Original

日本ディープラーニング 協会が認定しているE資格(エンジニア資格)って知っていますか?

皆さん、はじめまして!

株式会社キカガクの祖父江と申します。

弊社ではビジネス現場にAIを正しく導入できる人材の育成を目指し、AIに関する基礎数学から、機械学習のプログラミング実装まで、実践的なAI技術習得を目的としたセミナー事業を展開しており、私は講師を担当しております。

さて、本日は、JDLA(日本ディープラーニング協会)が認定しているE資格について紹介していきます。ディープラーニングってなに?E資格とは?という方はぜひご覧ください。


ディープラーニングってなに?

ディープラーニングとは何なのでしょうか。直訳すると、「深い学習」といいますが言葉だけでは何のことかまったくわかりませんね。

端的に説明をさせていただきますと、人間が自然に行うタスクをコンピュータに学習させる機械学習の手法のひとつです。

人工知能(AI)の急速な発展を支える技術であり、その進歩によって画像認識や自然言語処理の分野で力を発揮しています。近年開発の進んでいる自動運転においてもカギを握っています。


E資格とは?

JDLA(日本ディープラーニング 協会)というディープラーニングを中心とする技術による日本の産業競争力の向上を目指す組織があり、そのJDLAが独自に認定する資格のうちのひとつをE資格(エンジニアリング)といいます。

E資格の目的は、ディープラーニングの理論を理解し、適切な手法を選択し実装する能力を持つ人材を育成することです。


今、業界ではデータサイエンティストや機械学習エンジニアとよばれる職業が増えてきており、そのひとの技量や能力を正確に見分けるのが容易ではなくなってきている中で、E資格という目に見える資格を手にすることはディープラーニング 業界の中での大きな基準になると思います。これからAIのムーブメントがこのまま大きくなっていけば、準国家資格のような位置付けになることも期待できるかもしれません


どうすれば、E資格が取れるの?

では、受けたい方であれば誰でも受けられるのでしょうか?
答えは「いいえ」です。E資格には受験資格が存在しており、定められた受験資格を満たした方だけが受験することができます。

その受験資格の要件は、JDLA認定プログラム(*)を修了していることです。
認定プログラムでは、E資格を取得するために必要なディープラーニングを実装するプログラミングの技術や線形代数、確率・統計などの応用数学の講座が準備されています。

現在は7つの講座が認定されており、どの講座を受講しても受験資格を得ることができますので、ぜひ自分にあった講座を受講してみてください。


*JDLA認定プログラムとは、『高等教育機関や民間事業者が提供する教育プログラムで、JDLAが別途定める基準およびシラバスを満たすもの』とされています。


おまけ

株式会社キカガクが開催しているセミナーの中でも、もっとも人気のあるディープラーニングハンズオンセミナーはJDLA認定プログラムに認定されております。

3日間のハンズオン形式で、東京、大阪、名古屋、福岡で定期的に実施しており、大変多くの方々から高い評価をいただいております。また、こちらのオフライン講座にプラスしてE資格のシラバスに沿ったオンライン補講動画を視聴していただくことで、E資格の受験資格を手にすることもできます。

講座では、ディープラーニングのフレームワークであるChainerやKerasを使用し、初学者の方でも理解できるような講義資料を作成しており、キカガク独自の手書きで数学の理論をおさえると同時に、徹底的なプログラミングで実践力を学んでいくという充実の講義内容を教育に熱い想いを持った講師陣が対応いたしますので勉強を始めたばかりの方も安心して受講してください。


本日は最後まで記事をお読みいただき誠にありがとうございました。


(参考リンク)
*JDLA認定プログラム一覧
*キカガクセミナー

合わせて読みたいAI資格関連記事

  【G検定に挑戦】AI研修講師による合格体験記&アドバイス AI研修担当のトレノケート講師がG検定合格に向けて実際に取り組んだ試験対策や、アドバイスなどをご紹介します。 トレノケート公式ブログ


  数学0点の文系ノンITママがG検定に合格するまで 文系ノンITのマーケティング部社員が知識ゼロからG検定に合格するまで。仕事と育児の合間にコツコツ取り組んだ勉強法、G検定の勉強におすすめの書籍、G検定試験当日の様子、G検定の難易度などについて記しています。 トレノケート公式ブログ


祖父江 誠人(そふえ まこと)

祖父江 誠人(そふえ まこと)

株式会社キカガク セミナー事業部/講師/ディープラーニングを中心としたAI技術をプログラミング・手書き数学の両面から講義を行う「ディープラーニングハンズオンセミナー」を担当

   

オススメコンテンツ

 

人気記事

人材育成専門企業トレノケート【公式ブログ】
© Trainocate Japan, Ltd. All Right Reserved. 2008-2018