catch-img

ChatGPT-4の使い方は?登録方法や活用できる業務例とともに注意点を紹介

近年、生成AIへの注目が高まっており、中でもChatGPT の活用が進んでいます。個人で使うことはもちろん、大手企業が導入に踏み切っていることからビジネスシーンで見かける機会が増加すると考えられます。
今回は ChatGPT の中でも有料版であるChatGPT-4について解説します。登録方法や業務で活かせるシーンを紹介するため、自社の業務効率化にお役立てください。

※当記事の内容は2024年3月時点のものです。 

 

ChatGPT とは

ChatGPTは人工知能を利用したチャットサービスです。ChatGPTではユーザからの指示(プロンプト)を受け、AIが自動的に回答を生成します。たとえば、ChatGPTに「日本の歴代総理大臣を教えてください」とメッセージを送ると、数秒後に歴代の総理大臣の一覧が表示されます。このように自分の知りたい情報を瞬時に受け取れるのがChatGPTの特徴です。

日本語への対応あり

ChatGPTの公式サイトにアクセスするとすべて英語で記載されていることから「日本向けのサービスではないのかな?」と考える方もいるかもしれません。   しかし、ChatGPTの機能においては日本語にも対応しているため、英語がわからなくても問題ありません。

実際にChatGPTを使い、指示(プロンプト)を入力する際は日本語で入力し、日本語での回答が得られます。

有料プランが設定されている

ChatGPTは3.5と4のバージョンがあり、ChatGPT-3.5が無料プランでChatGPT‐4は有料プランです。今回紹介するChatGPT-4は月額20ドルで利用可能です。なお有料プランは自然言語処理能力が格段に高いため、ビジネスでの活用が適しています。

ChatGPT-3.5との違い  

下記にチャットChatGPT-3.5と4の違いを紹介します。
※2024年3月時点の内容です。

ChatGPT-3.5 ChatGPT-4
料金は無料 料金は有料(月額20ドル)
拡張機能なし プラグイン複数あり
アクセス速度は通常 アクセス速度は優先されるため速い

 

ChatGPT-4の登録から使い方の流れ

ここではChatGPT-4の登録から実際に使うまでの流れを4つのステップで解説します。

 

1.アカウントへの登録とログイン

まずはChatGPTを提供している Open AI Webページからアカウント登録を行います。Webサイトに飛ぶと「Try ChatGPT」の文言があるため、ボタンをクリックして登録に進みます。

ページが切り替わりサインアップをクリックすると登録するためのEメールアドレスを求められ、ログイン方法は複数のプラットフォームから選択可能です。既に使用しているものがある場合はそちらを使用すると利便性が高まります。

 

2.ChatGPT Plusの申込みを行う

ChatGPTへの登録が済んだら、次に ChatGPT-4を使うために「ChatGPT Plus」の申し込みを行います。こちらは有料プランになり、20ドルの月額費用がかかります。なお、ChatGPT Plusの登録にはクレジットカードが必要です。企業の場合、経理や財務の担当者との連携が欠かせません。決済が完了した後はContinueをクリックすると申し込みが完了します。

 

3.利用前にモデルの切り替えをする

ChatGPT Plusへの登録後はChatGPT‐4への切り替えが必要です。登録直後はChatGPT-3.5が使われているため、右にあるタブのChatGPT‐4をクリックします。ここまで済ませると登録は完了です。

4.プロンプトを入力する

登録が済んだらプロンプトに聞きたい内容を入力していきます。ここからは従来のChatGPTと使い方が変わらないため、使い慣れている場合はそのまま作業を進められます。

 

ChatGPT-4ができる5つのこと

ここではChatGPT-4にできる5つのことを紹介します。一部、ChatGPT-3.5でも可能ですが、ChatGPT-4ではより高い精度でのタスクの実行が可能となっています。
 

文章の校正作業

ChatGPT-4では自分が書いた文章の添削が可能です。自分で文章を作成する場合、主観が入っていたり表現が独特で相手にとって読みにくい文章であったりします。しかし、ChatGPT-4を使うことで、癖のない文章の生成が可能です。
文章の添削はChatGPT-3.5でも可能ですがChatGPT-4になると精度が上がるため実用性が高まります。

文章の要約・リライト

ChatGPT-4では文章の要約や修正も可能です。たとえば、自分が知らないことについて概要を理解したい場合「〇〇について500字以内で教えてください」と指示を出すと自分が知りたい情報を返してもらえます。
全く知らない用語や事象を調べようと思うとどこから手をつけていいかわからなくなります。しかし、ChatGP-T4を使うと自分で調べる手間を省きながら全体を把握しやすくなります。  

 

手書きメモからテキストを生成

ChatGPT-4では画像の認識が可能です。そのため、自分でメモ帳に書いた内容をOCR機能(光学的文字認識)を用いて読み取ります。 読み取った文章はそのままメールやドキュメントに使えるため時間を短縮することが可能です。

 

高度な質問や複雑な質問への対応

ChatGPT-4ではそれまでのChatGPT-3.5よりも自然言語処理能力が向上していることから、回答精度が高まっています。 
質問をより正確に理解し、文脈をふまえた洗練された回答を返したり、複雑な質問へ対応することも可能です。 

 

自動コーディング

ChatGPT-4では文章を入力するだけでWebサイトの作成も可能です。たとえば、「ペットショップのホームページを作ってください」とメッセージを送信するとHTMLとCSS、Javascriptを用いてホームページのコーディングを行ってくれます。
プログラミング言語にも対応しているため、ご自身の目的に応じて、色々と試してみると活用の幅が広がるのではないでしょうか。

 

ChatGPT-4利用時の注意点  

ここからはChatGPTご利用時の注意点を紹介します。非常に便利なツールですが取り扱いを間違えるとトラブルのきっかけになりかねないため、情報の管理やセキュリティ対策が大切です。

正しい情報とは限らない

ChatGPT-4は従来モデルと比較し、精度が向上していますが、提供される情報すべてが正しいとは限りません。ChatGPT-4が学習するフィールドにはさまざまな情報が溢れており、誤った情報も紛れている可能性があります。そのためChatGPT-4が誤って情報を取得した場合、真実でないことを回答される可能性があります。ChatGPT-4を使って出したコンテンツは一次情報をたどり、事実確認が必要です。

 

情報漏洩のリスク

ChatGPT-4を使用する際はセキュリティ対策が欠かせません。ChatGPT-4でやりとりされるデータはクラウド上に保管されています。そのため、どれだけセキュリティ対策を講じても情報が漏れる可能性はゼロではありません。企業規模で使用する場合、機密情報を入力してしまうと情報漏洩のリスクが考えられます。

また、個人情報を入力するとプライバシーを侵害する可能性もあります。まだまだChatGPT-4をはじめとした生成AIは企業の利活用を意識した体制が整っていないため、各社でセキュリティー対策が必要です。どのような対策を行えばいいか悩む場合は研修を受けたりセミナーに参加したりと学習の機会を設けるのがおすすめです。

 

まとめ

ChatGPT-4を始めとしたツールの活用は事前にITリテラシーを高めたりセキュリティの危機感を理解したりすることが大切です。理解を深めるには個々の取り組みはもちろん、企業規模で外部の研修ソリューションの活用がおすすめです。

トレノケートでは生成AIの導入を検討する企業向けに、豊富な研修ソリューションをご用意しております。自社のDXや業務効率化を図りたい場合はぜひ一度、ご相談ください。

 

ChatGPTで学ぶ生成AIビジネス活用 ~仕事の生産性を高めるAIチャット入門~

この研修では、最新のAI技術、ChatGPTという新しいAIツールを上手に使えるようになるためのものです。話題のChatGPTが初めての方や、もっと活用したいと考える方にピッタリです。
「ChatGPTをどう始めたらいいのか?」、「使ってみたが、思ったような答えが出てこない」、「これをどうやって仕事に使うのか?」などの疑問を解消します。ChatGPTの概要から、基本の使い方、そして、使い方のコツや具体的なビジネスでの活用方法まで、丁寧にお伝えします。この研修を受けることで、ChatGPTを仕事の強い味方に変えることができます。あなたの仕事の生産性を高める新たな一歩を、この研修から始めましょう。

 

ビジネスパーソンのためのITリテラシー入門 ~ITパスポート試験対応~

ITパスポート試験のシラバス6.0に沿って、ストラテジ(経営戦略、マーケティング、財務、法務など)の知識、プロジェクトマネジメントの知識、IT(セキュリティ、ネットワークなど)の知識など幅広い分野の総合的知識を学習します。デジタルリテラシーとして習得すべきポイントや、自己学習では賄いきれない範囲をコンパクトにまとめてご説明します。また、単元ごとに練習問題を取り入れ、学びを整理しつつ進めていきます。

 

トレノケートのAI研修

トレノケートでは上記の他にも生成AIの基礎知識習得のための研修・eラーニングをご用意しています。


1日で学ぶプロンプトエンジニアリング

AIに対する「質問」や「指示」の仕方、すなわち「プロンプトエンジニアリング」を講義と演習を通して、基本から応用までを学ぶことを目的としています。対話型生成AIサービスの応答精度を高める方法や、ビジネス適用を検討する際にどのようにプロンプトエンジニアリングを活用できるかを学ぶことが出来ます。


【eラーニング】生成AI早わかり~ChatGPTとその他の生成AIサービスの概要~

ChatGPTに代表されるような生成AIの概要とビジネスへの利用方法を初学者に分かりやすく解説します。

 

トレノケートのAI研修ラインアップはこちらから

トレノケート公式ブログ 編集部

人材育成・スキルアップに役立つ情報をお届けします。

無料ダウンロード

オススメコンテンツ

オススメ記事

プロジェクトマネジメント PMP AWS ビジネススキル Microsoft PMBOKⓇ 田中淳子 IT資格 人材育成 山下光洋 AMA Azure コミュニケーション 人材開発用語集 PMBOK®ガイド入門 クラウド ITスキル 新入社員 横山哲也 人材育成応援ラジオ DX re:Invent セキュリティ PMP試験問題に挑戦 AI(人工知能) Cisco PMBOKⓇガイド 第6版 試験体験記 イベント・セミナー PMBOK®ガイド第6版の変更点 人材開発 CCIE CCNA AI人材 DX人材育成 テレワーク ネットワーク リモートワーク 研修 GCP PMP(R)試験問題 第6版対応 PMP合格体験記 Windows Server 生成AI AWS_Q&A Active Directory IT人材 IT資格解説 アセスメント キャリア デジタルビジネス ヒューマンスキル リーダーシップ 人気コースランキング 大喜利 部下の育成 PMの心得 グローバル人材 新入社員研修といえば IoT OJT reinvent2022 リスキリング CCNP Security Windows PowerShell クリエイティビティ プログラミング 人材トレンド PMP試験対策一問一答 コーチング プロジェクト プロトタイプビルダー 試験対策問題 1on1 AWS_DiscoveryDay AWSトレーニングイベント GCP無料セミナー Google Cloud Google Cloud Platform G検定 ITインフラ oVice アワード クリティカルシンキング サンプル問題 ステークホルダー ダイバーシティ ディープラーニング ワーケーション 自律 試験Tips Linux PMI Power Platform Python Teams Web会議 cybozudays jawsdays2024