Original

【PMP®試験問題 第6版対応】問題54: SPI、CPI

【PMP®試験問題 第6版対応 】では、[ASP]PMP®試験対策問題集 PMBOK(R)Guide第6版対応 (スマホ対応版)から毎回1問をご紹介します。


問題

あるプロジェクトのプロジェクトマネジメント・チームでパフォーマンス測定を行ったところCPIが1.05、SPIが0.93であることがわかりました。報告を受けたステークホルダーの一人が「CPIが1を上回っているので、コスト増が発生している。コスト削減案を検討する必要があるのではないか」とプロジェクト・マネジャーであるあなたに電子メールをしてきました。あなたの対応として適切なものを1つ選びなさい。


A. ステークホルダーの提案を採用する

B. ステークホルダーに直接会い、許容度を確認した上で是正処置を検討する

C. コスト増ではないことをステークホルダーに伝える

D. スケジュールの遅れを取り戻す是正処置を立案する


正解を見る





正解

D. スケジュールの遅れを取り戻す是正処置を立案する


解説

アーンド・バリュー・マネジメント(EVM)に関する問題です。

CPI=1.05はコスト効率が良い状態、つまり予定コストを下回っていることを示します。したがってコスト面では問題ありません。しかし、SPI=0.93はスケジュール遅れを意味します。したがって、スケジュール遅れを取り戻す必要があります。

<PMBOK®Guide第6版 7.4.2.2参照>


おすすめ研修コース

プロジェクトを成功させるためには、適切な監視・コントロールが必要です。監視・コントロールの核心は、計画と実績を比較し、その乖離を迅速に発見することです。EVMは、監視・コントロールの基準を、出来高(EV)という尺度で統一することにより、進捗やコストを監視し、計画と実績の乖離への対応を迅速に行うことを可能とする仕組みです。

アーンド・バリュー・マネジメント(EVM)~プロジェクトを成功させる進捗管理~(PM0044CG)」では、EVMの基本と導入・実践のためのキーポイントを、演習により理解することを目標としています。


中村 正明(なかむら まさあき)

中村 正明(なかむら まさあき)

トレノケート株式会社 / ラーニングサービス本部

   

PMP®試験問題 第6版対応

PMの心得

人気記事

Banner image by Freepik
 

人材育成専門企業トレノケート【公式ブログ】
© Trainocate Japan, Ltd. All Right Reserved. 2008-2018