catch-img

【PMP®試験問題 第6版対応】問題94:進捗会議

【PMP®試験問題 第6版対応 】では、[ASP]PMP®試験対策問題集 PMBOK(R)Guide第6版対応 (スマホ対応版)から毎回1問をご紹介します。


問題

あなたがプロジェクト・マネジャーを務めるプロジェクトでは、毎週1回進捗報告会議を開催して、スケジュールの状況をチェックしています。ところが、メンバーからの報告がしばしば正しくなく、遅延が生じているにも関わらず予定通りであるという報告がなされ、問題点の把握が迅速にできないという状況に陥っています。あなたはどのような手段を講じますか。最適なものを1つ選びなさい。


A. 虚偽の報告に対しては、厳罰を課す

B. 進捗報告に詳細内容を含めるように求める

C. 遅延の報告に対して、報告者とともに原因を探求し対策を考える

D. 進捗報告とともに、証拠を提示するように求める


正解を見る





正解

C. 遅延の報告に対して、報告者とともに原因を探求し対策を考える


解説

すべての選択肢が有効に働く可能性があります。しかし、メンバーが正しい報告をしようという動機付けを行うためには、「遅延の報告に対して、報告者とともに原因を探求し対策を考える」という選択肢が最適です。プロジェクト・マネジャーには、無理にメンバーを働かせるのではなく、「自ら働く気にさせる」「正しい報告をしようという気にさせる」ことが求められます。

<PMBOK®Guide第6版 6.6、9.5参照>


おすすめ研修コース

【現場体験型】進捗会議のツボ ~進捗会議の見える化、そして見えないものを見抜く力~(PMC0119G)」では、進捗を定量的に把握する方法などのルール面だけでなく、「遅れている」という報告を確実に行ってもらう雰囲気をいかに作るかといった側面についても検討します。「正しい報告をしようという気にさせる」ことがプロジェクト・マネジャーの重要な仕事です。


中村 正明(なかむら まさあき)

中村 正明(なかむら まさあき)

トレノケート株式会社 / ラーニングサービス本部

   

PMP®試験問題 第6版対応

PMの心得

人気記事

Banner image by Freepik
 

人材育成専門企業トレノケート【公式ブログ】
© Trainocate Japan, Ltd. All Right Reserved. 2008-2018