catch-img

リスキリングは何を学べばいい?おすすめの内容を紹介

急速に変化する社会の流れについていくためには、技術やスキルの学び直しが必要です。本記事では、リスキリングで学ぶ要素や具体的なスキル、学習方法まで紹介します。

リスキリングは仕事と並行して進めていく必要があるため、効率の良い学習方法を見つけることが大切です。

リスキリングでは何を学ぶ?3つの要素

リスキリングとは、将来発生するビジネスモデルの変化や技術革新に対応するために、業務で必要となる新しい知識やスキルを身に付けることを指します。リスキリングで具体的にどのようなことを学べばよいか分からない方も多いかと思います。こちらでは、リスキリングで学ぶ内容を決める3つの要素をDX人材・グローバル人材・リーダーに分けて見ていきましょう。

DX人材として活躍できる要素

今後社会ではITやデジタル技術の発展によりビジネスモデルが大きく変革していくと考えられます。そのため、企業はデータやデジタル技術を活用できるDX人材の確保が欠かせません。
DX人材として活躍するためにリスキリングで学ぶべき内容は、コンピュータやネットワーク、通信、情報、セキュリティに関連することなど多岐にわたります。今後、少子高齢化社会が進んでいくと労働人口の不足が発生します。そのようなときでも最新のデジタル技術を利用して事業を推進していくためには、リスキリングを行い、DX人材を育成しておく必要があります。

グローバルに活躍できる要素

近年、国内市場の縮小傾向を受けて日本企業は、より高い経済成長が見込まれる海外進出を目指す必要が出てきています。海外への進出で必要となるのがグローバルに活躍できる人材です。また、インターネットの普及により世界間の距離は急速に縮まりつつあります。グローバルにあるビジネスチャンスをつかむためにも、リスキリングによるグローバル人材の育成が大切です。

グローバルに活躍するために必要なスキルは英語力です。海外進出を果たし、販路や事業を世界中に拡大していくためには英語の活用が欠かせません。また、合わせておさえておきたいのは各国の商習慣や文化・風土に関する知識です。

 

リ ーダーとして企業を牽引できる要素

ビジネスモデルや社会が急速に変化していく現代において、スキルや技術を伸ばすために企業で働く人材のリスキリングも大切ですが、企業の方向性を決めていく経営者や役員などのリーダー層こそ学び直しが必要です。大きく変化していく社会に企業が取り残されることなく事業を拡大・成長させていくためには、経営者自身が時代の流れを把握し必要なスキルを理解することが大切でしょう。

 

経営者がデジタル技術マーケティングに関連するリスキリングを行うことで、企業全体のDXをより効果的に進めていけると考えられます。

 

 

【リスキリング導入】DX人材として活躍できる要素3つを紹介

DX人材の育成においてリスキリングの導入は大きな効果をもたらすと考えられます。
こちらでは、リスキリングによってDX人材を育成するにあたって、どのようなスキルを身に付ければよいかを紹介します。社会は今後も急速に変化していき、企業の業務を効率よく進めるためにはデジタル技術の活用が欠かせないものとなってくるでしょう。

 

ビジネスデザイン・デザイン思考

ビジネスデザインとは、企業が売り出している製品やサービスをビジネスとして成立させるための仕組みを作り上げることです。顧客の課題解決につながる新しいビジネスを生み出すために必要なスキルを指します。ビジネスにおけるデザインとは、企画の立案や設計のことです。

そして、ビジネスデザインに必要なものがデザイン思考です。製品のデザインで用いる思考をビジネスに応用してプランを設計します。ビジネスデザインやデザイン思考は、製品やサービスを利用する顧客のニーズを中心に考える方法です。自社製品を利用する顧客のニーズや課題を知るとともに悩みやニーズに共感することで、顧客が本当に求めている製品を作り出せます。

DXにおいては、DX推進やデジタルビジネスの企画立案や設計において必要なスキルです。ビジネスデザイン・デザイン思考はデジタルビジネスのアイディアを企画レベルに落とし込み、プロデューサーと連携して形にするために必要とされています。

 

生成AIやIoT等の先端技術スキル

リスキリングで学ぶなら生成AIやIoTなどの先端技術や専門知識もおすすめです。自社のDX推進を図るためにはDX人材が必要で、DX人材が業務の効率化のために活用するスキルとして必要なものとして先端技術に関連する技術や知識があります。たとえば、AIやloT、UI、UX、ブロックチェーン、データサイエンスなどです。
企業の成長を助けるためにもリスキリングによる先端技術スキルの向上が欠かせません。

組織の風土改革・体制/制度の整備

DXとは、デジタル技術を活用して企業や事業にイノベーションを起こす取り組みを指します。企業に大きな変革をもたらす取り組みのため、DXを進めるためには組織の風土改革や体制・制度の整備が欠かせません。DX人材として活躍するためには、デジタル技術に対する知見だけではなく、組織の改革を引っ張っていけるリーダーシップも必要です。

DXで新しいサービスや新しいビジネスモデルを作る際、企業で働く人や組織も新しい波に乗らなければ継続的なDXは難しいでしょう。これまでの習慣や伝統が、デジタル技術を活用した変革を妨げてしまう場合もあります。そのため、デジタル技術をスムーズに導入し活用していくためには意識や風土の改革とともに、受けいれる体制整備が欠かせません。


【リスキリング導入】グローバルに活躍できる要素3つを紹介

グローバルに活躍する人材を育成するためにリスキリングを導入する際、具体的にどのようなスキルを身につければよいかを紹介します。こちらでは、語学力・主体性やプレゼンテーション能力・日本文化への造詣の3つの要素を紹介します。

語学力

企業が海外への進出を考えている場合、英語の活用は欠かせないでしょう。仕事で英語を活用するなら自分の考えやプレゼン情報を正しく相手に伝える英語スキルが必要です。また、営業や商談であれば折衝や交渉できる応用力を身に付ける必要もあります。業務を進める上ではリスニング力も欠かせません。多国籍の職場であれば、国によって英語に訛りが発生します。イントネーションや発音が正確ではなくても聞き取れる理解力が重要です。

さらに、英語でメールやレポートを作成する場面も多く発生してくると考えられるため、効率的かつ正確に情報をやり取りするためには英文の読み書きを学ぶ必要もあります。

 

各国の商習慣や文化・風土への理解

グローバル人材として海外で活躍してもらうためには、仕事に関する知識だけではなく、働く国の政治経済や法律、市場特性や国民性、商習慣などを理解する必要があります。各国の商習慣や文化・風土を理解することで、そこで働く人たちの思考や行動を理解しやすくなります。海外の習慣や常識を理解し、その国のニーズやビジネスを展開する能力が必要です。

また、異文化への理解や尊重の姿勢とともに、相手に合わせたコミュニケーションも大切です。常識や交流の特徴を理解して接することで社内の仲間だけではなく商談相手ともスムーズに仕事を進められます。

 

日本文化への造詣

グローバル化が進む中でも、日本人であること、日本人としてのアイデンティティは持ち続ける必要があります。世界中で多様性が主張される中でオリジナリティーが尊重され、日本人として国際社会に貢献することが期待されています。海外の職場で日本について聞かれる場面も多々あるでしょう。職場でのコミュニケーションを円滑に進めるためにも日ごろから自国の文化を学ぶことも大切です。

自国文化を学ぶことで自分でも興味と関心が湧くだけではなく、他国の文化に対して関心と敬意をもって接することができるでしょう。

 

【リスキリング導入】リーダーとして企業を牽引できる要素3つを紹介

ここからは、リスキリングで学びたいスキルをリーダーとなりうる人を対象に紹介します。チームや部署を引っ張っていく必要があるリーダーはマネジメントスキルやコーチングスキル、問題解決能力などの習得が大切です。

マネジメントスキル

マネジメントスキルは管理能力を指します。仕事におけるマネジメントスキルとは物の管理だけではなく人の管理も含まれます。また、組織を管理しまとめることで目的や成果を達成させるまでを指すことが多いようです。

具体的には、進捗やスケジュールを管理するスキル、業務に関連する状況を把握するスキル、適切な目標設定を行いチームに伝えるスキル、業務を遂行するスキルなどが必要です。経営層や管理職だけではなく、幹部候補生やチームリーダーなど将来多くの人を引っ張っていくことを期待されている人材の育成にも欠かせません。

コ ーチングスキル

コーチングスキルとは、人が持っている可能性を引き出すために必要なスキルです。たとえば、部下と面談を行い質問や提案を行いながら相手にリラックスして本音で話してもらえる環境を作り、自主性や問題解決能力、モチベーションなどを向上させるスキルが該当します。

上司が部下とよい関係を構築し、業務においてポテンシャルを最大限引き出してもらうためにもコーチングスキルは欠かせません。経営層や管理職などすでに人を育成する立場にいる人はもちろん、これから新しく管理職に就く人材に必要なスキルといえます。

課題解決能力

課題解決能力では、発生している問題に対して要因や事象の分析、原因の洗い出し、整理などを行います。その後、問題を解消するための解決案を導き出します。課題解決能力とは問題を解決に導くために必要なスキルです。

近年、企業が提供するサービスの多様化が注目を集めています。多くの企業がこれまでのサービスや製品の提供だけではなく、別の分野や業界への展開を進めています。別の分野で成長を続けるためには、問題に対して適切な解決策を立てる必要があります。顧客に選択し続けてもらうためには、潜在的な課題を解決に導く能力が重要です。

 

リスキリングは何を学ぶかだけでなく進め方も重要

リスキリングを実施する際は、何を学ぶかだけではなくどのように学ぶかも大切です。企業に足りない要素が何であるかを明確にし、必要なスキルが分かっても実際に人材がスキルを身に付けられなければ意味がありません。こちらでは、リスキリングによるスキル習得を成功させるために覚えておきたい、勉強の進め方を紹介します。

個人で進める

リスキリングによるスキルの習得は個人でも進められます。何を学ぶかを決めたらまずはスケジュールを立てましょう。資格の取得が必要な場合は、試験日から逆算して学びのスケジュール設定がおすすめです。独学で学ぶ場合は、参考書や問題集などの書籍だけではなく、対面の講座受講、動画での学習、オンライン講座の受講などさまざまな方法があります。自分のライフスタイルや学習の進め方にあった手段を選ぶことが大切です。

企業主体で進める

リスキリングによる人材育成を図る場合、企業がスキル習得の場を設けることも大切です。企業側が支援体制を整えることで、独学よりも継続的かつ早期のスキル獲得が期待できるでしょう。具体的には社内研修を実施したり、外部講師による講座を開設したりなどの方法があります。また、資格取得が必要な場合は企業が受験費用や登録費用を負担します。企業のサポート体制を整えると多くの人材のリスキリングが可能になるでしょう。

 

代表的な学び方3つを紹介

ここからはリスキリングで新しい技術やスキルを学ぶ場合の主な選択肢を3つ紹介します。リスキリングでは通常業務を行いながら勉強を進める必要があるため、自分に合った学習方法を見つけましょう。

eラーニングやオンライン講座の受講

仕事をしながら新しい技術やスキルを身に付けるためには、限られた時間で効率的に学習を進めたいところです。
資格取得の専門学校に通う方法もありますが、移動時間などが気になる場合は、eラーニングやオンライン講座など、自宅から受けられる授業の活用がおすすめです。

研修会への参加

企業が計画した研修会への参加もおすすめです。自分一人では分からないことがあり、つまずいてしまう場合、情報交換ができる研修会が役に立ちます。また、自宅で一人勉強していてもモチベーションが上がらずなかなか捗らないこともあるでしょう。研修会では同じ技術やスキル習得を目指す仲間とともに学べるためモチベーションアップにもつながります。

 

人材育成の専門家へ相談

企業単位でリスキリングによる技術やスキルの習得を目指す場合は、はじめに人材育成の専門家への相談をおすすめします。外部の専門企業に依頼することで、新入社員から経営層まで全階層の人材育成のカバーが可能です。最先端のメソッドやテクノロジーに対応した人材育成を行い、企業の成長をサポートします。

 

まとめ

社会を取り巻く環境が急速に変化していく中、企業が成長していくためにはリスキリングによる人材育成が欠かせません。リスキリングによりDX人材やグローバルに活躍できる人材、リーダーとしてチームを牽引できる人材を育成することで、事業や企業の拡大に役立つでしょう。

企業全体でリスキリングを進めていく場合は、専門家のサポートを受けることも大切です。トレノケートでは、時代の変化に応じた研修方法や内容を用意しており、多様化する人材育成のニーズにお応えします。研修分野はITやビジネス、グローバル人材育成など1,500を超える多様なコースから適切なコースをお選びいただけます。リスキリングを通じて企業の成長を図るためにもぜひ一度ご相談ください。

リスキリング関連研修 事例・研修一覧はこちら

トレノケート公式ブログ 編集部

人材育成・スキルアップに役立つ情報をお届けします。

無料ダウンロード

オススメコンテンツ

オススメ記事

プロジェクトマネジメント PMP AWS ビジネススキル Microsoft PMBOKⓇ 田中淳子 IT資格 人材育成 山下光洋 AMA Azure コミュニケーション 人材開発用語集 PMBOK®ガイド入門 クラウド ITスキル 新入社員 横山哲也 PMP試験問題に挑戦 re:Invent セキュリティ 人材育成応援ラジオ DX Cisco PMBOKⓇガイド 第6版 試験体験記 イベント・セミナー PMBOK®ガイド第6版の変更点 人材開発 CCIE CCNA テレワーク ネットワーク リモートワーク 研修 AI(人工知能) GCP PMP(R)試験問題 第6版対応 PMP合格体験記 Windows Server AWS_Q&A Active Directory IT人材 IT資格解説 アセスメント デジタルビジネス ヒューマンスキル リーダーシップ 人気コースランキング 大喜利 部下の育成 Conversations PMの心得 キャリア グローバル人材 新入社員研修といえば DX人材育成 IoT OJT reinvent2022 CCNP Security Windows PowerShell クリエイティビティ プログラミング リスキリング 人材トレンド 試験対策問題 PMP試験対策一問一答 コーチング プロジェクト プロトタイプビルダー 1on1 AWS_DiscoveryDay AWSトレーニングイベント GCP無料セミナー Google Cloud Google Cloud Platform G検定 ITインフラ oVice アワード クリティカルシンキング サンプル問題 ステークホルダー ダイバーシティ ディープラーニング ワーケーション 自律 試験Tips AI人材 Linux PMI Power Platform Python Teams Web会議 kintone アイデア