catch-img

CCNA Routing and Switching (CCNA R&S) 資格取得までの流れ

2020年2月24日より、シスコ技術者認定の体系が変更となります。
詳しくは、こちらのまとめ をご覧ください。

※本記事は現在(変更前)の認定に関する情報となります


CCNA R&S とは

CCNA (Cisco Certified Network Associate)

CCNAはシスコ技術者認定資格の1つで、Cisco Certified Network Associate の略です。4段階ある認定レベルのうち、2番目のアソシエイトレベルにあたります。
有効期限は3年です。

  1. エントリー(CCENT: Cisco Certified Entry Networking Technician)
  2. アソシエイト(CCNA: Cisco Certified Network Associate)
  3. プロフェッショナル(CCNP: Cisco Certified Network Professional)
  4. エキスパート(CCIE: Cisco Certified Internetwork Expert)

CCNA R&S

そのCCNAの中でも、もっともメジャーなのが R&S (Routing and Switching) です。トレノケートで実施しているCCNAの資格対応研修は、AWSやPMPと並ぶ人気コースです。

(参考1) 月間人気コースランキング
(参考2) ​​​​​​​Cisco認定資格の全体像 


名前の通り、試験ではルーティングやスイッチングに関しての知識が問われます。
この資格を持っていることで、LAN、WAN、TCP/IPの基礎的な知識はもちろん、1つ以上のルータ、スイッチ、WAN接続を含む小規模 ネットワーク、基本的なセキュリティ対策などの知識を証明できます。また、中規模の事業所ネットワークを実現するためのネットワークの導入、運用、トラブルシューティングなどの知識を証明できるものになっています。



取得方法は2パターン

通常、資格取得というと対応する試験を受けて…というイメージですが、CCNA R&Sは対応する試験が1つではありません。分割して着実にステップアップするか、1回で済ませるか、選ぶことができます。


パターン1: 分割して受験 (おすすめ)

1つ目は、試験が 「100-105J ICND1」と「200-105J ICND2」の2つに分かれているパターンです。
まずICND1に合格すると、エントリーレベルの資格であるCCENTの資格を取得できます。その後、ICND2に合格することで、CCNAの資格取得となります。

2回に分けて受験する必要がありますが、その分出題範囲がそれぞれの試験で限定されるため、試験対策がしやすいというメリットがあります


パターン2: いきなりCCNAに挑戦する

もう1つは、1回の試験で資格取得を目指すパターンです。「200-125J CCNA」の試験に合格すれば、そのままCCNAの資格取得となります。

こちらは受験が1回で済むので手間は少ないですが、出題範囲が広くなります。また、受験料の合計は ICND1 + ICND2 のパターンと変わりません。
1度で受かる自身がある方向けのルートと言えるでしょう。


それぞれのパターンまとめ

というわけで、CCNAの取得には試験の受け方が2種類あります。受験料の合計に差はありません。

2つの試験 ICND1(100-105)+ICND2(200-105) を順に受験
 メリット:出題範囲が各試験で限定される。ICND2に落ちても、CCENTの資格は残る
 デメリット:2回受験する必要がある

1つの試験 CCNA(200-125) を受験
メリット:一回の受験で済む
デメリット:出題範囲が広い。CCENTの資格は手に入らない


    受験パターン別 対応研修

    短期間で効率よく進めたい場合や、業務では経験が偏ってしまう場合は、演習を通して実務的な知識・スキルを体系的に修得できる資格対策コースの受講がおすすめです。


      パターン1.分割して受験

      ICND1(100-105) CCNA BOOT CAMP前編 ~ICND1v3.0 CCENT対応~
      ICND2(200-105) CCNA BOOT CAMP後編 ~ICND2v3.0対応~[ICND2(200-105)]

      パターン2.いきなりCCNAに挑戦

      CCNA(200-125) CCNA BOOT CAMP前編 ~ICND1v3.0 CCENT対応~[試験なし]
              CCNA BOOT CAMP後編 ~ICND2v3.0対応~[試験なし]


       [ CCNA Routing & Switching 試験対策コースの資料をダウンロード ] 


      トレノケートのCCNA BOOT CAMP(R) 4つの特徴

      資格の取得で終わらず、実務に活かせるスキルや知識を身に着けていただきたい!という想いのもと、演習や確認用の問題集にも力を入れています。テストセンター機能も提供しているので、受講した場所で試験に臨むこともできます。

      1. 1人1アカウントで豊富な実機演習
      2. 毎日の朝テストで理解度アップ
      3. 実践的な問題集
      4. 講義終了後、そのまま試験を受験可能

      トレノケートは日本で唯一のシスコのプラチナラーニングパートナー。また、Learning Partner of the Year APJ やインストラクターアワードも受賞するなど、研修品質に定評をいただいています。

      長山 晴美 (ながやま はるみ)

      長山 晴美 (ながやま はるみ)

      トレノケート株式会社マーケティング部。前職の半導体メーカーでパートナー向けのマーケティングを担当する中で、人材の育成・教育の重要性に気付き現職へ。甘党で猫派。

         

      ネットワーク に関する記事

      全8件中 1〜 5件を表示

      人気記事

      人材育成専門企業トレノケート【公式ブログ】
      © Trainocate Japan, Ltd. All Right Reserved. 2008-2018