【PMP®試験問題 第6版対応】問題64: 対立

【PMP®試験問題 第6版対応 】では、[ASP]PMP®試験対策問題集 PMBOK(R)Guide第6版対応 (スマホ対応版)から毎回1問をご紹介します。


問題

あなたは、保険業界最大手の会社から受注したプロジェクトのプロジェクト・マネジャーです。このプロジェクトは12ヶ月、2億3,000万円の制約条件を課されています。納期厳守が最優先事項です。

様々な困難を解決しながら、11ヶ月と25日が経過しました。残り5日を迎えています。ぎりぎり納期を守れるかどうかという局面です。

ところが、ぎりぎりの納期を守るためにどうするかを巡って、メンバーのAさんとBさんの主張がぶつかり、プロジェクトの雰囲気が悪化してしまいました。

あなたは、どうしますか。最適な解決策を1つ選びなさい。


A. 納期を守るための手段は、最善の策を選択する必要があるので、徹底的に話し合って結論を出す

B. あなたが、方針を決め、AさんにもBさんにも従わせる

C. 残り5日で対立は解決できないので、納期の延期を顧客に申し入れる

D. 納期が最優先なので、対立は放置する



正解を見る




正解

B. あなたが、方針を決め、AさんにもBさんにも従わせる


解説

チームのマネジメントプロセスでの、コンフリクト・マネジメントに関する問題です。

大きな問題となっているため、放置するわけにはいきません。納期を守るためには解決しなければならない対立です。しかし、完了まで5日間しかありません。このような場合は、権力による強制で解決するしかありません。

「徹底的に話し合う」は良い方法ですが、時間が必要です。この場面では適切ではありません。影響の小さい対立であれば放置することも考えられますが、このケースでは大きな問題になっています。

強制によって迅速に対立を解決し、納期を守れるようにします。

<PMBOK®Guide第6版 9.5.2.1参照>


おすすめ研修コース

PMP(R) BOOT CAMP(前編) ~PMBOK(R)Guide第6版 知識習得~(PMC0136G)」では、PMP(R)試験の合格に必要となる知識の習得を目指します。PMBOK(R)ガイドに書いてあることを紹介するだけでなく、実務との関連や試験対策上重要なことなども紹介します。実務と受験の両方に活用してください。

中村 正明(なかむら まさあき)

中村 正明(なかむら まさあき)

トレノケート株式会社 / ラーニングサービス本部

   

PMP®試験問題 第6版対応

PMの心得

人気記事

Banner image by Freepik
 

人材育成専門企業トレノケート【公式ブログ】
© Trainocate Japan, Ltd. All Right Reserved. 2008-2018