Original

【PMP®試験問題 第6版対応】問題42:スケジュール遅れへの対処

【PMP®試験問題 第6版対応 】では、[ASP]PMP®試験対策問題集 PMBOK(R)Guide第6版対応 (スマホ対応版)から毎回1問をご紹介します。


問題

あなたは、ガンの特効薬開発プロジェクトのプロジェクト・マネジャーです。この特効薬は画期的なもので、適切な時期に市場投入できれば、会社に莫大な利益をもたらすことが確実です。

市場投入の時期の見極めが重要で、その事前研究をじっくり実施し、最も適切な時期を設定し、それを守るようにプロジェクトを運営しています。

ところが、技術的な困難に直面し、スケジュール遅れが発生してしまいました。技術的困難はどうにか解決できましたが、スケジュール遅れが残っています。残る作業の作業量は膨大ですが、技術的には難しくありません。社内には対応できる社員が多数いる作業内容です。さて、あなたはこの状況にどのように対応しますか。最適なものを1つ選びなさい。


A. 開発コストを最小限に抑えるように、スケジュールやスコープを調整する再計画案を作成する

B. 要員の追加をおこない、スケジュールを守れるように再計画案を作成する

C. どうしたらいいか上司に相談する

D. 品質コストを削減し、その分でスケジュールを守れるように調整する再計画案を作成する


正解を見る




正解

B. 要員の追加をおこない、スケジュールを守れるように再計画案を作成する


解説

プロジェクトマネジメントには、制約条件のバランスを取る活動が含まれます。制約条件とは、スコープ、品質、スケジュール、予算などのプロジェクトを制約する条件のことです。設問のケースでは、スケジュールは延長の余地がありません。一方、コストについては、莫大な利益をもたらすという記述から、コストを追加投入してもプロジェクトをスケジュール通り完了することが求められると判断できます。

上司への相談は必要ですが、プロジェクト・マネジャーの案を作成した上での相談が求められます。

<PMBOK®Guide第6版 1.2.2参照>


おすすめ研修コース

スケジュールの遅れの発見や対処のためには進捗会議が重要です。「【現場体験型】進捗会議のツボ ~進捗会議の見える化、そして見えないものを見抜く力~(PMC0119G)」では、進捗会議をどのように実施すると良いのかを、ロールプレイも含めた演習などを通じて学びます。遅れを取戻す対策についても検討します。

中村 正明(なかむら まさあき)

中村 正明(なかむら まさあき)

トレノケート株式会社 / ラーニングサービス本部

   

PMP®試験問題 第6版対応

PMの心得

人気記事

Banner image by Freepik
 

人材育成専門企業トレノケート【公式ブログ】
© Trainocate Japan, Ltd. All Right Reserved. 2008-2018