Original

【PMP®試験問題 第6版対応】問題28:三点見積り

【PMP®試験問題 第6版対応 】では、[ASP]PMP®試験対策問題集 PMBOK(R)Guide第6版対応 (スマホ対応版)から毎回1問をご紹介します。


問題

プロジェクト・マネジャーが、あるアクティビティの所要期間を見積ろうとしています。最も悲観的な予測では21日間、最も楽観的な予測で5日間、概ねは10日間程度(最可能値)であることがわかっています。三点見積もりには三角分布とPERT技法を用いたベータ分布がありますが、三角分布の三点見積りで求めた結果として、正しいものを1つ選びなさい。


A. 10

B. 13

C. 12

D. 11


正解を見る





正解

C. 12


解説

3点見積り法(三角分布)に関する設問です。

計算式は、

アクティビティ所要期間 =(悲観値+最可能値+楽観値)/3

となります。

設問の場合 (21+10+5)÷ 3 =12 となります 

<PMBOK®Guide第6版 6.5.2.4参照>


おすすめ研修コース

テスト計画~成功する為のテスト計画・見積もりの極意を伝授~(SWC0043R)」は、経験の浅いエンジニアの方は勿論、ご経験豊富なエンジニアの方もご自身のスキルと照らし合わせてより高度な見積りスキルを持っていただける講座内容となっています!

特に、テスト計画を立案される方は絶対オススメです!

中村 正明(なかむら まさあき)

中村 正明(なかむら まさあき)

トレノケート株式会社 / ラーニングサービス本部

   

PMP®試験問題 第6版対応

人気記事

Banner image by Freepik
 

人材育成専門企業トレノケート【公式ブログ】
© Trainocate Japan, Ltd. All Right Reserved. 2008-2018