Original

【PMP®試験問題 第6版対応】問題37:スケジュール短縮

【PMP®試験問題 第6版対応 】では、[ASP]PMP®試験対策問題集 PMBOK(R)Guide第6版対応 (スマホ対応版)から毎回1問をご紹介します。


問題

納期に遅れる可能性が出てきたプロジェクトで、スケジュール短縮策として、人的資源を追加投入して、クリティカル・パス上にあるアクティビティの期間短縮を検討しています。この技法名として正しいものを1つ選びなさい。

A. リード

B. クリティカル・パス法

C. ファスト・トラッキング

D. クラッシング



正解を見る




正解

D. クラッシング


解説

クラッシングについての設問です。

「ファスト・トラッキング」とは、プロジェクト・スケジュールを短縮する技法で、通常は順を追って実行する作業を重ね合わせたり、並行して進めたりして、スケジュールを短縮します。重ね合わせた部分は、手戻りが発生するリスクがあります。

「クリティカル・パス法」は、スケジュール・ネットワーク分析技法です。

「リード」とは、後続アクティビティを前倒しに早めることです。

<PMBOK®Guide第6版 6.5.2.6参照>


おすすめ研修コース

プロジェクトマネジメント(前編) ~しっかりした計画作り~(PMC0132G)」では、プロジェクトマネジメント計画書の作成を行う演習を実施します。WBSを作成し、スケジュール・ネットワーク図を作成し、クリティカル・パスを算出し、スケジュール・ベースラインを作成するという過程を地道に実施していただきます。計画策定の基礎を学ぶことができます。

中村 正明(なかむら まさあき)

中村 正明(なかむら まさあき)

トレノケート株式会社 / ラーニングサービス本部

   

PMP®試験問題 第6版対応

人気記事

Banner image by Freepik
 

人材育成専門企業トレノケート【公式ブログ】
© Trainocate Japan, Ltd. All Right Reserved. 2008-2018