catch-img

【PMP®試験問題 第6版対応】問題76: スケジュールを守れない

【PMP®試験問題 第6版対応 】では、[ASP]PMP®試験対策問題集 PMBOK(R)Guide第6版対応 (スマホ対応版)から毎回1問をご紹介します。


問題

あなたは、社内のビジネス・プロセス改革プロジェクトのプロジェクト・マネジャーです。州の新しい法律が6か月後に施行され、その法律に対応するためには、あなたのマネジメントするプロジェクトの完了が必須です。

また、ビジネス・プロセスの改革の良い機会ですから、法律の求める内容だけでなく、従来からの課題を解決する事項もプロジェクトの中で取組むことになっています。

法律への対応を行わないと会社のビジネスの4割が実施できなくなり、ただでさえきびしい会社の経営が危機に瀕することになります。

あなたはプロジェクトを計画通りに進めてきましたが、法律の施行が2か月後に迫る現在、大きな問題が発生しました。想定外のリスクが発生し、スケジュールを守れない恐れが出てきたのです。あなたはどのような行動を起こしますか。最適なものを1つ選びなさい。


A. 資源を追加投入することによりスケジュールを守れるように再計画する案を作成する

B. スコープの減少によりスケジュールを守れるように再計画する案を作成する

C. プロジェクトの中止を提案する

D. スケジュールを伸ばす再計画案を作成する



正解を見る





正解

B. スコープの減少によりスケジュールを守れるように再計画する案を作成する

解説

プロジェクトマネジメントには、制約条件のバランスを取る活動が含まれます。制約条件とは、スコープ、品質、スケジュール、予算などのプロジェクトを制約する条件のことです。設問のケースでは、スケジュールは延長の余地がありません。延長すれば4割のビジネスは停止します。会社の経営状態から判断するとコストの追加も望ましくありません。スコープには法律の求める以上のものが含まれています。法律の求めるもののみに縮小することは可能です。プロジェクトの中止も論外です。

<PMBOK®Guide第6版 1.2.2参照>


おすすめ研修コース

ケーススタディで学ぶプロジェクトマネジメント・実践(スケジュール・マネジメント)(PMC0087G)」では、スケジュール遅延が発生したケースについて、その対応策を検討していただきます。遅延の原因を除去する対策や遅延を取戻す対策、再発防止策などについて検討していただきます。スケジュールに関する様々な側面に注目します。


中村 正明(なかむら まさあき)

中村 正明(なかむら まさあき)

トレノケート株式会社 / ラーニングサービス本部

   

PMP®試験問題 第6版対応

PMの心得

人気記事

Banner image by Freepik
 

人材育成専門企業トレノケート【公式ブログ】
© Trainocate Japan, Ltd. All Right Reserved. 2008-2018