catch-img

【PMP®試験問題 第6版対応】問題84:要求の収集

【PMP®試験問題 第6版対応 】では、[ASP]PMP®試験対策問題集 PMBOK(R)Guide第6版対応 (スマホ対応版)から毎回1問をご紹介します。


問題

現在、プロジェクトの終結にあたって、教訓の取りまとめを行っています。優先順位の低い要求を取り込んだ結果、スケジュールがきびしくなり、なんとか完了期日は守ったものの、品質の不適合コストの増大を招いてしまいました。この失敗を次のプロジェクトにぜひ活かしたいと考えています。どのような取組みを行うと良いでしょうか。最も良いものを1つ選びなさい。


A. 要求事項文書の改善に取組む

B. WBSの改善に取組む

C. 要求事項マネジメント計画書の改善に取組む

D. プロジェクト・スコープ記述書の改善に取組む




正解を見る





正解

C. 要求事項マネジメント計画書の改善に取組む


解説

要求事項マネジメント計画書には、要求事項の優先順位をつける方法を記述します。優先順位の低い要求を取り込んでしまったのは、この点が不十分であったと考えられます。要求事項文書そのものの問題よりも、その作成方法、作成過程の問題と考えられますので、要求事項マネジメント計画書の改善に取組む必要があると考えられます。

<PMBOK®Guide第6版 5.1.3.2参照>


おすすめ研修コース

情報システム構築の要ともいえる要件定義においては、システム知識や業務知識そのものに加えて顧客や情報システム担当者との効果的なコミュニケーションを図ることが重要です。「要件定義のためのコミュニケーション術 ~要望・要件を引き出すヒアリングのポイント~(CNC0036G)」では、要件定義をスムーズに進めるために必要なスキルについて解説し、コミュニケーションにポイントを絞った演習を行います。演習は、要件定義におけるヒアリングの進め方やポイントについて、ロールプレイ形式で行います。

中村 正明(なかむら まさあき)

中村 正明(なかむら まさあき)

トレノケート株式会社 / ラーニングサービス本部

   

PMP®試験問題 第6版対応

PMの心得

人気記事

Banner image by Freepik
 

人材育成専門企業トレノケート【公式ブログ】
© Trainocate Japan, Ltd. All Right Reserved. 2008-2018