catch-img

【PMP®試験問題 第6版対応】問題73: レトロスペクティブ

【PMP®試験問題 第6版対応 】では、[ASP]PMP®試験対策問題集 PMBOK(R)Guide第6版対応 (スマホ対応版)から毎回1問をご紹介します。


問題

アジャイル型ライフサイクルで採用されるレトロスペクティブに関する説明として最適なものを1つ選びなさい。


A. レトロスペクティブは、プロジェクトの知識をマネジメントしたり、チームを育成したりするための最も重要なツールである

B. レトロスペクティブは、スプリント内の残作業量を毎日記録したものである

C. レトロスペクティブは、毎日行われる会議である

D. レトロスペクティブは、固定された期間であり、計画のときに作業を達成できる量を入れる



正解を見る






正解

A. レトロスペクティブは、プロジェクトの知識をマネジメントしたり、チームを育成したりするための最も重要なツールである


解説

「スプリント内の残作業量を毎日記録したもの」は、イテレーション・バーンダウン・チャートです。「毎日行われる会議」は、スクラム・デイリー・スタンドアップです。「固定された期間であり、計画のときに作業を達成できる量を入れる」箱は、タイム・ボックスです。

<PMBOK®Guide第6版 X3.3.3参照>


おすすめ研修コース

アジャイル開発入門(SWC0023V)」は、アジャイル開発の最新知識を得たい方、あるいは、これからアジャイル開発の導入を検討される方向けのコースです。アジャイル開発の、背景、概念、技法に関する最新の知識を、幅広く学習できます。従来考えられてきたアジャイル開発とは様変わりした、現在のアジャイル開発をご説明します。

中村 正明(なかむら まさあき)

中村 正明(なかむら まさあき)

トレノケート株式会社 / ラーニングサービス本部

   

PMP®試験問題 第6版対応

PMの心得

人気記事

Banner image by Freepik
 

人材育成専門企業トレノケート【公式ブログ】
© Trainocate Japan, Ltd. All Right Reserved. 2008-2018