catch-img

【PMの心得】プロジェクト・マネジャーは、第三者レビューを活用せよ

「メンバーから報告が上がってこない」「なかなか計画通りに進まない」……
プロジェクトの現場では、このような課題が溢れています。
シリーズ「PMの心得」では、現場で悩みを抱えるプロジェクト・マネジャーの皆様へ、
プロジェクトを成功に導くコツをご紹介します。


第三者の視点

次の引用を読んでください。

自分が選択したこと、自分がやっていること、自分が考えていることの適切さについて第三者的、価値中立的な視点から吟味できないことを僕たちは「頭が悪い」と言います。
(内田樹「困難な成熟」より引用)


第三者の視点から吟味できないことを「頭が悪い」とは、痛烈な言葉です。しかし、プロジェクト・マネジャーは、これができないと「プロジェクトの失敗」に至ります。そして、自分で第三者的に見るだけでなく、本当に第三者に見てもらう必要があります。さらに言えば、プロジェクトの現場には、第三者が見る仕組みが整っていると思います。

有意義な「第三者レビュー」になっているか

ところが、計画書などの第三者レビューを実施しているにもかかわらず、正しく活用されず、失敗を未然に防止できていない事例がしばしば発生します。なぜ活用できないのでしょうか。それはやはり「第三者的、価値中立的な視点から吟味できない」からではないでしょうか。

第三者的に見る必要はないと思っていると、第三者レビューは「余計な」仕事になります。プロジェクトをどんどん進めたいのに、「余計な」第三者レビューをやらされる。「なんとかうまい具合に通過させたい」「指摘をされて修正することになるなんて面倒だ」と考えてしまうと、骨抜きレビューになってしまいます。

レビューを受ける際に心がけたいこと

「私なりに最大限の力を尽くして計画書を作成しました。しかし、見落としや勘違いがあるに違いありません。是非、ご指摘ください。それを通じて最高の計画書に仕上げたいのです。ご協力ください」という姿勢で第三者レビューに臨めば、いろいろ良いアドバイスがもらえることにつながります。プロジェクトの成功のために役立つのです。


レビューする側にも問題があるかもしれません。形式面ばかりにこだわったり、視点が偏っていたりすることもあるでしょう。レビューする際に、レビューの目的を共有して、レビューする側と、される側の協力により良いレビューにしてください。


おすすめコース

【PDU対象】【現場体験型】プログラム・マネジャーのためのプロジェクト・レビュー力

このコースはレビューする側の方向けのコースです。プロジェクト・マネジャーを支援してプロジェクトを成功に導いてもらうための力を身に付けます。レビュー力だけでなく、育成するという視点も学びます。

中村 正明(なかむら まさあき)

中村 正明(なかむら まさあき)

トレノケート株式会社 / ラーニングサービス本部

   

PMP®試験問題 第6版対応

PMの心得

人気記事

Banner image by Freepik
 

人材育成専門企業トレノケート【公式ブログ】
© Trainocate Japan, Ltd. All Right Reserved. 2008-2018