Original

【人材開発用語集】ARCSモデル(アークスモデル)

人材開発に関する用語をトレノケートの講師がわかりやすく解説します。

人材開発用語集はこちら

ARCSモデル(アークスモデル)


ジョン・ケラーが提唱する「学習の動機づけモデル」。
A: Attention(注意喚起)
R: Relevance(関連づけ)
C: Confidence(自信)
S: Satisfaction(満足)

の頭文字をつなげてARCSである。


この4つのキーワードを盛り込んだ活動が学習の中に組み込まれると、学習者は動機づけされると言う。このモデルは、講師など指導側が活用するだけではなく、学習者自身が自らの学習効果を高めるためにも活用することで学習効果が上がるとされている。


コラム

社内の勉強会の講師を担当することになった人材開発担当者Cさんは、習ったばかりの「ARCSモデル」をさっそく使ってみることにしました。
投影資料の冒頭で音声付の動画を見せてみたのです。これは、本部長からの心温まる激励メッセージを収録したものでした。

勉強会に本部長からのメッセージが届くとは、参加者にとってサプライズだったようで、会場がざわつき、参加者は笑顔になりました。
「本部長の音声動画」に「おや、何かあるぞ」と思い(Attention)、「本部長のメッセージ」から「仕事に意義あることを学ぶのだ」と関連を感じる(Relevance)という効果があったようです。


文責:田中淳子/国家資格キャリアコンサルタント

関連コース


人材開発の基礎知識(Off-JT編) ~理論に基づき、効果的な研修を企画・運営する~

魅力ある研修や教材作りのノウハウ ~インストラクショナルデザインを使って効果的・効率的・魅力的な研修を設計する~



   

人材開発用語集

人材開発に関する用語をトレノケートの講師が解説します

人気記事

人材育成専門企業トレノケート【公式ブログ】
© Trainocate Japan, Ltd. All Right Reserved. 2008-2018