Original

【人材開発用語集】アサーション(Assertion)、アサーティブ(Assertive)

人材開発に関する用語をトレノケートの講師がわかりやすく解説します。

人材開発用語集はこちら

アサーション(Assertion)、アサーティブ(Assertive)

自分の言いたいこと、たとえば、考えや気持ちなどを正直に相手に伝えようとする態度全般を指す。言いたいことを言い過ぎるのでもなく、言わずに我慢するのでもなく、相手に配慮はするが、誠実に伝えることを心掛ける。

アサーションを実現している態度をアサーティブと言い、誰もが「アサーティブ」になる権利がある。言いたいことを言い過ぎる態度「アグレッシブ」と、我慢して言わない「ノンアサーティブ」の中間に位置づけられるのが「アサーティブ」である。


コラム

金曜夜、同僚から突然飲みに誘われたとしましょう。自分は数日前から「金曜夜は、買ったばかりの映画DVDを見るんだ!」とずっと楽しみしていたため、飲みの誘いは断りたいと思っています。同僚の誘いに対する表現には3通りが考えられます。

  1. 「今日は予定があるからダメ―。急に誘われたって行かれるわけないでしょう?」
  2. 「あ、ずいぶん急だね。・・・あ、そうか、〇〇さんや××さんも一緒なのか。・・え?用事があるわけでもないんだけど、そうか・・・。じゃ、ちょっとだけ行こうかな」
  3. 「誘ってくれてありがとう。でも、今日は、一人でDVDを見ようと何日も前から楽しみにしていたから、まっすぐ帰宅するわ。ぜひまた誘ってね」

1は「アグレッシブ」、2が「ノンアサーティブ」です。アサーティブな表現をしているのは、3です。


文責:田中淳子/国家資格キャリアコンサルタント


関連コース


【PDU対象】効果的コミュニケーション・スキル ~より良い対人関係を構築するための聴き方、話し方~

【PDU対象】アサーティブコミュニケーション

   

人材開発用語集

人材開発に関する用語をトレノケートの講師が解説します

人気記事

人材育成専門企業トレノケート【公式ブログ】
© Trainocate Japan, Ltd. All Right Reserved. 2008-2018