catch-img

【PMP®試験問題 第6版対応】問題81: コーチング

【PMP®試験問題 第6版対応 】では、[ASP]PMP®試験対策問題集 PMBOK(R)Guide第6版対応 (スマホ対応版)から毎回1問をご紹介します。


問題

プロジェクト・マネジャーであるあなたがコーチングを行うべき場面として、正しいものを1つ選びなさい。


A. 経験の浅いメンバーがプロジェクトに新たに参加した際に、そのメンバーからプロジェクトに関する質問に答える時

B. メンバーとともに緊急事態に対応する時

C. メンバーに、考えても答えのでない問題の答えを伝える時

D. メンバー自身のキャリアプランを考えさせる時


正解を見る





正解

D. メンバー自身のキャリアプランを考えさせる時


解説

コーチングは、モチベーションを重視し、人が自ら学習し育つような環境を作り出すことを目指しています。プロジェクト・マネジャーが答えを教えるのではなく、メンバーが自ら考えることを促す技法です。正解以外の選択肢は、コーチングを行うべき状況ではありません。

<PMBOK®Guide第6版 パート2の1.7参照>


おすすめ研修コース

ビジネス・コーチング ~能力とやる気を高める5ステップモデル~(HSC0039G)」では、はじめてコーチングを学ぶ方を対象に、コーチングの基本スキルについて段階的に学んでいきます。

コーチングの基本的な会話の流れと、基本スキルの活用方法について、多くの演習、ロールプレイを通じて、場数を踏みながら学習していくことが可能です。自ら考え、行動できるメンバーを育てるためのスキル、それがコーチングです。このコースは、多くの演習を行うことで、コーチング初心者の方でも、段階的に基本スキルを学習することができます。

中村 正明(なかむら まさあき)

中村 正明(なかむら まさあき)

トレノケート株式会社 / ラーニングサービス本部

   

PMP®試験問題 第6版対応

PMの心得

人気記事

Banner image by Freepik
 

人材育成専門企業トレノケート【公式ブログ】
© Trainocate Japan, Ltd. All Right Reserved. 2008-2018