catch-img

AZ-900とAWS認定クラウドプラクティショナー試験の傾向と対策

クラウド業界の二大巨頭であるAzureとAWSは、サービスの全体をカバーする基礎的な認定資格試験を提供しています。業界トップ2のサービス概要を知ることは、IT業界に身を置くものの「たしなみ」です。今回、トレノケートのクラウド担当講師の横山が、実際に2つの試験を同時受験した経験を踏まえ、両試験の傾向と対策について紹介します。


目次[非表示]

  1. 1.基礎試験の重要性
  2. 2.Microsoft Certified Azure Fundamentals
  3. 3.AWS 認定クラウドプラクティショナー
  4. 4.AZ-900とAWS認定クラウドプラクティショナー、2つの試験を同時に受けて
  5. 5.終わりに
  6. 6.トレノケートのクラウド人材育成トレーニングはこちら
  7. 7.合わせて読みたいAzure & AWS試験関連記事


基礎試験の重要性

クラウドサービスの良いところは、出来合いのサービスを組み合わせることで、簡単に、確実に、素早く目的のシステムを構築できることです。そのためには、各社がどのようなサービスを提供しているかを知っておく必要があります。

また、どの程度のサービスレベルが提供され、どういう構成にすれば期待するサービスレベルを満たせるのかも理解しておく必要があります。
たとえば、AzureもAWSも単一の仮想マシンで99.99%の稼働率を保証することはありません。
必ず2台以上で構成する必要があります。

技術的に詳細な設計に入る前に大ざっぱな構成を考えることは、システムを構築する技術者だけでなく予算を管理する部門やマネージャーも知っておくべきです。
そこで、Azureは「Microsoft Certified Azure Fundamentals」(外部リンク)という資格を提供し、AWSは「AWS 認定クラウドプラクティショナー」(外部リンク)という資格を提供しています。いずれも1科目の認定試験に合格することで、資格が認定されます。


Microsoft Certified Azure Fundamentals

Microsoft Certified Azure Fundamentalsは「AZ-900:Microsoft Azure Fundamentals」試験(外部リンク)に合格することで認定されます。 全44問が出題され、制限時間は60分、700点以上で合格でしたが、このあたりは変更される可能性があります。

全体の難易度はそれほど高くありませんが、契約の種類やサポートメニューなども知っておく必要があるため、通常の技術研修ではあまり扱わない知識も必要となります。
※もちろん、試験対応コース「Microsoft Azure 基礎(AZ-900T01)」 ではすべて扱っています。
 
こちらの試験を受けた時、私は普段Azureの研修を担当しているので「これ落ちたら格好悪いなあ」と思いつつ、「でも、契約の種類とかサポートメニューとか知らないし」などと落ちたときの言い訳を考えていました。もっとも、これは完全に言い訳で、実際にはAzureを提案するとき、従量課金を使うのかエンタープライズアグリーメント(EA)を契約するのかといったことはある程度知っておく必要がありますし、サポートの種類も知っておく必要があります。
 
幸い、940点という高得点で合格できてほっとしています(合格ライン700点)。
技術分野は満点だったのですが、サポート周りで減点されたようです。


AWS 認定クラウドプラクティショナー

IT業界に身を置くものとしては、AWSとAzureの基礎は「たしなみ」のようなものです。そこで、AZ-900と位置付けも出題範囲も似ているAWS認定試験「AWS 認定クラウドプラクティショナー」も同時に受験することにしました。

AWSは、「AWS Technical Essentials 1」と「AWS Technical Essentials 2」に相当する教育コースを受講していますし、普段からAWSのことはある程度勉強しているのですが、
念のため同僚が書いた書籍「AWS認定資格試験テキスト AWS認定 クラウドプラクティショナー」(外部リンク)を読みました。結果として、この本は非常に役立ちました。
AWSのサービスは本当に種類が多い上、ネーミングが独特で覚え切れていないものがたくさんありました。書籍の本文を読んで章末問題を解くことで、知識の漏れをなくせました。

実際に受験してみると、難易度はAzureのAZ-900と同程度でしたが、問題数も制限時間もAzureの1.5倍程度で、正直疲れました。
AWSの試験は、受験直後には得点が分かりません。数日後に得られた結果は846点(合格ライン700点、最高1000点)なので、まずまずのところでしょう。前述の書籍を読んでいなかったら700点ぎりぎりくらいだったと思います。
AWSの試験はセクションごとの具体的な得点率は通知されませんが、すべて「十分な知識を有する」という判定だったので、知識の偏りもなかったようです。

実は「AWS 認定クラウドプラクティショナー」はそう難しくないと聞いていたので、正直ここまで勉強しなくてもいいかと思っていたのですが、結構難しく感じました。油断しなくて良かったと思います。




AZ-900とAWS認定クラウドプラクティショナー、2つの試験を同時に受けて

今回、2つの試験を同時に受けて良かったことと悪かったことがあります。

まず良かった点について。
現在、マイクロソフトの認定試験とAWSの認定試験は同じ会場(ピアソンVUE社)で受験できます。試験提供ベンダーが違うので、連続受験はできないのですが、試験センターの人が気を利かせて時間を融通してくれました。おかげで、ほとんど待つことなく連続して受験できました。ただし、これは試験センターごとに扱いが違う可能性があります。

また、両試験はいずれも「クラウドコンピューティング」全般の内容を含むため、共通の内容があります。同時に勉強すれば効率が良いでしょう。
もっとも、私自身はこのあたりの勉強を改めてする必要性は感じませんでした(クラウドの研修を担当して5年ですから、これは当然です)。

私自身が勉強になったのは、両サービスの違いを整理することができた点です。
たとえば、AzureにもAWSにも「可用性ゾーン(AZ)」という概念がありますが、仕様が微妙に違います。
今回受験した試験範囲では、そこまで深いことは問われませんが、ついでに勉強できたのは良かったと思います。


悪かった点としては、AzureとAWSで似たようなサービスに違う名前がついているため、記憶が混乱することです。
別の会社のサービスですから当然ですが、非常に紛らわしいのは確かです。サポートメニューも同様で、どのレベルでどんなサービスが提供されるのかは結構混乱しました。
そして、何よりAWSのサービスの種類が多いこと。非IT部門からIT部門に異動してきた人が「略語や専門用語が多い」と嘆いていらっしゃる気持ちが少し分かりました。


終わりに

2つの試験を同時に受けるのは良い点と悪い点があるので、必ずしもおすすめできるものではありません。
しかし、AzureとAWSはパブリッククラウドのトップ2なので、両方の知識はあって損はないでしょう。

最近は、お客様も良く勉強されているので、基本的なサービスくらいは知っておかないとスムーズな会話ができないかもしれません。

仕事ではAzureまたはAWSのどちらかしか使わない人でも、今回紹介した基礎資格は、AzureとAWSの両方の取得を強くおすすめします。

トレノケートのクラウド人材育成トレーニングはこちら

合わせて読みたいAzure & AWS試験関連記事

  AZ-900:Microsoft Azure Fundamentalsに合格した営業部社員の試験対策・アドバイス AZ-900:Microsoft Azure Fundamentals試験に合格し、「Microsoft Certified Azure Fundamentals」を取得したトレノケート営業部社員による合格体験記です。試験対策内容、アドバイスをご紹介します。 トレノケート公式ブログ


  Microsoft Azure「新資格」についてまとめました 新しいMicrosoft認定資格体系が発表されました。 本ブログでは、 「Application & Infrastructure」資格と、対応コースについて説明します。 この分野では、主にAzure関連のスキルが修得できます。 トレノケート公式ブログ



  「AWS 認定クラウドプラクティショナー」資格のサンプル問題を解いてみよう AWS 認定クラウドプラクティショナーのサンプル問題を翻訳して解説しています トレノケート公式ブログ



  【AWS認定クラウドプラクティショナー】資格取得体験談&アドバイス AWS認定クラウドプラクティショナーを保有しているトレノケート社員より、資格取得に向けて実際に取り組んだ試験対策や、大変だったこと、アドバイスなどを紹介します。 トレノケート公式ブログ



横山 哲也(よこやま てつや)

横山 哲也(よこやま てつや)

トレノケート株式会社 講師。Microsoft Certified Trainer/Microsoft Certified Azure Fundamentals/MCSE:Microsoft Certified Solutions Expert: Cloud Platform and Infrastructure (Charter Member)/MCSA:Microsoft Certified Solutions Associate: Windows Server 2016/Microsoft MVP: Cloud and Datacenter Management(2003年-2018年)/AWS 認定クラウドプラクティショナー。1994年から現在まで、Windows Serverの全てのバージョンでコースを担当。2005年からはサーバー仮想化、2014年からMicrosoft Azure関連コースを担当。現在は、AzureとWindows Server 2016を中心に教育コースを実施しているほか、新規コースの企画・開発も担当している。 2003年から2018年まで16年連続でMicrosoft MVPを受賞した。趣味は写真、好きなサービスは「Active Directoryドメインサービス」、好きなアイドルは「まなみのりさ」。

   

オススメコンテンツ

 

人気記事

人材育成専門企業トレノケート【公式ブログ】
© Trainocate Japan, Ltd. All Right Reserved. 2008-2019