Original

【PMP®試験問題 第6版対応】問題34:顧客の協力

【PMP®試験問題 第6版対応 】では、[ASP]PMP®試験対策問題集 PMBOK(R)Guide第6版対応 (スマホ対応版)から毎回1問をご紹介します。


問題

あなたは顧客企業から受注したIT関連のプロジェクトのプロジェクト・マネジャーです。このプロジェクトの開発業務はあなたの会社で担当しています。しかし、顧客の現場の意見を吸い上げプロジェクトに反映し、現場にもプロジェクトに協力してもらうこともプロジェクトの成功のためには非常に重要です。現場のマネジメントは顧客のプロジェクト要員で担当しています。

ところが最近、顧客の現場の動きが鈍く、プロジェクトの進捗に影響が出てきています。顧客側のプロジェクト要員に申し入れを行っているのですが、現場に遠慮して強く働きかけてもらえません。

計画通りプロジェクトを完了させるためにあなたが採用すべき策は次のうちどれでしょうか。1つ選びなさい。


A. あなたの上司から、顧客の幹部に働きかけてもらう

B. 申し入れなどの記録を残し、スケジュール遅れの原因がどこにあるのかの証拠を残す

C. 現場に直接出向いて要請する

D. 顧客に根気良く申し入れをし、現場への働きかけをお願いする


正解を見る





正解

A. あなたの上司から、顧客の幹部に働きかけてもらう


解説

ステークホルダーに行動をお願いする問題です。特に顧客の作業がプロジェクトに影響する場合です。

この問題は顧客側の問題であるから放置してかまわないということにはなりません。プロジェクトの計画から見ると外部依存関係にある顧客作業かもしれませんが、プロジェクトのスケジュールに影響する以上、プロジェクト・マネジャーの仕事の範囲です。とはいえ、直接プロジェクト・マネジャーの権限の及ぶ範囲ではありません。

要請する、働きかけるという行為の中で、最大の効果のありそうな手段を取ることになります。

<PMBOK®Guide第6版 第13章参照>


おすすめ研修コース

【現場体験型】ステークホルダーを動かすあの手この手 ~プロジェクト成功の鍵~(PMC0110G)」では、顧客の現場から出てきた変更要求にどのように対応するかについて、ロールプレイを通じて学びます。そのほか、ステークホルダーの特定・分析の具体的手段についても検討します。

中村 正明(なかむら まさあき)

中村 正明(なかむら まさあき)

トレノケート株式会社 / ラーニングサービス本部

   

PMP®試験問題 第6版対応

人気記事

Banner image by Freepik
 

人材育成専門企業トレノケート【公式ブログ】
© Trainocate Japan, Ltd. All Right Reserved. 2008-2018