catch-img

無意識に潜む偏見

「私は良識があり、常に公平にものごとを判断している」

「私は良識があり、常に公平にものごとを判断している」と思っていませんか。

偏見を持っていないようで、実は無意識のうちに偏見をもっている場合があります。

次の採用面接の例を読んでみてください。

採用面接での会話

ゴイさん:初めまして、ゴイと申します。

面接官:初めまして、佐藤です。宜しくお願いします。あれ、履歴書の氏名と違いますが?

ゴイさん:ニックネームです。

面接官:仕事は本名でお願いすることになりますよ。まぁ、今はいいでしょう。ゴイさんはタイ国立C大学卒なのですね。優秀ですね。日本語もお上手ですね。

ゴイさん:はい、日本の旅行会社のバンコク事務所で3年間営業サポートをしていました。

面接官:そうですか。では日本のお客様に対するマナーもご存知ですね。それで、今回、日本で就職を希望されていますが、どのような理由ですか?

ゴイさん:はい、実は今年初めに結婚しまして、それで東京に。

面接官:あっ、なるほど。旦那さんはこちらの方ということですね。日本人の配偶者ならこちらの生活も心配ないし。就労許可も問題ないですね。

 

違和感を持った箇所は?

いかがでしたか。違和感を持った箇所はありますか。

では、各々の会話を見ていきましょう。

 

ゴイさん :ニックネームです。

→ タイでは本名が長いため、仕事でもニックネームを使用するのが一般的です。

 

面接官 :タイ国立C大学卒なのですね。優秀ですね。

→ 学歴が良いことと優秀であることは必ずしも一致しません。

 

面接官 :そうですか。では日本のお客様に対するマナーもご存知ですね。

→ 日本の旅行会社で働いていたからと言って、日本のお客様へのマナーを知っているとは限りません。

 

面接官 :あっ、なるほど。旦那さんはこちらの方ということですね。日本人の配偶者ならこちらの生活も心配ないし。就労許可も問題ないですね。

→ LGBTを考慮すれば、結婚相手が男性とは限りません。また、東京に来たからと言って、配偶者が日本人とは限りません。就労許可に関しても不明です。

 

アンコンシャス・バイアス(無意識の偏見)

このように普段の何気ない会話の中にも、偏見が潜んでいます。これをアンコンシャス・バイアス(無意識の偏見)といいます。

ダイバーシティを進めていく際、このアンコンシャス・バイアスが阻害要因になってしまいます。

 

おすすめの研修コース

【PDU対象】ダイバーシティ&インクルージョン(D&I) ~ 多様性を尊重し、価値を生み出すインクルーシブリーダーシップ ~

 

【PDU対象】バーチャルチームをリードする ~ 信頼を高め、成果を最大化する ~​​​​​​​

 

トレノケート公式ブログ 編集部

人材育成・スキルアップに役立つ情報をお届けします。

無料ダウンロード

オススメコンテンツ

オススメ記事

プロジェクトマネジメント PMP AWS ビジネススキル Microsoft PMBOKⓇ 田中淳子 IT資格 人材育成 山下光洋 AMA Azure コミュニケーション 人材開発用語集 PMBOK®ガイド入門 クラウド ITスキル 新入社員 横山哲也 人材育成応援ラジオ DX re:Invent セキュリティ PMP試験問題に挑戦 Cisco PMBOKⓇガイド 第6版 試験体験記 AI(人工知能) イベント・セミナー PMBOK®ガイド第6版の変更点 人材開発 CCIE CCNA DX人材育成 テレワーク ネットワーク リモートワーク 研修 GCP PMP(R)試験問題 第6版対応 PMP合格体験記 Windows Server AI人材 AWS_Q&A Active Directory IT人材 IT資格解説 アセスメント キャリア デジタルビジネス ヒューマンスキル リーダーシップ 人気コースランキング 大喜利 部下の育成 PMの心得 グローバル人材 新入社員研修といえば 生成AI IoT OJT reinvent2022 リスキリング CCNP Security Windows PowerShell クリエイティビティ プログラミング 人材トレンド PMP試験対策一問一答 コーチング プロジェクト プロトタイプビルダー 試験対策問題 1on1 AWS_DiscoveryDay AWSトレーニングイベント GCP無料セミナー Google Cloud Google Cloud Platform G検定 ITインフラ oVice アワード クリティカルシンキング サンプル問題 ステークホルダー ダイバーシティ ディープラーニング ワーケーション 自律 試験Tips Linux PMI Power Platform Python Teams Web会議 cybozudays jawsdays2024