catch-img

PowerShellの勉強の仕方(その1)

この記事は2014年1月10日に作成されました。

 

2013年、Windows 8がバージョンアップし、Windows 8.1になりました。その陰に隠れるようにWindows Server 2012もバージョンアップし、Windows Server 2012 R2となりました。大幅な機能変更はあまり無いとも言われていますが、システム管理者にとっては微妙な差異がトラブルの種になるなど、悩みどころでもあります。

 

さて、システム管理といえばPowerShell。え、と思った方は今すぐ考えを改めてください。マイクロソフトがシステム管理用のコマンドとして最も力を入れているのがPowerShellです。

 

このPowerShellも、今回のバージョンアップに伴い3.0から4.0へとバージョンアップしています。「ほとんど使っていないのに、いつの間にか4.0かよ」なんて声が聞こえてきそうですが、4.0です。

 

「これからはPowerShell」だと言っても、コマンドプロンプトを活用しシステム管理をしていた方、過去のバッチファイルやスクリプトなどの資産が大量にある方、つまりコマンドプロンプトのベテランほど、PowerShellへの移行(?)が進んでいないのではないでしょうか。その理由は色々あると思いますが、1つに新しい体系のコマンドを憶えなければ、というPowerShellへの拒否反応などがあるように感じています。

 

ここでは、そんな方(そうでない方も含めて)、"明日からコマンドプロンプトを開かなくていい" ようになってもらおうと思います。

 

 

PowerShellはコマンドプロンプトの機能を含むもの

コマンドプロンプトのベテランの方がPowerShellに移行するには、最初に考え方を改める必要があります。それは

 

「PowerShellはコマンドプロンプトと別ものではなく、コマンドプロンプトの機能を含むものである」

 

ということです。両者の内部的な構造や実装技術は異なりますが、利用する上ではこのように考えて差し支えありません。

 

その理由を説明するために、コマンドプロンプトの復習を兼ねてコマンドプロンプトとPowerShellでは、何が実行できるのかをまとめてみます。

 

 

コマンドプロンプトとPowerShellで実行できること

コマンドプロンプトで実行できるもの PowerShellで実行できるもの
内部コマンド
外部のファイルを利用せず、あらかじめ組み込まれているコマンド

例、DIR、COPYなど

 

コマンドレット
外部のファイルを利用せず、あらかじめ組み込まれているコマンド

エイリアス設定済み多数

例: Get-ChildItem、Copy-Itemなど

外部コマンド
exeファイルなどの実体があるコマンド
Windowsに付属するコマンド
アプリケーションと一緒に追加されるコマンド

例、XCOPY(Xcopy.exe)、
IPCONFIG (IPCONFIG.exe)

Windowsネイティブコマンド
exeファイルなどの実体があるコマンド
Windowsに付属するコマンド
アプリケーションと一緒に追加されるコマンド

例、XCOPY(Xcopy.exe)、
IPCONFIG (IPCONFIG.exe)

スクリプト(バッチファイル)
連続して実行するために、複数のコマンドをテキストファイルとして記述したファイル
拡張子がBAT、CMD、VBSなど

 

スクリプト
連続して実行するために、複数のコマンドをテキストファイルとして記述したファイル
拡張子がBAT、CMD、VBS、PS1など

 

 

関数

名前を付けたスクリプトブロック

 

 

見ての通り、コマンドプロンプト(CMD.EXE)とPowerShellでできることはほとんど変わりません。違うのは、内部コマンド(コマンドレット)の利用規則だけです。

 

また、PowerShellからは、外部コマンドを自由に使えますし、スクリプトも実行できます。CMD.EXEの代表的な内部コマンドはPowerShell用に別名がつけられているので、単純な機能なら同じように使えます。

 

たとえばPowerShellでDIRコマンドを実行すると、ファイル名の一覧が表示されます。

 

次回はこれらの機能についてもう少し詳しく紹介します。

 

なお、PowerShellの設計者の一人であるBruce Payetteの著書「Windows PowerShellインアクション」では、Windowsに付属するEXEファイル形式のコマンド(CMD.EXEの外部コマンド)を「ネイティブコマンド」と呼んでいますが、ここでは「Windowsネイティブコマンド」としました。

 

第2回はこちら≫ PowerShellの勉強の仕方(その2)

 

Microsoft認定トレーニング

トレノケートは、2002年にMicrosoftのラーニングソリューション分野において、日本で初めてラーニング部門のゴールドパートナーに認定されました。以降、 Microsoft認定資格対応研修Windows Server 研修Microsoft Azure 研修など幅広い分野で多数の最新コースラインナップを提供し続けています。

Microsoft認定トレーニングについて

 

 

 

横山 哲也(よこやま てつや)

トレノケート株式会社 講師。Microsoft Certified Trainer/Microsoft Certified: Azure Solutions Architect Expert/Microsoft Certified: Azure Administrator Associate/ Microsoft Certified: Azure Fundamentals/Microsoft MVP: Cloud and Datacenter Management(2003年-2018年)/EXIN Cloud Computing Foundation/ AWS 認定クラウドプラクティショナー。1994年から現在まで、Windows Serverの全てのバージョンでコースを担当。2005年からはサーバー仮想化、2014年からMicrosoft Azure関連コースを担当。現在は、AzureとWindows Server 2016を中心に教育コースを実施しているほか、新規コースの企画・開発も担当している。趣味は写真、好きなサービスは「Active Directoryドメインサービス」、好きなアイドルは「まなみのりさ」。

無料ダウンロード

オススメコンテンツ

オススメ記事

プロジェクトマネジメント PMP AWS ビジネススキル Microsoft PMBOKⓇ 田中淳子 IT資格 人材育成 山下光洋 AMA Azure コミュニケーション 人材開発用語集 PMBOK®ガイド入門 クラウド ITスキル 新入社員 横山哲也 人材育成応援ラジオ DX re:Invent セキュリティ PMP試験問題に挑戦 Cisco PMBOKⓇガイド 第6版 試験体験記 AI(人工知能) イベント・セミナー PMBOK®ガイド第6版の変更点 人材開発 CCIE CCNA DX人材育成 テレワーク ネットワーク リモートワーク 研修 GCP PMP(R)試験問題 第6版対応 PMP合格体験記 Windows Server AI人材 AWS_Q&A Active Directory IT人材 IT資格解説 アセスメント キャリア デジタルビジネス ヒューマンスキル リーダーシップ 人気コースランキング 大喜利 部下の育成 PMの心得 グローバル人材 新入社員研修といえば 生成AI IoT OJT reinvent2022 リスキリング CCNP Security Windows PowerShell クリエイティビティ プログラミング 人材トレンド PMP試験対策一問一答 コーチング プロジェクト プロトタイプビルダー 試験対策問題 1on1 AWS_DiscoveryDay AWSトレーニングイベント GCP無料セミナー Google Cloud Google Cloud Platform G検定 ITインフラ oVice アワード クリティカルシンキング サンプル問題 ステークホルダー ダイバーシティ ディープラーニング ワーケーション 自律 試験Tips Linux PMI Power Platform Python Teams Web会議 cybozudays jawsdays2024