Original

【PMP®合格体験記】第1回:PMP®試験に挑戦!

皆さん、はじめまして。私は、プロジェクトマネジメントのコースを担当している講師です。これから10回に渡り、【PMP®合格体験記】を連載させて頂きます。最後までお付き合い頂ければ幸いです。

 

目次

  1. 【PMP®合格体験記】筆者経歴
  2. PMP®合格攻略のポイント
  3. PMP®用語解説

 

 

【PMP®合格体験記】筆者経歴

グローバルナレッジ入社前

まず簡単に私の経歴をお話ししておきますと、社会に出てから、ずっとIT関連の仕事をしてきました。事業会社の社内SEをしていたこともありますし、システム・インテグレーターで働いていたこともあります。このままずっとITの世界で働いていくのだろうな・・・と思っていたのですが、縁あってグローバルナレッジに転職し、講師として働くことになりました。

 

採用面接で言われたこと

採用面接の時、現在の上司から「プロジェクトマネジメントの講師をするには、PMP®資格が必須です。まずは勉強して資格を取得してください。」と言われました。

 

動揺している素振りは見せませんでしたが(多分見せていないはず)、内心ちょっとドギマギしました。PMP®という資格の存在はもちろん知っていましたが、試験の内容や難易度については、きちんと把握していなかったからです。しかしもう後には引けません。大学受験以来の緊張感、追い込まれ感、で受験勉強に突入です。

 

グローバルナレッジ入社後

 

入社初日の5月頭にブラザーから(弊社ではOJTを担当する先輩社員を「ブラザー」と呼びます)、私の育成スケジュールが渡されました。

 

PMP®合格のマイルストーンが、8/15に設定されていました。終戦記念日ですね。入社から約3ヶ月、この日が私のグローバルナレッジ在籍における終戦記念日となりませんように・・・(続く)

 

続きはこちら≫ 【PMP®合格体験記】第2回:PMP®試験勉強スタート

 

 

PMP®合格攻略のポイント

わたしが、入社後3か月で試験合格できたのには訳があります。

 

PMP®受験対策コース「PMP(R) BOOT CAMP(前編) ~PMBOK(R)Guide第5版 知識習得~)」を受講し、講師の詳しい解説と演習問題を通じ、苦手分野を克服することができたことが大きな要因でした。(私の場合、「監視・コントロール・プロセス群」が苦手でした。)

 

コース受講後に、自主学習を行い、3ヶ月という短期間で合格することができました。

 

 

PMP®用語解説

記事中のPMP®用語を解説します。

PMP®

Project Management Professionalの略。

米国のPMI®(Project Management Institute)により認定される資格。

受験申請を行うに当たっては、以下2つの要件を両方満たす必要があります。

 

  1. 一定時間のプロジェクトマネジメント経験があること。必要な時間数は最終学歴により異なる。
  2. プロジェクトマネジメントに関する教育を35時間以上受講していること。

 

上記を満たしていたら、PMI®のホームページから受験申請を行い、承認されると受験資格を得ることができます。

 

試験では、全200問を4時間以内に回答します。問題は全て四者択一です。受験を完了すると、すぐにその場で結果を確認することができます。

 

 

マイルストーン

プロジェクトにおいて重要な意味を持つ時点やイベントのこと。守ることが任意の場合と必須の場合がある。

・・・私のPMP®資格取得のマイルストーンは、「守ることが必須」でした・・・

 

 

 

続きはこちら≫ 【PMP®合格体験記】第2回:PMP®試験勉強スタート

 

 

 

No image

横山 昇(よこやま のぼる)

トレノケート株式会社 / ラーニングサービス本部

   

PMP®合格体験記

人気記事

Banner image by Freepik

人材育成専門企業トレノケート【公式ブログ】
© Trainocate Japan, Ltd. All Right Reserved. 2008-2018

この内容で送信します。よろしいですか?