catch-img

シスコ技術者認定の変更に関するFAQ (日本語参考訳)

2020年2月24日に予定されている認定の変更について、シスコ社が公開している Training and Certification Frequently Asked Questions (FAQs) の内容を翻訳しました。

<index>
GENERAL FAQs
CCNA
CCNP
CCIE
DevNet Certifications
Specialist Certifications
Training & Training Badges
Pricing
Recertification
Transition

ご注意
*こちらの日本語訳はトレノケートが独自に翻訳した参考訳であり、シスコ社の公式訳ではありません。英語原文との間に齟齬がある場合は、英語原文が優先するものとします。

*本記事は2019年7月26日時点での情報です。元となるFAQはシスコ社により予告なく変更される可能性がありますのでご注意ください。


【変更のまとめはこちら】

  【現資格ホルダー向けQ&Aを追記】 Cisco認定資格試験の変更点まとめ(2020年2月24日~) 2020年の2月より、シスコ技術者認定の体系が変更となります。主要な変更点や、資格取得済の方へのQ&Aをまとめました トレノケート公式ブログ


GENERAL FAQs

Q:なぜシスコ技術者認定のポートフォリオを変えるのですか?

A:シスコ技術者認定の改定は、シスコがネットワーク業界で推進してきたテクノロジーの移行に基づいています。新しいネットワークの能力を最大限に活用するには、ネットワークとソフトウェアのスキルが重要です。ネットワークにはさらに新しい能力があり、これにより「ネットワークのしくみ」は根本的に変わっていきます。

新シスコ技術者認定プログラムでは、業界で認知されている高品質な基準を維持しながらも市場の要求と学習者の嗜好に基づいて合理化されたCCNA、CCNP、CCIE認定を導入しています。このプログラムは敏捷性、価値、そしてリーダーシップに重きをおいてデザインされています。学習者が各々の発展と生涯学習のために習得したいスキルを選択できます。

新しいDevNet AssociateおよびDevNet Professional認定は、シスコのテクノロジーを使用するネットワークエンジニアおよびソフトウェア開発者にソフトウェアスキルを提供します。

これにより、シスコ技術者認定コミュニティ、ネットワーキングアカデミーコミュニティ、およびDevNetコミュニティの強みを集結させ、シスコテクノロジーに基づいて構築された次世代のビジネスに対応する労働力を増やすことができます。


Q:実際に何が変わるのですか?

A:シスコ技術者認定を強化することにより、以下を提供します。

  • 合理化された新しい認定パスを提供します
    • ネットワークエンジニアを対象としたアソシエイトレベル(CCNA)のトレーニングと認定の統合および更新 -  1つのコース、1つの試験ですべてのネットワークテクノロジーの基本的なトピックをカバーしています。
    • スペシャリスト認定は、あなたの仕事の役割と興味に沿ってスキルを検証します。
    • プロフェッショナルレベルのコンセントレーション試験を選択することで、あなたの嗜好に合わせた認定をテイラーメードすることができます。
    • CCIEの達成は、複雑なネットワークシナリオの設計、展開、運用、最適化というネットワークライフサイクル全体を通して、エンドツーエンドの実践的スキルに関するコアナレッジを検証します。
    • 新しいDevNet認定は、アソシエイト、スペシャリスト、プロフェッショナルのレベルがありソフトウェア開発のスキルを検証します。
  • どのレベルからでもチャレンジできます - 前提条件は無く、アソシエイト、スペシャリスト、プロフェッショナル、エキスパート、どの認定試験からでもスタート可能です。
  • 継続教育プログラムは、CCNA、スペシャリスト、CCNP、およびCCIEに適用されます。
  • CCIE認定を20年間継続して保有する方に、新しくEmeritus lifetime tenureが付与されます。
  • トレーニングコースを修了したことに対するバッジが提供されます。
  • 2020年2月24日より、継続教育プログラムの管理費用は発生しません。


Q:変わらないことは何ですか?

A:以下は変更ありません

  • アソシエイト(CCNA)、スペシャリスト、プロフェッショナルレベル(CCNP)、エキスパートレベル(CCIE)の認定
  • ご自身のスケジュールに従い、ご自身に合った方法(オンライン・対面トレーニング)での学習
  • プロフェッショナル(CCNP)とエキスパート(CCIE)レベルのコアテクノロジーはエンタープライズ、セキュリティ、サービスプロバイダ、コラボレーション、データセンターなど
  • 再認定試験はすべてのレベルで利用可能


Q:新しいトレーニングおよび認定ポートフォリオの開始予定日はいつですか?

A:新しいトレーニング及び認定ポートフォリオは、2019年6月10日に発表されました。新規及び更新されたトレーニングコース(主要なテクノロジー分野における重要なスキルの幅と深さ)は2019年6月から開始しています。

新シスコ技術者認定改定のCCNA, CCNP, CCIE, シスコ認定DevNetアソシエイト、プロフェッショナル、スペシャリストを含む新しい認定の試験は2020年2月24日に受験が可能となります。またCCNA、スペシャリスト、CCNPの継続教育は2020年2月24日から開始します。併せてトレーニングを修了することで付与されるバッジに関しても2020年2月24日から開始します。


Q:新しい認定資格の試験トピックはいつ公開されますか?

A:2019年6月10日からすべての新しい試験のトピックが公開されています。


Q:どの認定がなくなり、何の認定が追加されますか?

A:CCNPとCCIEのテクノロジートラックはエンタープライズ、セキュリティ、サービスプロバイダ―、コラボレーション、データセンターに統合され、廃止されるトラックは関連のトピックに組み込まれます。新しいシスコ認定DevNetにはシスコ認定DevNetアソシエイト、スペシャリスト、プロフェッショナルがあります。


Q:新しいポートフォリオではどのようにしてトレーニングバッジまたは認定資格を得ることができますか?

A:


何に対して
何を得る
トレーニングを無事終了
トレーニングバッジ
CCNA試験合格
Cisco Certified Network Associate (CCNA) 取得
DevNetアソシエイトに合格
Cisco Certified DevNet Associate 取得
CCNA試験を除く、筆記試験に合格
Cisco Certified Specialist 取得
DevNetアソシエイトを除く、DevNetの筆記試験に合格
Cisco Certified DevNet Specialist 取得
同じテクノロジーのコア試験1つとコンセントレーション試験1つ合格
Cisco Certified Network Professional (CCNP) 取得
DevNetコア試験1つとDevNetコンセントレーション試験1つ合格
Cisco Certified DevNet Professional 取得
同じテクノロジーのコア試験1つとそれに対応するテクノロジーのラボに合格
Cisco Certified Internetwork Expert (CCIE) 取得


Q:少ないテクノロジートラックで自分の業務に関連する技術の認定を受けるにはどうすればいいですか?

A:新しい認定プログラムではカスタマイズできるように設計しています。例えばCCNPでは、今までよりもコンセントレーション試験の選択肢が増え、オプションの幅が広がりました。トレーニング修了することでトレーニングバッジが付与され、またあなたの仕事の役割、興味または希望に直接関連したテクノロジーの筆記試験に合格することでスペシャリスト認定を受けることができます。


Q:認定資格の更新により、ユーザーが認定資格を取得するために受験する試験の数がどのように変わりますか?

A:各学習者のトレーニングパスによって異なります。シスコのゴールは学習者が認定資格を取得し、自分のニーズに最も合うように学習をカスタマイズできるようプログラムを便利にすることです。アソシエイトレベル(CCNA)では、ユーザーは単一の試験を受けます。プロフェッショナルレベル(CCNP)では、ユーザーはコア試験を1つ受け、同じテクノロジートラックのコンセントレーション試験から1つ選択し、受験します。エキスパートレベル(CCIE)では、コア試験を受け、それに対応する同じテクノロジーのラボを受けます。スペシャリストは、アソシエイトレベルの資格を除く筆記試験に合格することにより付与されます。


Q:CCDEとCCArのカリキュラムと認定はどうなりますか?

A:強化されたポートフォリオでは、CCIEラボ試験にデザインの内容を取り入れています。また、常にポートフォリオを検証し、必要に応じて引き続き変更を盛り込んでいきます。

現状CCDEとCCArには変更はありません。


Q:新しい構造の元、シスコはどのようにシスコ技術者認定の整合性と厳格性を保つのですか?

A:プログラムを強化することにより、シスコは今日シスコ技術者認定の持つ整合性と厳格性の維持及び強化することを目的としています。CCNAレベルでは、デジタルネットワークを管理するために必要なスキルの範囲をカバーするため、試験内のトピックを広げました。また様々なテクノロジーからの知識をアソシエイト試験に組み込んでおり、これまで以上に包括的になっています。CCNPとCCIEレベルでは試験の厳しさが増しました。新しいコア試験では、ネットワークドメイン内における仕事の役割に欠かせない知識を網羅しています。そして、特定のトピックに関する知識の深さを網羅するコンセントレーション試験を提供することによって、ユーザーの特定のスキルを以前よりさらに厳密に検証します。最後に、CCIE試験は、複雑なネットワークシーンの設計、展開、運用、最適化のネットワークライフサイクル全体をカバーします。


Q:特定の認定がポートフォリオから削除されたのはなぜですか。その資格はもう有効ではないのですか?(例:CCNA Wireless, CCNA Cyber Ops)

A:シスコは今回の改訂で、CCNAプログラムを基本的なIPの基礎、ネットワークアクセス、IP接続性、自動化およびネットワークのプログラミングの基礎、セキュリティの基本的なスキルなど、テクノロジー全体にわたる初級レベルのネットワークスキルを網羅する包括的な試験として1つにまとめました。なぜなら、初めてネットワークを学ぶには幅広いスキルが必要であるからです。CCNPとCCIEプログラムにおいては、エンタープライズ、セキュリティサービスプロバイダ、コラボレーション、そしてデータセンターを含む5つの主要技術にフォーカスしました。廃止されるテクノロジートラックに関しては、関連するテクノロジーに統合されています。例えば、ワイヤレスはエンタープライズのディプロイに不可欠な為、エンタープライズトラックに統合されました。オートメーションおよびプログラミングのケースのように、内容が複数のトラックに当てはまる場合、複数のCCNPテクノロジートラックにおけるコンセントレーション試験となっています。この場合、同じコンテンツが複数のトラックにまたがって利用されます。 現在取得されている認定は有効期限まで有効です。


Q:シスコは現在どのようにシスコ技術者認定の価値を保持していますか?

A:シスコ技術者認定プログラムは業界において最も評価されている資格の1つです。すべての認定試験は専門家によって設計及び監視されています。また業界で認められている標準化されたメソッドを使用し、開発されています。これにより正当で、信頼かつ、信用でき、更に法的にも正当性のある認定を生成しています。また、テストサイトの監視、候補者の要件の実施、試験のセキュリティ対策、データ分析、およびセキュリティに関する最先端の調査を通じて、試験の整合性を常に検証しています。


Q:この変更はCisco Networking Academyにどのように影響を与えますか?

A:ネットワークアカデミーを拡張して、新しいCCNA認定および新しいDevNetアソシエイト認定のトレーニングを実施します。これは、シスコのパートナーおよび顧客向けのソフトウェアプロフェッショナルの育成も含む、ネットワーキングプロフェッショナルの育成を超えたプログラムの拡張です。


Q:新しいプログラムが2020年2月24日に施行されると、自身の既存の認定資格はどうなりますか?

A:

  • CCNA、スペシャリスト、及びCCNPの場合:現在の認定資格はまだ有効であり、認定資格の有効期限が切れるまで有効です。2020年2月24日に新プログラムの開始により、お持ちの認定資格は新しいプログラムの同等の認定資格に移行されます。
  • CCIEの場合:アクティブステータスのCCIE認定をお持ちの場合、資格停止期間がアクティブな年に変換されます。例えば、資格停止期間が2020年4月21日から開始する場合、CCIEのアクティブステータスは2021年4月21日まで維持されます。


CCNA

Q:新しいCCNAは、シスコが提供していた以前のCCNAとどう違うのですか?

A:CCNAのトレーニングと認定をどちらも1つとし、包括的なコースに統合して更新しました。基本的なIPの基礎、ネットワークアクセス、IP接続性、自動化とネットワークプログラマビリティとセキュリティの基本的なスキルなど、テクノロジー全体の初級レベルのネットワークスキルを網羅する試験です。


Q:CCNAはプロフェッショナル認定の前提条件として必要ですか?

A:CCNAはプロフェッショナル認定の前提条件として必要ではありません。これにより学習者は自分が選択した場所からラーニングを開始することができます。


CCNP

Q:テクノロジーコア試験とは何ですか?

A:テクノロジーコア試験は、CCNP、CCIE、そしてDevNetプロフェッショナル認定に求められる試験です。CCNPとCCIEにはエンタープライズ、セキュリティ、サービスプロバイダ―、コラボレーション、データセンターにフォーカスしたテクノロジーコア試験が5つあります。テクノロジーコア試験は、候補者がテクノロジーアーキテクチャーを習熟するために必要な基本的および一般的な概念を網羅しています。DevNetプロフェッショナル認定にはDevNetコア試験があります。


Q:コンセントレーション試験とは何ですか?

A:コンセントレーション試験は、プロフェッショナルレベルの認定(CCNP)に必要な2つの試験のうちの1つです。コンセントレーション試験では、関連技術およびコアに関連する技術を中心に深く掘り下げ、受験者が興味のあるトピックまたは自分が選択した技術分野に関連するトピックを選択することができます。CCNPについては、エンタープライズ、セキュリティ、サービスプロバイダ、コラボレーション、およびデータセンターの5つのテクノロジートラックすべてに対するコンセントレーション試験があります。 Cisco Certified DevNet Professional向けにも選択可能な複数のコンセントレーション試験があります。


Q:コンセントレーション試験のオプションとは何ですか?

  • A:コンセントレーション試験のオプションはCCNPのページで確認できます。
  • CCNP Enterprise
  • CCNP Security
  • CCNP Service Provider
  • CCNP Collaboration
  • CCNP Data Center
  • Cisco Certified DevNet Professional


Q:コンセントレーション試験を受ける前に、テクノロジーコア試験を合格している必要はありますか?

A:いいえ、ありません。お好きな順番で試験を受けて下さい。


Q:テクノロジーコア試験に合格しました。何年間有効ですか?またいつまでにコンセントレーション試験またはラボ試験に合格する必要がありますか?

A:テクノロジーコア試験に合格することで、スペシャリスト認定が付与されます。この有効期限は3年です。スペシャリスト認定の期限が切れるまでに、コンセントレーション試験に合格する、もしくはラボ試験に合格し、プロフェッショナルまたはエキスパート認定を得て下さい。


Q:テクノロジーコア試験に合格しました。コンセントレーション試験とラボ試験に合格することでプロフェッショナル及びエキスパート認定を達成することができますか?

A:はい、テクノロジーコア試験の有効期限内にコンセントレーション試験とラボ試験に合格した場合、プロフェッショナル及びエキスパート認定を達成できます。


CCIE

Q:テクノロジーコア試験は、CCNP試験とCCIE試験の両方で同じですか?

A:はい、同じ筆記試験がCCNP認定とCCIE認定のコア試験として機能します。


Q:新しいポートフォリオにおけるCCIEラボ試験のオプションは何ですか?

A:学習者は、エンタープライズトラックの場合、ワイヤレスまたはインフラストラクチャラボ試験を選択できます。 セキュリティ、サービスプロバイダ、コラボレーションおよびデータセンターを含む、その他すべてのCCIEラボ試験は、テクノロジートラックに標準化されます。


Q:同じトラック内でラボ試験を受ける前に、テクノロジーコア試験に合格する必要がありますか?

A:はい、ラボ試験を受ける前に、テクノロジーコア試験に合格する必要があります。


Q:CCIEラボの形式が変わるのはなぜですか?

A:CCIEラボ試験は、複雑なネットワークシナリオの設計、展開、運用、および最適化という導入ライフサイクル全体を通して候補者のスキルを評価するために更新されています。 ラボの形式は、これらのスキルをくまなく評価するために変わります。


Q:CCIEラボ試験の形式はどう変わりますか?

A:CCIEラボ試験の形式は、複雑なネットワークシナリオの設計、展開、運用、最適化という導入ライフサイクル全体を通して、候補者のスキルを評価するため、変化しています。 ラボ試験は2つのモジュールで構成されており、指定された時間通りに、一定の順序で実施されます。

・モジュール1:デザイン(3時間)
・モジュール2:展開、運用、最適化(5時間)

どちらのモジュールにも、オートメーションとプログラマビリティのスキルが不可欠です。


Q:CCIE Lifetime Emeritus特典の詳細は何ですか?

A:20年間アクティブCCIEまたはCCIE Emeritusステータスを維持されている方々には、無償でCCIE Lifetime Emeritusステータスを選択するオプションがあります。 CCIE Lifetime Emeritusの特典詳細については、以下リンクを参照ください。

https://www.cisco.com/c/ja_jp/training-events/training-certifications/certifications/expert/ccie-program/emeritus.html


Q:私が今日現在アクティブなCCIEである場合、私の認定はいつ失効しますか?

A:ご自身がアクティブなCCIE認定をお持ちの場合、資格停止期間がアクティブな年に変換されます。例えば、資格停止期間が2020年4月21日から開始する場合、CCIEのアクティブステータスは2021年4月21日まで維持されます。


DevNet Certifications

Q:DevNetとは何ですか?

A:Cisco DevNetとはアプリケーションを作成し、シスコ製品、プラットフォーム、及びAPIとの統合を実現したい開発者及びITプロフェッショナルを支援するシスコの開発者向けプログラムです。Cisco DevNetには、ソフトウェアでファインネットワーク、セキュリティ、クラウド、データセンター、モビリティ、IOT、コラボレーション、サービス、及びオープンソースソフトウェア開発におけるシスコ製品が含まれます。developer.cisco.comサイトでは、コーディングを学びたい人、またアプリをテストしたい人のために、ラーニング環境やサンドボックス環境も提供しています。企業はDevNetにアクセスし、シスコのテクノロジーに関連するコードリポジトリを含むCode Exchange、グローバルシスコパートナーのエコシステムと接続してソリューションを見つけるためのEcosystem Exchangeなどのシスココミュニティリソースを探します。現在、DevNet Automation Exchangeは、ネットワーク自動化のユースケースの業界をリードするコードリポジトリです。


Q:シスコがDevNet認定を提供するのはなぜですか?

A:シスコは、ソフトウェア開発者、DevOpsのエンジニア、自動化の専門家、その他のソフトウェア専門家のスキルセットを検証することに重点を置いた、新しいDevNet認定を発表しています。

DevNet認定は、アプリケーション開発、自動化、DevOps、インフラエンジニア、ソフトウェア開発、クラウド、およびIoTのネットワークインフラストラクチャーエンジニアとソフトウェア開発者を教育することで、新しいネットワークの機能を最大限に引き出します。


Q:DevNet認定とシスコの従来の認定との違いは何ですか?

A:シスコ認定はすでに業界で最も権威のあるネットワーク資格の1つとして世界的に知られています。 DevNet認定は、プログラミング、アプリケーション開発、DevOps、自動化などのソフトウェアスキルを検証することを目的とした、シスコ認定の一部です。

シスコ技術者認定は、その内容が他とは一線を画していますが、それらを補完するものです。 そして、これらの認定は、ネットワークハードウェアとソフトウェアの両方のスキルセットを検証する包括的なカタログを提供します。 シスコがハードウェアとソフトウェアを組み合わせて業界の要求を反映するようになると、これらの認定プログラムもまた活気づき、学習者がテクノロジー、ソリューション、プログラマビリティの間で流動的に移動することを容易にします。


Q:DevNet認定試験はいつ利用可能になりますか?

A:シスコ認定DevNetアソシエイト、シスコ認定DevNetスペシャリスト、およびシスコ認定DevNetプロフェッショナルの試験は、2020年2月24日に利用可能になります。


Q:DevNetトレーニングコースはいつ準備が開始されますか?

A:認定のための準備に必要な最初のステップについては、http://developer.cisco.com/certification をご覧いただき、 そこでラーニングラボにアクセスすることから始めてください。正式なトレーニングコースは試験が発表される前に利用可能になるでしょう。シスコはトレーニングコースがリリースされた際、ウェブサイトのコースの最新情報を継続して提供します。


Q:DevNet認定を再認定するにはどうすればよいですか?

A:まもなく発表されます。詳細は2020年2月24日までに共有される予定です。


Q:DevNetのコンセントレーション試験だけで受験できますか?

A:はい、プロフェッショナルレベルのDevNet試験に合格すれば、シスコ認定DevNetスペシャリストを獲得できます。


Q:複数のDevNetコンセントレーション試験を受けることができますか?

A:はい、ご自身が希望されるコンセントレーション試験を受けることができます。


Q:DevNetコンテンツの継続教育クレジットを取得できますか?

A:現在、Cisco Liveイベントで開催されているすべてのDEVWKSワークショップにおいて、継続教育クレジットがカウントされています。さらなる詳細は、今後2020年2月24日までに共有されます。


Q:シスコ認定DevNetスペシャリスト、シスコ認定DevNetアソシエイト、およびシスコ認定DevNetプロフェッショナルとして再認定されるには、継続教育クレジットがいくつ必要ですか?

A:さらなる詳細は、今後2020年2月24日までに共有されます。


Q:シスコは今後DevNetエキスパート認定を提供する予定ですか?

A:はい、シスコはDevNet エキスパート認定を提供する予定です。 詳細については、

developer.cisco.com/certification/をご覧ください。


Q:DevNet Automation Exchangeとは何ですか?

A:Cisco DevNet Automation Exchangeは、50を超えるコードリポジトリとネットワーク自動化のためのユースケースを備えた業界をリードするコードリポジトリです。このリソースでは、マルチドメインネットワーク自動化ソリューションを提供して、自動化ライフサイクル全体にわたるコードレポジトリの詳細なガイドラインを提供します。Exchangeのユースケースは、お客様の最大の問題を解決し、大規模な自動化、セルフサービスネットワーク運用、テレメトリ、洞察、ネットワークを監視するための包括的なアプローチ、およびアプリケーションのクロスドメイン自動化を含みます。Exchangeを活用して、インテントベースのネットワーク、マルチドメインソリューション、およびAPIとプログラマビリティを備えた、より高度でより高性能なネットワークを構築します。自分のコードをコミュニティと共有したり、コミュニティによって作成されたコードを使用したりできます。 Exchangeはコミュニティによって作成され、Cisco DevNetによって精選されています。


Specialist Certifications

Q:スペシャリスト認定とは何ですか?

A:スペシャリスト認定は、特定のテクノロジートピックをカバーしています。 アソシエイトレベルの試験を除き、認定ポートフォリオの筆記試験に合格することで、スペシャリスト認定を受けることができます。


Q:スペシャリスト認定資格を取得するための包括的な試験リストを共有してください。

A:スペシャリスト認定に関する試験の全リストは、

www.cisco.com/c/en/us/training-events/training-certifications/certifications/specialist.htmlをご確認ください。


Q:現在のスペシャリスト認定は、今回の変更によってどのように影響を受けますか?

A:シスコは常にポートフォリオを見直しており、必要に応じて変更を続けていきます。 現時点では、現行のスペシャリスト認定資格はそのままです。


Q:NPDESIとNPDEVは新しいポートフォリオにどのように適合しますか?

A:シスコは常にポートフォリオを見直しており、必要に応じて変更を続けていきます。 現時点では、NPDESIとNPDEVはそのままです。


Training & Training Badges

Q:シスコ技術者認定プログラムの変更に対応して、トレーニングコースは変わりますか?

A:はい。この変更は、トレーニングと認定プログラムの両方に対する変更を表しています。 新しいトレーニングコースは新しい認定構造に合わせて調整されます。


Q:新しい試験のトレーニングはいつ利用可能になりますか?

A:新しい試験のトレーニングは2019年6月から開始され、新しいトレーニングコースは今後も順次リリースされます。


Q:シスコエキスパートレベルトレーニング(以前のCCIE 360)はどうなりますか?

A:シスコエキスパートレベルトレーニングは、2019年8月以降は販売されなくなります。

(トレノケート注:トレノケートがスケジュールしているCIERS1は2019年12月実施が最後となります)


Q:シスコエキスパートレベルトレーニングの販売を中止するのはなぜですか。 CCIEにはどのような新しいトレーニングリソースが利用可能になりますか?

A:新しいプログラムではテクノロジーコア試験の合格がCCIEになるために必要です。 新しいポートフォリオを展開していく中で、CCIEのトレーニングニーズを引き続き精査します。


Q:トレーニングバッジを獲得するにはどうすればよいですか?

A:詳細については、2020年2月24日にトレーニングバッジが公開されたときに発表される予定です。


Q:レベル100、200、300、400のトレーニングコースとはどういう意味ですか?

A:2020年2月24日にトレーニングバッジが利用可能になったときに詳細が公開されます。


Q:トレーニングバッジを獲得できるようになるのはいつですか?

A:2020年2月24日からトレーニングバッジを獲得し始めることができます。


Q:完了したトレーニングコースはどこで追跡できますか。また、バッジはどのように入手できますか?

A:詳細は2020年2月24日までに発表される予定です。


Pricing

Q:現在の認定試験と新しい試験の間に価格差はありますか?

A:認定を取得するためのトータルコストが削減されました。 新しい試験の価格は、Pearson VUE のWebページでご確認ください。

http://www.pearsonvue.com/vouchers/pricelist/cisco.asp


Recertification

Q:2020年2月24日の時点で再認定するにはどうすればいいですか?

A:2020年2月24日より、CCNA、シスコ認定スペシャリスト、CCNPおよびCCIEを含む認定を保有している個人は、試験を受けるか、継続教育のクレジットを取得するか、またはその両方を組み合わせることによって再認定をすることができます。 継続的な教育活動には、Cisco Liveのトレーニングセッションへの出席、コンテンツの執筆、オンライントレーニングコースの修了、講師による対面トレーニングコースの修了などが含まれます。 詳細については、www.cisco.com/go/recertification をご覧ください。


Q:再認定するために必要な継続教育クレジットはいくつですか?

A:

  • CCNAの場合*継続教育クレジットが30必要です。
  • スペシャリストの場合*継続教育クレジットが40必要です。
  • CCNPの場合*継続教育クレジットが80必要です。
  • CCIEの場合*継続教育クレジットが120必要です。

詳細については、www.cisco.com/go/recertification をご覧ください。

 

Q:DevNet認定を取得して、CCNA、CCNP、CCIE、またはSpecialist認定を再認定できますか?

A:DevNet認定試験を含むすべての試験は、2020年2月24日以降、CCNA、CCNPおよびCCIEまたはスペシャリスト認定の再認定にカウントされます。


Q:私の認定が終了する場合、現在の証明書が期限切れになるまでどのくらいの期間がありますか?

A:現在お持ちの認定は、有効期限まで有効です。 認定自体が終了する場合、ご自身の認定は有効期限まで有効です。


Q:新しいポートフォリオ構造の下で再認定サイクルはどのように変化しますか?

A:2020年2月24日以降、認定された個人は3年ごとに再認定が必要です。受験者は、試験を受ける、継続教育のクレジットを取得する、または両方を組み合わせて再認定されることができます。 継続的な教育活動には、Cisco Liveトレーニングセッションへの参加、オンライントレーニングコースの修了などがあります。 また、20年間継続してCCIEのアクティブステータス、またはCCIE Emeritus ステータスを維持しているCCIEまたはCCIE Emeritusは、CCIE Lifetime Emeritusになるオプションがあり、追加のEmeritus更新料を支払う必要はありません。


Q:継続教育管理費はどうですか?

A:2020年2月24日の時点で、継続教育管理費は廃止されます。 受験者は管理費を支払う必要がなくなります。


Q:3年間の認定サイクルは、最近再認定された最初の認定日に基づいていますか?

A:認定資格は、取得してから3年間有効になります。 再認定要件を満たすたびに、認定ステータスは、再認定日からさらに3年間延長されます。 以前のCCIE認定は2年間有効であり、各再認定イベントは最初の認定日からさらに2年間認定ステータスを延長していたため、これはCCIE認定を受けた各々にとって変化を意味します。 参考までに、新しい再認定サイクルがどのように機能するか、例を示します。

  • 認定日 2019年2月1日 → 有効期限 2022年2月1日
  • 再認定 2019年11月1日 → 有効期限2022年11月1日
  • 再認定 2020年8月1日 → 有効期限2023年8月1日


Q:なぜ必要なCCIE再認定クレジットの数を増やしたのですか?

A:これまで、CCIEの再認定サイクルは2年間のサイクルでしたが、プログラムの厳格さを維持し、スキルを継続的に更新するために、再認定に必要な継続教育単位の数を増やしました。


Q:新しい再認定ポリシーはいつ施行されますか?

A:新しい再認定ポリシーは、2020年2月24日から施行されます。


Q:ある程度の再認定クレジットを取得している場合、新しい再認定ポリシーが有効になる2020年2月24日に取得したクレジットを失いますか?

A:いいえ、取得したクレジットを失うことはありません。 それは新しいポリシーの下でご自身の再認定に適用されます。


Q:CCIEの資格停止期間ステータスはどうなりますか?

A:CCIEの資格停止期間は、2020年2月24日に終了します。2020年2月24日の時点で、資格停止期間の場合、資格停止期間が終了するまで、ご自身の認定は有効と見なされます。 資格停止期間を超えても認定を継続するには、新たなCCIEの再認定要件を満たさなければなりません。 例えば、資格停止期間ステータスが2020年4月10日に終了する場合、ご自身のCCIEステータスは2020年2月24日にアクティブになり、2020年4月10日に期限切れとなります。


Q:継続教育はDevNet認定にも適用されますか?

A:新しい認定については、2020年2月24日に利用可能になった際、詳細が明らかになります。


Transition

Q:現在、CCNA、スペシャリスト認定、CCNP、またはCCIEのために学習している人々はどうなりますか?

A:シスコは、あらゆる段階で移行をされる方々のサポートをします。私たちは、あなたのいる場所から達成したい場所に到達するお手伝いをする計画があります。 学習者が既存のプログラムのもとで認定を受ける、または強化された新しいプログラムのもとで学習し認定を受けることを可能にするため、8か月のリードタイムがあります。 2019年6月以降、新規および更新されたトレーニングコースが開始される予定です。これは、主要なテクノロジー分野における重要性の幅と深さを表します。 新しい認定試験は、2020年2月24日に利用可能になります。専用のツールとリソースは、あなたの移行をナビゲートします。 認定資格の移行方法に関する具体的な情報については、特定の認定資格のトラックページをご覧ください。


Q:現在の試験の有効期限が切れるまでに、CCNA、スペシャリスト認定、CCNP、またはCCIEを完了するためにどのくらいの期間がありますか?

A:学習者が既存の認定プログラムの元で認定を受ける、または強化された新しいプログラムのもとで学習し認定を受けることを可能にするため8か月のリードタイムがあります。2019年6月以降に、新しく更新されたトレーニングコースが公開される予定です。これは、主要なテクノロジー分野における重要なスキルの幅と深さを表します。 新しい認定試験は2020年2月24日に利用可能になります。


Q:私は試験のために学習している最中、またはCCNA、CCNPまたはCCIEに向けて2つの試験のうち最初の試験を完了したばかりです。 私の移行計画はどうのようになりますか?

A:シスコは、あらゆる段階で移行をされる方々のサポートをします。私たちは、あなたのいる場所から達成したい場所に到達するお手伝いをする計画があります。 学習者が既存のプログラムのもとで認定を受ける、または強化された新しいプログラムのもとで学習し、認定を受けることを可能にするため、8か月のリードタイムがあります。 2019年6月以降、新規および更新されたトレーニングコースが開始される予定です。これは、主要なテクノロジー分野における重要性の幅と深さを表します。 新しい認定試験は、2020年2月24日に利用可能になります。専用のツールとリソースは、あなたの移行をナビゲートします。 認定資格の移行方法に関する具体的な情報については、特定の認定資格のトラックページをご覧ください。


Q:現在のシスコ認定が2020年2月に別の認定に移行した場合、新しい認定を受けることができますか?

A:はい、2020年2月24日に有効な認定を取得している場合は、対応する最新の認定が付与されます。 たとえば、2020年2月24日にアクティブなCCNA Routing and Switchingをお持ちの場合は、CCNA認定が付与されます。 更新された認定が付与されても、再認定期限は変更されません。


Q:終了する試験が新しい試験に対応しない場合、どうすればいいですか?

A:新しいフレームワークでは、2つの特定の試験が1つの試験にマッピングされる場合があります。 すでに受験した試験の単位を取得するには、8か月の移行期間内に2つ目のリタイアする試験を完了することをお勧めします。 たとえば、あなたが現在CCENTをお持ちの場合、2つ目の試験を受験しCCNAを認定されるまで、8ヶ月猶予があります。


原文(英語)はこちらをご参照ください
Training and Certification Frequently Asked Questions (FAQs) 


(Special Thanks! ラーニングサービス本部 熊田祐子、ベンダーアライアンス 松下涼子・渡邉真裕子、マーケティング 長山晴美)

石田 桃子(いしだももこ)

石田 桃子(いしだももこ)

トレノケート株式会社、ベンダーアライアンスリード。 Cisco Learning Partner Organizationで約7年Learning Partner Channel Managerをした後、トレノケートでベンダーアライアンスチームを担当。

   

ネットワーク に関する記事

全8件中 1〜 5件を表示

人気記事

人材育成専門企業トレノケート【公式ブログ】
© Trainocate Japan, Ltd. All Right Reserved. 2008-2018