成果をあげるための4つの必須能力

AMAの調査結果

2017年にリリースした米国AMAの調査結果*によると、ビジネスで成果を上げるには、次の4つの分野の能力を強化することです。これらは、あらゆる企業で職種、職位に関わらず必須能力となります。

  • Professional Effectiveness
  • Relationship Management
  • Analytical Intelligence
  • Business Acumen


* グローバル展開をしている企業の11,624人の従業員に対してオンライン調査したもの

では、具体的にどのようなスキルが必要なのかを紹介していきます。


Professional Effectiveness

自己管理でき、目標達成のために他者と協働できる能力

  • コミュニケーション
  • 時間管理
  • 適応力
  • コンフリクトマネジメント
  • EQ(心の知能指数)
  • プレゼンテーションスキル

Relationship Management

リーダーシップを発揮して、社内外の関係者に影響を与えて目標を達成する能力

  • 関係構築
  • チームビルディング
  • 協働力
  • 委任
  • 影響力
  • パフォーマンス管理
  • コーチング

Analytical Intelligence

クリティカルシンキング、分析力や洞察力

  • クリティカルシンキング
  • 分析力
  • 戦略思考
  • 問題解決力
  • イノベーション

Business Acumen

ビジネス感覚、財務やマーケティングなどの知識、プロジェクト管理能力

  • 顧客指向
  • 財務・会計
  • タレントマネジメント
  • 戦略立案
  • プロジェクト管理

どの分野が足りない?

「私は、どの分野も足りないのか」と思われた方におすすめするのが、無料セルフ・アセスメントです。

無料アセスメント

米国AMAでは、無料アセスメント(英語)を提供しています。4分野における強みや課題を把握することができます。回答時間約15分。

https://www.amanet.org/organizations/ama-skill-assessment.aspx


AMAの研修コース

トレノケートでは、上記各分野を強化する研修コースを用意しています。

AMAの研修コース一覧はこちら

PR

PR

トレノケート株式会社 / ラーニングサービス本部 PR担当

   

オススメコンテンツ

 

人気記事

人材育成専門企業トレノケート【公式ブログ】
© Trainocate Japan, Ltd. All Right Reserved. 2008-2018