catch-img

淡路島にWFR(Work From Resortいわゆるワーケーション)に行ってきました

こんにちは!ラーニングサービス部テクニカルトレーニング1部の山下です。
大阪の緊急事態宣言も終了しましたので、徳島県美波町~淡路島ルートでリモートワーク旅をいたしました。
このブログでは、淡路島での二日間を紹介します。


ホテル & リゾーツ 南淡路

宿泊はホテル&リゾーツ南淡路でした。

  【公式】ホテル&リゾーツ 南淡路|兵庫・淡路島のリゾートホテル ホテル&リゾーツ 南淡路(旧:南淡路ロイヤルホテル)は、兵庫県、うずしお観光の地、淡路島、南あわじ市にあるリゾートホテルです。ゆったりとした広めのお部屋と温泉露天風呂、季節のお料理、そして心からのおもてなしで皆様をお迎えいたします。 Hotel & Resorts MINAMIAWAJI

私が訪れたときはまだ準備中でしたが、2021年4月頃のオープンに向けて、コワーキングスペースの準備が進められていました。
ご担当の方と少しお話をしましたが、なんとDIYでご準備を進められているということで、ワーケーション向けの取り組みをがっつりされているようでした。
次の機会では利用したいと思います!

チェックインまではティーラウンジすいせんで仕事をしました。
右奥に見えるのが鳴門大橋です。
大きな窓とすごく天井が高いティーラウンジですので、開放感の中のびのびと仕事することができました。
いくつか企画をまとめているとこでしたので、そのために同僚とoViceで会話したり、企画書の内容を詰めたりしていました。

そしてチェックインです。
さすがリゾートホテルです。
ビジネスホテルとは違います。
広いです。
そしてオーシャンビューです。
畳スペースがありましたので、そこで座布団に座って仕事をしていました。

時々バルコニーに出て、鳴門海峡を眺めながら、目を癒やして、リフレッシュして仕事にかかりました。

18時頃に日の入りでした。
ちょうど窓から見える先にサンセットが拡がっていて、日の入りを感じながら仕事を終わらせていきました。
企画書も一通り書けましたしよかったよかったです。

大浴場で露天風呂とサウナを3セット堪能してととのった後は、ホテル内の居酒屋レストランうず潮で晩ごはんです。
淡路島といえば玉ねぎということで玉ねぎサラダに、鯛しゃぶ、蛸の天ぷらと海と山の名産をいただきました。

淡路島でワーケーション

翌日は鳴門岬で淡路島バーガーを食べながら車で仕事してました。
わりと天井が高めの車に最近買い替えたので、車さえあればわりとどこでも快適に仕事ができます。
充電ケーブルも完備してますので、MacもWiFiの充電も切れることがありません。

ちょっと移動して海沿いの道の駅で、お昼の情報交換ミーティングに参加しました。
oViceで参加するライトなミーティングで、ほんと立ち話感覚なんですが、自分は海が見える場所にいるというなんとも不思議な感覚です。


  あわじクラフトサーカス 兵庫県淡路島で開催中のシーサイドマーケット&レストラン。世界各国の雑貨を販売する国際蚤の市「グローバルマーケット」と、淡路島食材グルメのオーシャンビューレストラン。日本夕陽100選に選ばれたおしゃれなリゾート空間です。 あわじクラフトサーカス


あわじクラフトサーカスに移動して、巨大なハンバーガーを食べながら、夕方の会議の準備です。
会議自体は車の中から参加して、ちょっとしたプレゼンをしました。
無事会社に伝えたいことを伝え終わってすっきりしました。
このあと仕事を終えて、無事大阪の自宅に帰宅しました。

今回の旅で使用したツール

  • oVice
  • Zoom
  • Microsoft Teams
  • メールなど
  oVice 「オヴィス」 - コミュニケーションを促進するバーチャル空間 oVice(オヴィス)はオンラインでのコミュニケーション不足を解消できるバーチャル空間です。アバターを使いオンライン画面上で自由に動いて話しかけられるため、バーチャルオフィスやオンラインイベント会場、コワーキングスペースとして利用することができます。 oVice

oViceは気軽に立ち話でもしているように雑談や挨拶ができるサービスです。
試験的に特定の同僚と試しているところですが、主にコワーキングスペースからの景色や、ホテルからの景色を同僚に自慢していました。

1on1ミーティングや情報交換ミーティングなどライトなミーティングは今回oViceで行いました。
画面共有やテキストチャットでのURL共有もできますので基本問題ありません。

会議はZoomで行われていましたので参加しました。
iPadも持ち歩いていましたので、iPadアプリで参加しました。

働く場所を選ばない、便利な世の中になったものです。

山下 光洋(やました みつひろ)

山下 光洋(やました みつひろ)

トレノケート株式会社 講師。AWS Authorized Instructor Champion / AWS認定インストラクター(AAI) / AWS 認定ソリューションアーキテクト - プロフェッショナル /AWS認定DevOpsエンジニア - プロフェッショナル / AWS 認定デベロッパー - アソシエイト / AWS 認定 SysOps アドミニストレーター - アソシエイト / AWS 認定クラウドプラクティショナー / kintone認定 カスタマイズスペシャリスト他。AWS認定インストラクターとしてAWS認定コースを実施。毎年1,500名以上に受講いただいている。AWS 認定インストラクターアワード2018, 2019を日本で唯一受賞。著書『AWSではじめるLinux入門ガイド』(マイナビ出版社)。共著書『AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー』(SBクリエイティブ社)。前職では2016年にAWS Summitにパネラーとして参加。その前はLotus Technical Award 2009 for Best Architectとして表彰されている。また、各コミュニティの運営にも個人的に関わり、勉強会にてスピーカーや参加をしている。

© Trainocate Japan, Ltd. 2008-2021