Original

【PMBOK®ガイド第6版の変更点】第6回:リスク・マネジメント知識エリア

【PMBOK®ガイド第6版の変更点】では、2017年9月にリリースされたPMBOK®ガイド第6版と第5版との主な変更点を数回にわたり紹介していきます。

 

 

プロジェクトの全体のリスク

PMBOK®ガイド第6版では、個別リスクだけでなく、「プロジェクトの全体のリスク」にも取り組むことを強く推奨しています。この「プロジェクトの全体のリスク」は、第6版で新たに登場した概念で、次の様に定義しています。

 

プロジェクト全体としての不確実性の影響。プロジェクト結果の変動に内在するリスクにステークホルダーがさらされることを表し、プラスとマイナスの両方の個別リスクを含む不確実性のすべての要因から発生する。

PMBOK®ガイド第6版 用語集

 

個別のリスクに取組むだけでは対処できない全体的な不確実性も考えよということのようです。「プロジェクトの目的に曖昧なところがある」「プロジェクトの目的のステークホルダー間の合意が不安定である」といったような不確実性がはいるのでしょうか。確かに、個別リスクとして特定できるリスクだけを考えていたのでは、気づかないところかもしれません。

 

 

リスク対応戦略の変更点

リスク対応戦略にも追加があります。

 

エスカレーションが追加

第5版ではマイナスのリスク対応戦略は回避、軽減、転嫁、受容でしたが、第6版ではエスカレーション(他の組織や上司に報告する)が追加されました。プロジェクトのスコープ外であったり、プロジェクト・マネジャーの権限を越えたりするリスクは、組織の関連する人や部署に渡す必要があるということです。

 

非事象リスク

非事象リスクという用語も登場しました。「生産性が目標を外れる」といったように、何か事件が起きたというのとは違うリスクです。

 

第6版での新しい考え方を導入するとリスク・マネジメントのレベルが一段と向上するのではないかと思います。

 

 

Top image Designed by Freepik

中村 正明(なかむら まさあき)

中村 正明(なかむら まさあき)

トレノケート株式会社 / ラーニングサービス本部

   

PMBOK®ガイド第6版の変更点

【PMBOK®ガイド第6版の変更点】第4回:追加されたプロセス「プロジェクト知識のマネジメント」

PMBOK®ガイド第6版で追加されたプロセスのうち、「プロジェクト知識のマネジメント」について解説。

【PMBOK®ガイド第6版の変更点】第14回:各知識エリアにおける傾向と新たな実務慣行

PMBOK®ガイド第6版10の知識エリアの解説にある「傾向と新たな実務慣行」の一部をご紹介します。

【PMBOK®ガイド第6版の変更点】第13回:新たに登場した「ツールと技法」7つ(その2)

PMBOK®ガイド第6版で新たに登場した「ツールと技法」7つをピックアップ、後編です。

【PMBOK®ガイド第6版の変更点】第12回:新たに登場した「ツールと技法」7つ(その1)

PMBOK®ガイド第6版で新たに登場した「ツールと技法」7つをピックアップ。

【PMBOK®ガイド第6版の変更点】第11回:プロジェクト・マネジャーの影響

PMBOK®ガイド第6版第3章の「プロジェクト・マネジャーの役割」について解説。

【PMBOK®ガイド第6版の変更点】第10回:チーム憲章

PMBOK®ガイド第6版で追加になったプロジェクト文書の構成文書のひとつ、「チーム憲章」について解説。

【PMBOK®ガイド第6版の変更点】第9回:ツールと技法のグループ分け

PMBOK®ガイド第6版で変更があったITO図について解説。

【PMBOK®ガイド第6版の変更点】第8回:アーンド・スケジュール

PMBOK®ガイド第6版で追加になったES(アーンド・スケジュール)について解説。

【PMBOK®ガイド第6版の変更点】第7回:資源マネジメント知識エリア

PMBOK®ガイド第6版で変更になった「資源マネジメント知識エリア」について解説。

【PMBOK®ガイド第6版の変更点】第6回:リスク・マネジメント知識エリア

PMBOK®ガイド第6版で新たに登場した概念「プロジェクトの全体のリスク」について解説。

人気記事

Banner image by Freepik

人材育成専門企業トレノケート【公式ブログ】
© Trainocate Japan, Ltd. All Right Reserved. 2008-2018