catch-img

【PMP®試験問題 第6版対応】問題75: 通信サービス廃止プロジェクト

【PMP®試験問題 第6版対応 】では、[ASP]PMP®試験対策問題集 PMBOK(R)Guide第6版対応 (スマホ対応版)から毎回1問をご紹介します。


問題

あなたは、ある通信会社に所属しています。先日の経営会議で、これまで5年に渡って顧客に提供してきた通信サービスを廃止することが決定され、あなたが廃止プロジェクトのプロジェクト・マネジャーに任命されました。このサービスは、開始時のマネジメントが不十分であったため、利用顧客に関する情報が散逸しており、どのような客層が利用しているのか、明確な情報を整理できていない状況です。最初にあなたが実施すべきこととして、最も適切なものを1つ選びなさい。


A. 関係部門に連絡を取り、今回のプロジェクトに適任の人材をアサインしてもらう

B. プロジェクトマネジメント計画書を作成し、その後、スコープの定義を行う

C. サービスを利用している顧客を特定し、その利用状況の分析を行う

D. サービスを利用している顧客に対してどのようにアプローチすべきかを検討する



正解を見る





正解

C. サービスを利用している顧客を特定し、その利用状況の分析を行う

解説

「通信サービスの廃止が決定され、プロジェクト・マネジャーが任命されている」という状況から、プロジェクト憲章の作成、承認はプロジェクト・マネジャーの管轄外で実施されていることが読み取れます。プロジェクトの立上げ時、他に実施すべきはステークホルダーの特定になります。ステークホルダーを特定し、ステークホルダーの利害、影響の分析を実施しなければなりません。

<PMBOK®Guide第6版 13.1参照>


おすすめ研修コース

【現場体験型】ステークホルダーを動かすあの手この手 ~プロジェクト成功の鍵~(PMC0110G)」は、ステークホルダーの特定・分析から、ステークホルダーからの急な追加要求に対する交渉なども含めて、ステークホルダーの協力を得て、プロジェクトを成功させるあの手この手を考えるコースです。


中村 正明(なかむら まさあき)

中村 正明(なかむら まさあき)

トレノケート株式会社 / ラーニングサービス本部

   

PMP®試験問題 第6版対応

PMの心得

人気記事

Banner image by Freepik
 

人材育成専門企業トレノケート【公式ブログ】
© Trainocate Japan, Ltd. All Right Reserved. 2008-2018