catch-img

【PMP(R)試験改定(2020年7月→2021年1月)】新しい出題範囲と試験問題とは

 

目次[非表示]

  1. 1. PMP(R)試験の内容が大幅変更
    1. 1.1. 出題範囲が、5ドメインから3ドメインへ
    2. 1.2. アジャイル型・ハイブリッド型アプローチ 50%
    3. 1.3. 改定後の新問題とは
      1. 1.3.1. ドメイン:People
      2. 1.3.2. ドメイン:Process
      3. 1.3.3. ドメイン:Business Environment
  2. 2. PMP(R)合格への道
    1. 2.1. PMP(R) 資格取得対応コース
    2. 2.2. PMP(R)試験対策問題集

PMP(R)試験の内容が大幅変更

プロジェクト・マネジャーの国際資格であるPMP(R)。PMP(R)の認定試験の内容が2021年1月2020年7月1日に改定されます。(コロナウイルスの影響で2020年7月から2021年1月に延期)

 

詳しくは次のPMIのサイトでご確認ください。

新型コロナウィルス感染拡大による PMI認定試験関連の対応について

PMI Coronavirus (COVID-19) Update

 

2019年5月に認定試験内容の改定は2019年12月と発表されましたが、2020年7月に延期されました。今回のコロナウイルスの影響を受けて再度2021年1月に延期されました。

 

現在の認定試験は、PMBOK(R)ガイド第6版と PMI(R)が提示する2015年6月版の Examination Content Outline に沿ったもので、現行内容での試験は 2020年12月31日 2020年6月30日が最終日の予定です。

2021年1月から2019年6月に発表されたExamination Content Outline とPMBOK(R)ガイド第6版に準拠した内容に変更されます。準拠するPMBOK(R)ガイドの版数は変更になりませんが、Examination Content Outlineが変わるため、出題内容が大きく変わることが予想されます。

改定前に受験、合格を目指されることをおすすめします。

 

出題範囲が、5ドメインから3ドメインへ

2019年6月に発表されたExamination Content Outlineでは大幅に変更され、出題範囲が5つのドメインから3つのドメイン構成となります。

 

現在の出題範囲と割合
ドメイン          
割合
I. Initiating (立ち上げ)

13%

II. Planning(計画)

24%

III. Executing(実行)
31%
IV. Monitoring and Controlling (監視とコントロール)
25%
V. Closing (終結)

7%

 

改定後 

 

2020年7月改定後の出題範囲と割合
ドメイン                    
割合
I. People(人)
42%
II. Process (プロセス)
50%
III. Business Environment (ビジネス環境)
8%

 

アジャイル型・ハイブリッド型アプローチ 50%

ドメインの変更だけでなく、出題される内容も上記3ドメインで、予測型プロジェクトマネジメント・アプローチ 50%、アジャイル型・ハイブリッド型アプローチ 50%となります。

ウォーターフォール型の経験しかない方にとっては、一層難しい試験 となります。

 

改定後の新問題とは

2019 PMP® Exam Content Crossover Map v1* がリリースされました。これは、2019版Examination Content Outlineを2015版のものと対応付けた表です。この表の中から、新試験で新たに作成される項目のいくつかを下記に紹介します。これまでの試験問題になかったものが、かなり作成される予定です。

*現在は2020 PMP® Exam Content Crossover Map v1に変わっています。

 

ドメイン:People

  • サーバントリーダーシップ
  • トレーニングの成果を測定する
  • チームと知識移転を維持する
  •  感情的知性(EQ)を応用して、チームのパフォーマンスを向上させる

 

ドメイン:Process

  •  プロジェクトの方法論やアプローチを推奨する(例えば、予測型、アジャイル、ハイブリッド)
  •  プロジェクトのライフサイクル全体を通して反復型、増分型の実務慣行を使用する(例えば、教訓、ステークホルダ・エンゲージメント、リスク)

 

ドメイン:Business Environment

  • コンプライアンス・カテゴリを分類する
  • コンプライアンスに対する潜在的な脅威を決定する
  •  組織の文化を評価する
  • プロジェクトが組織に与える影響を評価し、必要なアクションを決定する

 

PMP(R)合格への道

PMP(R) 資格取得対応コース

トレノケートでは、PMP® 資格取得対応コース「PMP(R) BOOT CAMP」を2002年(PMBO(R) ガイド97年版)より提供しています。PMP(R) BOOT CAMPは、前編(3日間)・後編(2日間)で効率よく35時間の受験前提事前学習時間を確保し、資格取得を支援します。

改定前に受験、合格を目指されるならば 、自主学習時間も考慮すると、 できるだけ早めにご受講 いただくことをおすすめします。

PMBOK(R)ガイドに記載されている事項が非常に多いため、プロジェクト・マネジャーの経験がある方でも、 少なくとも100時間以上の自主学習 が必要と言われています。

PMP(R) BOOT CAMP(前編) ~PMBOK(R)Guide第6版 知識習得~

PMP(R) BOOT CAMP(後編) <前編テキストなし> ~PMBOK(R)Guide第6版 練習問題&模擬試験~

PMP(R) BOOT CAMP(後編) <前編テキスト付き> ~PMBOK(R)Guide第6版 練習問題&模擬試験~

 

受験申請などPMP(R)資格取得については、「PMP®資格取得を目指す方へ」をご覧ください。

 

PMP(R)試験対策問題集

PMP(R)試験対策問題集は、このPMP(R)資格試験にチャレンジする方を対象に、効率的に試験準備を行うための自主学習教材です。 5つのプロセス群+プロフェッショナルの責任の全分野から、選び抜かれた500問が入っています。本教材作成には、研修を担当する講師(PMP®有資格者)があたっています。誤りやすい点、覚えにくい点など、受験者が陥りやすいポイントなども解説しています。

[ASP]PMP(R)試験対策問題集 PMBOK(R)Guide第6版対応 (スマホ対応版)

▼試験問題集の一部を公開中

【PMP®試験問題 第6版対応】

トレノケート公式ブログ 編集部

人材育成・スキルアップに役立つ情報をお届けします。

無料ダウンロード

オススメコンテンツ

オススメ記事

プロジェクトマネジメント PMP AWS ビジネススキル Microsoft PMBOKⓇ 田中淳子 IT資格 人材育成 山下光洋 AMA Azure コミュニケーション 人材開発用語集 PMBOK®ガイド入門 クラウド ITスキル 新入社員 横山哲也 人材育成応援ラジオ DX re:Invent セキュリティ PMP試験問題に挑戦 Cisco PMBOKⓇガイド 第6版 試験体験記 AI(人工知能) イベント・セミナー PMBOK®ガイド第6版の変更点 人材開発 CCIE CCNA DX人材育成 テレワーク ネットワーク リモートワーク 研修 GCP PMP(R)試験問題 第6版対応 PMP合格体験記 Windows Server AI人材 AWS_Q&A Active Directory IT人材 IT資格解説 アセスメント キャリア デジタルビジネス ヒューマンスキル リーダーシップ 人気コースランキング 大喜利 部下の育成 PMの心得 グローバル人材 新入社員研修といえば 生成AI IoT OJT reinvent2022 リスキリング CCNP Security Windows PowerShell クリエイティビティ プログラミング 人材トレンド PMP試験対策一問一答 コーチング プロジェクト プロトタイプビルダー 試験対策問題 1on1 AWS_DiscoveryDay AWSトレーニングイベント GCP無料セミナー Google Cloud Google Cloud Platform G検定 ITインフラ oVice アワード クリティカルシンキング サンプル問題 ステークホルダー ダイバーシティ ディープラーニング ワーケーション 自律 試験Tips Linux PMI Power Platform Python Teams Web会議 cybozudays jawsdays2024