catch-img

AzureとMicrosoftとLinux (1) Azureの管理ツール

最近のマイクロソフトは、Linuxを重視しており、昔を知っているものからすると隔世の感があります。マイクロソフトが提供するクラウドサービス「Microsoft Azure」でもLinuxが強力にサポートされています。

トレノケートでも、Azure上でLinux仮想マシンを構築する教育コースをそれぞれ1日で提供しています。

Microsoft AzureによるLinux仮想マシン展開: 基礎編

Microsoft AzureによるLinux仮想マシン展開: 実践編

 

Azureを管理するツール

 

今回は、Azureの管理ツールを紹介しましょう。

現在Azureでは、3種類の管理ツールが利用できます。

1.     Azureポータル

Webベースの管理ツール (http://portal.azure.com)

 

2.     PowerShellコマンドレット・・・PowerShellの拡張コマンド(コマンドレット)

Windows 10の場合、PowerShell上で「Install-Module AzureRM」を実行すればインストールできます。

 

3.     Azure CLI(コマンドラインインターフェース)・・・Pythonベースの拡張コマンド

Linuxの場合は、パッケージ管理システムyumやaptを使ってインストールできます。MacOSではHomebrew パッケージマネージャーを使うのが最も簡単です。

また、Windows用にはMSIパッケージが公開されています。詳しくはマイクロソフトのドキュメント「Azure CLI 2.0 のインストール」を参照してください。

出典:Azure CLI 2.0 のインストール

※マイクロソフト社のWebへ移動します。

 

Azureポータル

Azureポータルは、以下のWebブラウザーを正式にサポートしています。LinuxやMacintoshを使っている方も安心です。

・  Microsoft Edge (最新バージョン)

・  Internet Explorer 11

・  Safari (最新バージョン、Mac のみ)

・  Chrome (最新バージョン)

・  Firefox (最新バージョン)

出典: Azure Portal でサポートされるブラウザーとデバイス

※マイクロソフト社のWebへ移動します。

 

Azureポータルは手軽ですが、Azureのすべての機能が使えるわけではありません。そのため、どうしてもコマンドに頼る必要があります。

 

PowerShellかAzure CLI、どちらを選ぶ?

 

では、PowerShellとAzure CLIのどちらを使ったらいいでしょうか。

 

「マイクロソフトのサービスだから、Windowsの方が優先されるだろう、

そうするとPowerShellの方がいいに違いない。」

そう思った方は多いでしょうが、実は、必ずしもそうとは言えません。

現在、マイクロソフトは、少なくともAzure上のサービスに関しては「Windowsを優先する」という立場ではありません。むしろ、Linuxの方を優先しているようにすら見えます。

たとえば、Azureで作成した仮想マシンの管理者アカウントは、仮想マシン作成時にユーザー名とパスワードを指定します。Linux仮想マシンの場合はそれに加えて、Azure Active Directoryのアカウントを指定できます。

 

36

 

 

現在のところ、少なくとも一般に利用する範囲ではPowerShellとAzure CLIに違いはないようです。ただし、Windows版のAzure CLIは、コマンドオプションの補完機能が働きません(補完はシェルの機能なのでPowerShellやCMD.EXEでは利用できません)。そのため、普段Windows 10を使っている私はPowerShellで管理しています。

しかし、普段MacintoshやLinuxを使っているのであればAzure CLIを使う方が便利でしょう。機能的にもAzure CLIの方が使いやすいという人もいるため、WindowsユーザーでもAzure CLIを好む人はいるようです。

 

「AzureとMicrosoftとLinux (2)」に続きます。

 

Microsoft Azureのトレーニング

Azure研修はこちらから 

 

横山 哲也(よこやま てつや)

トレノケート株式会社 講師。Microsoft Certified Trainer/Microsoft Certified: Azure Solutions Architect Expert/Microsoft Certified: Azure Administrator Associate/ Microsoft Certified: Azure Fundamentals/Microsoft MVP: Cloud and Datacenter Management(2003年-2018年)/EXIN Cloud Computing Foundation/ AWS 認定クラウドプラクティショナー。1994年から現在まで、Windows Serverの全てのバージョンでコースを担当。2005年からはサーバー仮想化、2014年からMicrosoft Azure関連コースを担当。現在は、AzureとWindows Server 2016を中心に教育コースを実施しているほか、新規コースの企画・開発も担当している。趣味は写真、好きなサービスは「Active Directoryドメインサービス」、好きなアイドルは「まなみのりさ」。

無料ダウンロード

オススメコンテンツ

オススメ記事

プロジェクトマネジメント PMP AWS ビジネススキル Microsoft PMBOKⓇ 田中淳子 IT資格 人材育成 山下光洋 AMA Azure コミュニケーション 人材開発用語集 PMBOK®ガイド入門 クラウド ITスキル 新入社員 横山哲也 人材育成応援ラジオ DX re:Invent セキュリティ PMP試験問題に挑戦 Cisco PMBOKⓇガイド 第6版 試験体験記 AI(人工知能) イベント・セミナー PMBOK®ガイド第6版の変更点 人材開発 CCIE CCNA DX人材育成 テレワーク ネットワーク リモートワーク 研修 GCP PMP(R)試験問題 第6版対応 PMP合格体験記 Windows Server AI人材 AWS_Q&A Active Directory IT人材 IT資格解説 アセスメント キャリア デジタルビジネス ヒューマンスキル リーダーシップ 人気コースランキング 大喜利 部下の育成 PMの心得 グローバル人材 新入社員研修といえば 生成AI IoT OJT reinvent2022 リスキリング CCNP Security Windows PowerShell クリエイティビティ プログラミング 人材トレンド PMP試験対策一問一答 コーチング プロジェクト プロトタイプビルダー 試験対策問題 1on1 AWS_DiscoveryDay AWSトレーニングイベント GCP無料セミナー Google Cloud Google Cloud Platform G検定 ITインフラ oVice アワード クリティカルシンキング サンプル問題 ステークホルダー ダイバーシティ ディープラーニング ワーケーション 自律 試験Tips Linux PMI Power Platform Python Teams Web会議 cybozudays jawsdays2024