catch-img

テキスト生成AIを理解しよう!すぐにトライできるツールも紹介

生成AIにはさまざまなツールがあるため「どれを使っていいのだろうか」と迷う方もいるのではないでしょうか。

 

今回は生成AIの中でもテキストを作り上げる「テキスト生成AI」について、おすすめのツールや業務での使い方を詳しくご紹介します。

使いやすいテキスト自動生成AIツールを紹介

はじめにテキスト生成AIツールを3つ紹介します。今回紹介する生成AIはいずれも無料のプランで使えたり直感的に操作できたりするため、はじめての方にもおすすめのテキスト生成AIツールです。

Copilot(旧:Bing Chat)

CopilotはMicrosoft社が提供しており、テキスト生成AIです。ユーザの質問に対して検索結果を提供できます。一般的なテキスト生成AIの印象としては「文章を作る」というイメージを持たれる方が多いかもしれませんが、Copilotはテキストでの回答と合わせてWeb検索の結果を提供してくれるため情報ソースの確認をした上で、活用することができます。

 

ChatGPT   

ChatGPTはOpenAI, Inc.が開発した生成AIです。ChatGPTでは多くの分野を網羅的に学習しているため日常的な質問はもちろん、専門的な情報にも回答してもらえます。有料プランではあるものの、ChatGPT-4の登場が話題になり、ビジネスでの活用が進んでいます。なお、ChatGPT-4では、従来のテキストの読み取りや生成だけでなく、画像からの読み取りも可能になりました。

Gemini(旧Bard  

GeminiはGoogleが開発した生成AIです。ChatGPT同様に一般的な文章の作成や創造性が求められるエッセイや歌詞なども作成できます。先の2つの生成AIと比べて、操作画面には指示を入力するプロンプト以外に面接の準備やレシピのアイデアなどよくある質問のテーマが提示されるのが特徴です。


ビジネスシーンでの気軽な生成AIの使い方

実際に、商品開発でアイデア創出にテキスト生成AIを活用したり、テキスト生成AIを用いたチャットボットを顧客対応に使ったりする例があります。、今後ますますテキスト生成AIの利用が進むのではないでしょうか。ここからはビジネスシーンでの気軽な生成AIの使い方をご紹介します。

社内文書の原案を作る

テキスト生成AIにおいては社内文書の原案を作成可能です。たとえば、社内で利用する資料を作る場合、初めてのものだと0から書き始めるため手間がかかります。しかし、テキスト生成AIを用いて、「社内のレクリエーション大会に関する回覧文書の雛形を作成してください」と入力することで必要な雛形や文章を得ることができます。これによりこれまで文書作成にかかっていた時間を大幅に短縮できる可能性があります。

アイデア創出に活用できる

テキスト生成AIはアイデアの創出にも活用できます。たとえば、新商品のアイデアが思い浮かばない場合に「20代の女性向けにカバンに入っていると助かるようなコスメのアイデアを10個教えてください」と入力すると、学習した情報をもとにアイデアを返してくれます。生成AIを活用し新たな視点からアイデアを生み出すことにもつながるかもしれません。

同僚と遊び感覚で使い始めるところから

業務で実際に利用する前に、生成AIに慣れるために遊び感覚で使い始めることもおすすめです。たとえば、「同僚との会話の中で相手がある用語を知らなかった場合、ChatGPTで一緒に調べてみる」というシーンが挙げられます。

ChatGPTをはじめとしたテキスト生成AIはまだ一般的に広がり切っていないため、抵抗を覚える人もいるかもしれませんが、無理のない範囲から触り始め、時間をかけて実用につなげるとよいのではないでしょうか。

 

テキスト生成AIを使うために知りたい2つの注意点

ここからは企業テキスト生成AIを使う際に知っておきたい注意点を2つ紹介します。生成AIは便利なツールですが、使い方を誤るとトラブルにつながる可能性があります。

生成AIが作成したデータは必ず人が確認すること

たとえば、生成AIで社内文書を作成した結果、誤った情報を盛り込んでしまったり、ビジネス文書として不適切な表現が使われたりする可能性があります。

このため、生成AIで作成する場合は、最終的に人間がチェックを行うことが大切です。例えば、数字が合っているか、事実に基づく情報か、表現は適切かなどをチェックします。

 

独自性を意識すること

生成AIが創り出したコンテンツがコピーコンテンツだと判断されると自社のブランドが傷つくことになったり、コンテンツの信頼性が損なわれたりします。業務で利用する際にはそのまま利用せず、目的や目標に応じた独自性のあるコンテンツになるようにブラッシュアップをする必要があります。

生成AIの利用に欠かせないルールとは

生成AIは便利な反面、注意することも多く、ルールがなければ自社のブランドを損ねることになったり、コンプライアンスに抵触したりする可能性があります。ここからは国や各企業が行っているルールに関する動きをご紹介します。

ルール作りのために「広島AIプロセス」を設置

広島AIプロセスは、2023年5月に開催されたG7広島サミットの結果を踏まえ、その急速な発展と普及が国際社会全体の重要な課題となっている生成AIについて議論するために、2023年5月に立ち上がりました。

その後、2023年9月の中間閣僚級会合、10月のIGF京都2023でのマルチステークホルダーハイレベル会合を経て、12月の閣僚級会合で安全、安心で信頼できる高度なAIシステムの普及を目的とした指針と行動規範からなる初の国際的政策枠組みとして「広島AIプロセス包括的政策枠組み」がとりまとまり、G7首脳に承認されました。

参考・引用:広島AIプロセス 

官民あげてテキスト生成AIの有効な活用を進めている

広島AIプロセスからわかるように、生成AIを使うためには国や個人を問わずITリテラシーを高めることが重要です。生成AIはこのまま進歩すれば業務で大きな効果を発揮しますが、使う側のITリテラシーの向上がなければトラブルを引き起こし、企業活動に悪影響を及ぼす恐れがあります。

欧州連合(EU)の立法機関である欧州議会は2024313日に、世界初の包括的な人工知能(AI)規制法案を可決した。「潜在的なリスクと影響のレベル」に基づいて、各種AI技術に規制を課す内容です。急速に発展するAI技術をめぐっては、人類にリスクをもたらす可能性が懸念されていため、今後も生成AIの利用方法だけでなく、使う側のモラルやマナーも問われる動きが加速するでしょう。

 

まとめ

テキスト生成AIは生成AIの中でもアイデアの創出や文章生成など業務で導入しやすい特徴があります。しかし、まだルール決めが不完全なため導入する際は使い方を統一したり、使う場面を限定したりする必要があります。国をあげてルール制定の取り組みは進んでいますが、現時点では各企業が意識的にルールを設けることが欠かせません。
なお、ルールの制定とあわせて従業員のIT領域への教育・研修も必要です。生成AIの扱い方について学びたい場合はトレノケートの研修ソリューションをご検討ください。生成AIの使い方や効率など、さまざまな観点から学びを深められます。

 

トレノケートのAI研修

トレノケートでは生成AIの基礎知識習得のための研修・eラーニングをご用意しています。

 

ChatGPTで学ぶ生成AIビジネス活用 ~仕事の生産性を高めるAIチャット入門~

ChatGPTの概要から基本の使い方、そして使い方のコツや具体的なビジネスでの活用方法まで丁寧にお伝えします。「ChatGPTをどう始めたらいいのか?」「使ってみたが、思ったような答えが出てこない。」「どうやって仕事に使うのか?」などの疑問を解消します。

1日で学ぶプロンプトエンジニアリング

AIに対する「質問」や「指示」の仕方、すなわち「プロンプトエンジニアリング」を講義と演習を通して、基本から応用までを学ぶことを目的としています。対話型生成AIサービスの応答精度を高める方法や、ビジネス適用を検討する際にどのようにプロンプトエンジニアリングを活用できるかを学ぶことが出来ます。


【eラーニング】生成AI早わかり~ChatGPTとその他の生成AIサービスの概要~

ChatGPTに代表されるような生成AIの概要とビジネスへの利用方法を初学者に分かりやすく解説します。

 

トレノケートのAI研修ラインアップはこちらから

トレノケート公式ブログ 編集部

人材育成・スキルアップに役立つ情報をお届けします。

無料ダウンロード

オススメコンテンツ

オススメ記事

プロジェクトマネジメント PMP AWS ビジネススキル Microsoft PMBOKⓇ 田中淳子 IT資格 人材育成 山下光洋 AMA Azure コミュニケーション 人材開発用語集 PMBOK®ガイド入門 クラウド ITスキル 新入社員 横山哲也 人材育成応援ラジオ DX re:Invent セキュリティ PMP試験問題に挑戦 Cisco PMBOKⓇガイド 第6版 試験体験記 AI(人工知能) イベント・セミナー PMBOK®ガイド第6版の変更点 人材開発 CCIE CCNA DX人材育成 テレワーク ネットワーク リモートワーク 研修 GCP PMP(R)試験問題 第6版対応 PMP合格体験記 Windows Server AI人材 AWS_Q&A Active Directory IT人材 IT資格解説 アセスメント キャリア デジタルビジネス ヒューマンスキル リーダーシップ 人気コースランキング 大喜利 部下の育成 PMの心得 グローバル人材 新入社員研修といえば 生成AI IoT OJT reinvent2022 リスキリング CCNP Security Windows PowerShell クリエイティビティ プログラミング 人材トレンド PMP試験対策一問一答 コーチング プロジェクト プロトタイプビルダー 試験対策問題 1on1 AWS_DiscoveryDay AWSトレーニングイベント GCP無料セミナー Google Cloud Google Cloud Platform G検定 ITインフラ oVice アワード クリティカルシンキング サンプル問題 ステークホルダー ダイバーシティ ディープラーニング ワーケーション 自律 試験Tips Linux PMI Power Platform Python Teams Web会議 cybozudays jawsdays2024