Original

【PMP®試験問題 第6版対応】問題33:コンフリクト

【PMP®試験問題 第6版対応 】では、[ASP]PMP®試験対策問題集 PMBOK(R)Guide第6版対応 (スマホ対応版)から毎回1問をご紹介します。


問題

コンフリクトの解決技法の中に、協力や問題解決と名づけられたものがあります。その説明として最適なものを1つ選びなさい。


A. 他者を犠牲にして自分の観点を押し付ける

B. 当事者全員がある程度満足できる解決策を模索する

C. 異なる観点からの複数の視点や見識を取り込む

D. 意見の異なる部分ではなく同意できる部分を強調する

正解を見る





正解

C. 異なる観点からの複数の視点や見識を取り込む


解説

チームのマネジメントプロセスのツール技法のひとつであるコンフリクト・マネジメントに関する問題です。

コンフリクトの解決のための一般的技法として、PMBOK(R)ガイドは以下の5つを挙げています。

  • 撤退や回避 現在ある、または潜在的なコンフリクトから身を引く
  • 鎮静や適応 意見の異なる部分ではなく同意できる部分を強調する
  • 妥協や和解 当事者全員がある程度満足できる解決策を模索する
  • 強制や指示 他者を犠牲にして自分の観点を押し付ける
  • 協働や問題解決 異なる観点からの複数の視点や見識を取り込む

<PMBOK®Guide第6版 9.5.2.1参照>


おすすめ研修コース

コンフリクトを解決して、プロジェクトを進めていくこともプロジェクト・マネジャーの重要な仕事です。「【現場体験型】最強プロジェクト・チーム・マネジメント~チームの活性化こそプロジェクト成功への道~(PMC0112G)」では、非協力的なメンバーに働きかけて協力を引出すロールプレイを実施します。

中村 正明(なかむら まさあき)

中村 正明(なかむら まさあき)

トレノケート株式会社 / ラーニングサービス本部

   

PMP®試験問題 第6版対応

人気記事

Banner image by Freepik
 

人材育成専門企業トレノケート【公式ブログ】
© Trainocate Japan, Ltd. All Right Reserved. 2008-2018