catch-img

海外のラーニングテクノロジー動向ナナメ読み

こんにちは。マーケティングの長山です。
最近色々なところでIT化が進んでいますね。学習・研修分野でも例にもれず、テクノロジーを利用して、研修の形態も進化していきそうです。今後の動きを知るために海外の情報を探ってみました。

 

Training Industry

参照したメディアは、Training Industry というサイトです。その名の通りトレーニングやラーニングに関するニュースやコラム、リサーチなどの情報が掲載されています。アメリカの会社なのでそちらの情報が多いでしょうか。

ラーニング関連の情報やコラムが大量に読むことができるサイトではあるのですが、いかんせん英語のため全部チェックしているとそれだけで日が暮れてしまいます。

そんなわけで、ざっとナナメ読みしてトレンドだけ拾っていきたいと思います。
今回のテーマは「企業研修まわりの技術動向」。丁度良く、ばっちりのカテゴリーがありました。

https://trainingindustry.com/learning-technologies

 

さて、こちらは上記のページのとある日のスクリーンショットです。ここから、世界での(正確にはほぼアメリカの)傾向を調べていきたいと思います。

40

1ページ目に表示されている22件の記事がどのようなトピックを扱っていたか、内訳を数えてみました。複数投稿があったジャンルは下記の4つです。

  • Virtual (バーチャル) - 6
  • Gamification (ゲーミフィケーション) - 3
  • Social (ソーシャル) - 2
  • AI (人工知能) – 2


これはかなり、バーチャルなトレーニングが来そうな雰囲気ですね。

 

Virtual な Training / Learning とはどういうこと?

では、Virtualなトレーニングについて、具体的にどのような記事が掲載されていたのか見ていきます。

まず、Virtual関連の6件の記事タイトルがこちら

  1. 3 Ways Virtual Reality Training Is Producing Better Outcomes
  2. Presagis and Epic Games Join Forces to Provide New Capabilities to the Simulation Industry
  3. Virtual Reality and Gamification: A Blend for Better Learning Outcomes and Performance
  4. A unique software launch to breathe new life into virtual training
  5. Is Your Organization Ready for the Future of Virtual Training?
  6. The Past, Present and Future of Distance Learning

※2と4は新サービスなどの発表に関するニュースなので割愛します。


1. VRトレーニングがより良い成果を出すための3つの方法
なぜVRが研修に効果を発揮するのかのまとめです。主に、「理解度の向上」「感情を高めることで長く記憶される」「コストダウンになる」といったことが述べられています。

3. VRとゲーミフィケーション:組み合わせて学習のより良い成果とパフォーマンスを
VRとゲーミフィケーションをうまく組み合わせるとトレーニングの効率を向上できるとのこと。ゲーミフィケーションとは、ゲームの要素を取り入れることで達成意欲やモチベーションを向上させる手法のことです。ラジオ体操のハンコも、ある意味ゲーミフィケーションかもしれませんね。
この組み合わせは、特に、新入社員研修、安全性、行動規範に関する研修に有効とのことです。

5. あなたの組織は将来のバーチャルトレーニングに備えられていますか?
VRではなくて、eラーニングを含めた「バーチャルな環境」でのトレーニング全般についての記事です。チャットなどのツール、モバイルなど様々な形態のデバイスをうまく組み合わせ、教師と学習者がリモートでコラボレーションしていくことが今後増えてくるといった内容です。

6. 遠距離での学習の過去・現在・未来
遠距離での教育・学習メソッドの変遷について語られています。
過去はTV番組などオーディオ情報の配信からはじまり、ITの発達した現在はLMSやゲーミフィケーション、ソーシャル、そして将来はVRと変わっていく流れになっているようです。

 

まとめ

記事執筆時のタイミングでは、Learning Technologyの中でVirtualが盛り上がっている様子です。
また、掲載されている記事を総括すると、Virtual Training (またはVirtual Learning)は、

  • 基本的にVR(もしくはAR)を活用した学習を指す
  • 近い将来、企業の研修への導入が見込まれる
  • 様々な状況を現実に近い形でシミュレーションできる点が魅力

といった特徴があるようです。

HR Tech や EdTech など、人材界隈でのテクノロジー利用はこれからますます進みそうですね!

 

>> Trainocate Advent Calendar 2018 に戻る

長山 晴美 (ながやま はるみ)

トレノケート株式会社マーケティング戦略部。前職の半導体メーカーでパートナー向けのマーケティングを担当する中で、人材の育成・教育の重要性に気付き現職へ。甘党で猫派。

無料ダウンロード

オススメコンテンツ

オススメ記事

プロジェクトマネジメント PMP AWS ビジネススキル Microsoft PMBOKⓇ 田中淳子 IT資格 人材育成 山下光洋 AMA Azure コミュニケーション 人材開発用語集 PMBOK®ガイド入門 クラウド ITスキル 新入社員 横山哲也 人材育成応援ラジオ DX re:Invent セキュリティ PMP試験問題に挑戦 Cisco PMBOKⓇガイド 第6版 試験体験記 AI(人工知能) イベント・セミナー PMBOK®ガイド第6版の変更点 人材開発 CCIE CCNA DX人材育成 テレワーク ネットワーク リモートワーク 研修 GCP PMP(R)試験問題 第6版対応 PMP合格体験記 Windows Server AI人材 AWS_Q&A Active Directory IT人材 IT資格解説 アセスメント キャリア デジタルビジネス ヒューマンスキル リーダーシップ 人気コースランキング 大喜利 部下の育成 PMの心得 グローバル人材 新入社員研修といえば 生成AI IoT OJT reinvent2022 リスキリング CCNP Security Windows PowerShell クリエイティビティ プログラミング 人材トレンド PMP試験対策一問一答 コーチング プロジェクト プロトタイプビルダー 試験対策問題 1on1 AWS_DiscoveryDay AWSトレーニングイベント GCP無料セミナー Google Cloud Google Cloud Platform G検定 ITインフラ oVice アワード クリティカルシンキング サンプル問題 ステークホルダー ダイバーシティ ディープラーニング ワーケーション 自律 試験Tips Linux PMI Power Platform Python Teams Web会議 cybozudays jawsdays2024