Original

【PMP®試験問題 第6版対応】問題35:スケジュール効率指数

【PMP®試験問題 第6版対応 】では、[ASP]PMP®試験対策問題集 PMBOK(R)Guide第6版対応 (スマホ対応版)から毎回1問をご紹介します。


問題

スケジュール効率指数(SPI)に関しての記述として、正しいものを1つ選びなさい。


A. これまでに得られた実績に対するコストの効率

B. これまでにかかった期間に対する残り期間の割合

C. これまでにかかった期間とコストの効率

D. 現在までに完了する予定であった作業量と実際に完了した作業量の比率


正解を見る




正解

D. 現在までに完了する予定であった作業量と実際に完了した作業量の比率


解説

スケジュール効率指数(SPI)は、現在までに完了する予定であった作業量(PV)と実際に完了した作業量(EV)の比率であり、SPI=EV/PVの式で計算します。

<PMBOK®Guide第6版 7.4.2.2参照>


おすすめ研修コース

アーンド・バリュー・マネジメント(EVM)~プロジェクトを成功させる進捗管理~(PM0044CG)」では、この問題のSPIをはじめとして、SV、CV、CPIなどの指標を学ぶと共に、その活用方法も検討します。さまざまなプロジェクトの状況に応じて指標がどのように変わるかを見ることで、プロジェクトの分析ができます。

中村 正明(なかむら まさあき)

中村 正明(なかむら まさあき)

トレノケート株式会社 / ラーニングサービス本部

   

PMP®試験問題 第6版対応

人気記事

Banner image by Freepik
 

人材育成専門企業トレノケート【公式ブログ】
© Trainocate Japan, Ltd. All Right Reserved. 2008-2018