Original

Active Directory マイグレーション:アップグレード手順【Windows移行特集3】

この記事は2014年6月10日に作成されました。

 

前回はActive Directoryのアップグレードの概要を紹介しました。今回は、具体的な手順を見ていきましょう。

 

Windows移行特集記事一覧

【1】 Windowsのマイグレーションと言えば

【2】 Active Directoryマイグレーション:アップグレード準備

【3】 Active Directory マイグレーション:アップグレード手順

【4】 Active Directory マイグレーション:ADMT

【5】 ユーザー・グループの移行

【6】 サーバー役割の移行

 

 

アップグレードの手順

Active Directory ドメインをアップグレードする手順は、次の図のとおりです。

 

フォレストとドメインの準備

OSのバージョンアップにともない、Active Directoryも様々な変更が加えられています。そのため、既存ドメインで、新しいOSバージョンのドメインコントローラーを昇格する場合、フォレストとドメインで新しいOSに合わせた準備が必要です。


準備には、「Active Directory 準備ツール(Active Directory Preparation Tool:ADPREP.exe)」を使用します。ADPREPコマンドは、Windows Server のインストールメディアにある、\SUPPORT\ADPREP フォルダーに含まれています。


なお、インストールメディアは、追加するドメインコントローラー(つまり新しいOS)のものを使う点に注意が必要です。

 

また、Windows Server 2012からADPREPは自動的に実行されるため、明示的に実行する必要がありません。

 

新しいドメインコントローラーの昇格

新しいサーバーをドメインコントローラーにすることを、「昇格」といいます。昇格するには、新しいサーバーで、Active Directoryのインストールウィザードを実行し、ドメインコントローラーとして構成します。


Windows Server 2008 R2までは「DCPROMO.exe」でActive Directoryのインストールウィザードを起動できましたが、Windows Server 2012 以降ではエラーになります(応答ファイルを指定した無人インストールはWindows Server 2012でも利用可能です)。

 

 

操作マスターの転送

ドメインコントローラーは、どのサーバーでもActive Directory の情報を変更できる、マルチマスター構成です。ただし、一部の情報はマルチマスターでは制御が困難なため、特定のドメインコントローラーがシングルマスターとなり制御しています。シングルマスターの役割を持つドメインコントローラーを、「操作マスター」と呼び、以下の5つがあります。


フォレストで1つ

  • スキーママスター ... Active Directory スキーマを管理
  • ドメイン名前付けマスター ... ドメインの追加・削除を管理

 

各ドメインで1つ

  • RIDマスター ... ユーザー作成時のID割り当ての管理
  • PDCエミュレーター ... パスワード更新処理や時刻同期のマスターを担当
  • インフラストラクチャーマスター ... 他ドメインのメンバー情報を保持

 

操作マスターの変更を「転送」といいます。操作マスター役割となっている古いドメインコントローラーを降格する場合、役割は他のドメインコントローラーに自動的転送されますが、転送先は指定できません。そのため、あらかじめ管理者が転送しておくべきです。


転送には「Active Directory ユーザーとコンピューター」のようなGUIツールや、「NTDSUTIL」コマンドを使用します。

 

 

グローバルカタログの構成

グローバルカタログとは、フォレスト全体の情報(の一部)をまとめたデータで、フォレスト全体での検索などで使用します。このデータを持つドメインコントローラーを「グローバルカタログサーバー」と呼びます。


グローバルカタログサーバーはドメインコントローラー昇格時に構成できます。また、昇格後は「Active Directory サイトとサービス」などを使用して構成できます。


シングルドメインの場合、すべてのドメインコントローラーをグローバルカタログサーバーとして構成します。

 

 

旧ドメインコントローラーの降格

不要になったドメインコントローラーを、メンバーサーバーにすることを「降格」といいます。

 

古いドメインコントローラーがWindows Server 2003 であれば、「DCPROMO」コマンドを実行すると降格できます。


サーバーそのものを廃棄するのであれば、メンバーサーバーからスタンドアロンサーバーに変更し、ネットワークから切り離します。その後、Active Directory ドメインに残っているコンピューターアカウントを削除します。


以上でアップグレードは完了です。

 

 

Top image Designed by Freepik

No image

多田 博一(ただ ひろかず)

トレノケート株式会社 / ラーニングサービス本部

   

Active Directory に関する記事

人気記事

人材育成専門企業トレノケート【公式ブログ】
© Trainocate Japan, Ltd. All Right Reserved. 2008-2018