資料ダウンロード
職場におけるストレスマネジメントと マインドフルネス

*当資料をダウンロードいただいた皆様には、トレノケート株式会社のメールマガジンを配信させていただきます。 トレノケートのブログ更新情報や人材育成の最新情報をお届けします。
すでにメールマガジンにご登録済みの方には、二重に配信されることはございませんのでご安心ください。

サマリー

1.マネジメントの問題 2.今日の組織におけるマインドフルネスの実践 3.一般的なマインドフルネスの実践方法の定義 4.マインドフルネストレーニングを提供するパターン 5.個人が取り入れている実践のタイプ 6.マインドフルネス実践の影響 7.結論

本調査について

本レポートに示されている調査結果は、American Management Association(AMA)のマインドフルネス調査から得られたものです。この調査はBusiness Research Consortium(BRC)と共同で2014年後半に行われました。

991名の回答者(主にアメリカ在住者)から情報を集めたこの調査では、参加者に、自分の組織でマインドフルネスの方法を使用または支援しているかどうかと、使用/支援している場合はそれがどのように行われているかを質問しました。

人材育成専門企業トレノケート【公式ブログ】
© Trainocate Japan, Ltd. All Right Reserved. 2008-2018