catch-img

JAWS DAYS 2024にトレノケートで参加しました

こんにちは!ラーニングサービス本部トレーニング2部の山下です。
2024/3/2に開催されたJAWS DAYS 2024にトレノケートは企業サポーターとして参加しました!

JAWS DAYS 2024とは

JAWS DAYS 2024はJAWS-UG(AWS User Group - Japan)による全国規模の交流イベントです。
2020年以降はオンラインで開催されていましたが、2019年以来5年ぶりのリアル開催となりました。
リアルの場でこそ感じられる楽しさ、盛り上がりの中でいつもとは違う価値観とふれあいながらAWSを学んだり、ユーザー同士で交流する一日でした。

JAWS DAYS 2024公式サイト

JAWS-UGは日本全国に地域支部や専門支部60以上の支部があるAmazon Web Servicesのユーザーグループです。
現地でリアル開催される勉強会やオンライン勉強会が多数開催されています。
ご都合の良い時間、場所で開催される際にはぜひ参加してみられると良いと思います。
最初は他の人の話を聞くだけでも多くの事例やノウハウを学べますし、体験したことを共有することで情報の整理やより深い理解にもなりますし、他の人の助けにもなります。

JAWS-UG開催予定のイベント

ランチサポーター

トレノケートは企業サポーターのLunchサポーターとして参加しました。

企業サポーターページ

トレノケート紹介ページ

企業サポーターの種類はDiamond、Platinum、Gold、Lunch,Silverがあり、それぞれのサポーター特典がありました。
募集は事前に先着順で行われて、中には募集開始から数秒で埋まってしまうサポーターもあったようです。
Lunchサポーターの特典は、公式サイトでの紹介、現地フラッグなどでのロゴ掲示、代表者の無料招待、ノベルティ配布、ランチタイムセッションでした。

th_IMG_5443

ノベルティコーナーには各社のフラッグが用意されていました。
トレノケートはステッカー2種とチロルチョコを配布しました。

ステッカーは非公式キャラクターのとれのcatと新サービス CloudDriver です。
チロルチョコはAWS Cloud Practitioner EssentialsというAWS認定トレーニング向けのAWS用語集のQRコードを印刷していました。
もちろんこのサイトもデプロイしているCI/CDパイプラインもすべてAWSで構成しています。

人材育成企業の内製開発事情


ランチタイムセッションでは、ITS(社内のシステムを担当している部門)の木村さんとトレノケートの内製開発について発表しました。

jd2024-yama3


トレノケートのコースを受講いただいている受講者さん、私たちインストラクター、コースを支える各部門のスタッフが情報をやり取りしたり、状況を確認したりしているのがMy Trainocate Portalというポータルサイトです。
ITSが内製開発しているMy Trainocate PortalはAWS上でApplcation Load Balancer、EC2 Auto Scaling、RDS、SESなどのサービスを使用して構築、運用しています。
内製開発エンジニアとして、私たちのニーズをキャッチして機能追加として具体化していく。
そしてバックオフィスの課題や、受講者さんのニーズにいち早く答えることができています。
こういった機能追加はいつも雑談のように、Teamsのスレッドから生まれています。

私たちインストラクターが開発しているマイクロサービスのAPIとも柔軟に連携して、Amazon Connectやサーバーレスなアーキテクチャを使用して知見を得ることができています。

今後もBedrockなどの生成AIや、便利な技術を内製開発のメリットを活かしてどんどん組み込んでいきます。

JAWS DAYS 2024に参加して

トレノケートとしてJAWS DAYS 2018からサポーター参加しています。
今回は2019年以来のリアル開催で、たくさんのAWSユーザー、参加者さんたちの笑顔や熱気にその場の空間で触れられました。
「世界を変える人を育てる」がビジョンのトレノケートです。
そのためにビジネス x ITトレーニングを提供しています。
そんな私たちが、最高の学びを、感動や驚きとともに提供しているユーザーグループイベントのJAWS DAYSを応援できたことは、とっても嬉しいことでした。
AWS用語集でこれから学ぶ方に少しでもお役に立てればと思い作成したチロルチョコとその先の用語集サイトや、私たち自身がAWSで内製開発することで得た気づきなどが少しでも、誰かのお役に立てたのならすごく嬉しいです。

th_IMG_5441

私たち参加メンバーも心の底から楽しんでモチベーションを上げることができ、これからも楽しんでAWSを勉強して活用してお伝えしていこうと気持ちを新たにしました!
実行委員の皆さま、スタッフの皆さま、参加者の皆さま、個人サポーターの皆さま、企業サポーターの皆さま、池袋サンシャインの皆さま、関わられたすべての皆さま、本当にありがとうございました!!!

 

トレノケートのAWS研修(AWS認定トレーニング)

トレノケートのAWS認定トレーニングでは、AWS社の厳格なテクニカルスキル及びティーチングスキルチェックに合格した認定トレーナーがコースを担当します。AWS初心者向けの研修や、AWS認定資格を目指す人向けの研修をご提供し、皆様のAWS知識修得のサポートをいたします。
トレノケートのAWS研修(AWS認定トレーニング)はこちら


▼AWS初心者の方は、 AWS Cloud Practitioner Essentialsから!
座学中心の研修で、AWSを初めて学ぶ方や、営業などで提案に関わる方におすすめです。
「AWS Certified Cloud Practitioner」資格取得を目指す方の基礎知識修得にも最適です。
AWS Cloud Practitioner Essentials 詳細・日程はこちらから

山下 光洋(やました みつひろ)

トレノケート株式会社 講師。AWS Authorized Instructor Champion / AWS認定インストラクター(AAI) / AWS 認定ソリューションアーキテクト - プロフェッショナル /AWS認定DevOpsエンジニア - プロフェッショナル / AWS 認定デベロッパー - アソシエイト / AWS 認定 SysOps アドミニストレーター - アソシエイト / AWS 認定クラウドプラクティショナー / kintone認定 カスタマイズスペシャリスト他。AWS認定インストラクターとしてAWS認定コースを実施。毎年1,500名以上に受講いただいている。AWS 認定インストラクターアワード2018, 2019を日本で唯一受賞。著書『AWSではじめるLinux入門ガイド』(マイナビ出版社)。共著書『AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー』(SBクリエイティブ社)。前職では2016年にAWS Summitにパネラーとして参加。その前はLotus Technical Award 2009 for Best Architectとして表彰されている。また、各コミュニティの運営にも個人的に関わり、勉強会にてスピーカーや参加をしている。

無料ダウンロード

オススメコンテンツ

オススメ記事

プロジェクトマネジメント PMP AWS ビジネススキル Microsoft PMBOKⓇ 田中淳子 IT資格 人材育成 山下光洋 AMA Azure コミュニケーション 人材開発用語集 PMBOK®ガイド入門 クラウド ITスキル 新入社員 横山哲也 人材育成応援ラジオ PMP試験問題に挑戦 re:Invent セキュリティ DX Cisco PMBOKⓇガイド 第6版 試験体験記 イベント・セミナー PMBOK®ガイド第6版の変更点 人材開発 AI(人工知能) CCIE CCNA テレワーク ネットワーク リモートワーク 研修 GCP PMP(R)試験問題 第6版対応 PMP合格体験記 Windows Server AWS_Q&A Active Directory DX人材育成 IT人材 IT資格解説 アセスメント キャリア デジタルビジネス ヒューマンスキル リーダーシップ 人気コースランキング 大喜利 部下の育成 Conversations PMの心得 グローバル人材 新入社員研修といえば IoT OJT reinvent2022 リスキリング AI人材 CCNP Security Windows PowerShell クリエイティビティ プログラミング 人材トレンド 試験対策問題 PMP試験対策一問一答 コーチング プロジェクト プロトタイプビルダー 生成AI 1on1 AWS_DiscoveryDay AWSトレーニングイベント GCP無料セミナー Google Cloud Google Cloud Platform G検定 ITインフラ oVice アワード クリティカルシンキング サンプル問題 ステークホルダー ダイバーシティ ディープラーニング ワーケーション 自律 試験Tips Linux PMI Power Platform Python Teams Web会議 cybozudays