI人材 CCNP Security Windows PowerShell クリエイティビティ プログラミング 人材トレンド 試験対策問題 PMP試験対策一問一答 コーチング プロジェクト プロトタイプビルダー 生成AI 1on1 AWS_DiscoveryDay AWSトレーニングイベント GCP無料セミナー Google Cloud Google Cloud Platform G検定 ITインフラ oVice アワード クリティカルシンキング サンプル問題 ステークホルダー ダイバーシティ ディープラーニング ワーケーション 自律 試験Tips Linux PMI Power Platform Python Teams Web会議 jawsdays2024